DHCシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社DHCシアター
DHC Theater Co.,Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
105-0001
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館2F
設立 1995年11月22日
事業内容 番組供給事業
興行事業
動画配信事業
代表者 吉田嘉明(代表取締役会長)
濱田麻記子(代表取締役社長)
資本金 9000万円
主要株主 吉田嘉明他
関係する人物 大塚隆一(日本ラッド会長)[注 1][1]
武田邦彦(日本ラッド取締役)[注 2][1]
日下公人(日本ラッド監査役)
外部リンク http://www.dhctheater.com/
特記事項:2015年1月1日 株式会社シアター・テレビジョンから社名変更
テンプレートを表示
DHCシアター
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社DHCシアター
本社(本部) 〒105-0001
東京都港区虎ノ門2-2-5
共同通信会館ビル2F
旧チャンネル名 シアター・テレビジョン
放送(配信)開始 1996年10月1日
ジャンル 娯楽・趣味
放送内容 情報番組・討論番組・演劇(以前はオペラ、ダンス、演劇ミュージカル、お笑いなどの舞台中継)
視聴可能世帯数 80万世帯(2009年時点)[2]
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.547(HD)
視聴料金 月額900(税別)円
放送開始 2012年9月29日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社DHCシアター
チャンネル番号 Ch.262
視聴料金 月額500(税別)円
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 ワンダーウェーブ株式会社
チャンネル番号 Ch.320
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
eo光テレビ 262
公式サイト

DHCシアター(ディー・エイチ・シー・シアター)は、株式会社DHCシアター(DHC Theater Co.,Ltd.)が運営する日本CS放送チャンネル。旧チャンネル名は、シアター・テレビジョン

概要[編集]

1995年11月22日、当時の代表取締役社長であったセゾングループの元映画事業担当者で映画プロデューサーの山田英久が(旧)株式会社シアター・テレビジョン社を設立。1996年3月29日、委託放送業務の認定申請[3]。1996年10月1日から放送開始。 シアター・テレビジョンとして開局以降、日本初の「舞台」専門チャンネルとしてオペラダンス演劇ミュージカルお笑い等の舞台中継を国内物と海外物のソフトを半分ずつ取り扱っていく方針で扱ってきた[4]。 しかし、2000年12月26日、(旧)株式会社シアター・テレビジョンが民事再生手続開始決定を受け、事実上倒産[5]。後に、ネビュラプロジェクトサントリー他の出資による新会社に放送事業を譲渡。代表が代わり、今井美和になる[6]。 

2006年3月、日本ラッドの持分法適用会社となる[7][8][9]。2007年、日本ラッドの大塚が代表取締役に就任し、2008年10月10日付で濱田が取締役社長に就任[10]。2009年2月17日、日本ラッドを対象とする第三者割当増資を実施し、これにより日本ラッドの連結子会社となる[11]

それに伴い、スカパー!へのチャンネルカテゴライズを「芸術」から「総合」へ変更し[12]、旧経営陣は退職となった[2]2009年4月からは「シアター・テレビジョンはウイングを広げます」[13]とのキャッチコピーのもと、同年5月1日から編成を大幅に変え、芸術番組を削減し、保守派論客による時事番組やインタビュー番組、映画などを放送するようになった[14][注 3][15]。 また、編成の中で、放送収益強化の為、競艇中継への放送枠の販売や電波オークションなる放送枠のネットオークション販売を行った事もある。

2014年5月1日付で、筆頭株主がDHCの代表取締役会長である吉田嘉明が取締役会長に就任[16]、本社フロアを日本ラッド社内の7階から現在の2階に移転[17]

2015年1月1日、社名を株式会社シアター・テレビジョンから株式会社DHCシアターに社名変更した。其れに伴い、同社のサテライトスタジオを生放送の対応が出来る様、放送ブースとサブルームの増改築[18][19][20][21]。同年4月1日付でチャンネル名称を「シアター・テレビジョン」から「DHCシアター」へ変更となり、CIロゴ等も変更した[注 4][22][23][24][25]

主な番組[編集]

※シリーズ番組が多く、再放送も多い。

生放送[編集]

政治・教養[編集]

文化[編集]

以前放送されていたレギュラー番組[編集]

  • 武田邦彦 『福島原発シリーズ』
  • 渡部昇一 『知的生活の準備』
  • 三須啓仙 『興運のすすめ』
  • 伊藤賀一 『天職』
  • 小西千尋 さくらの女王ドキュメンタリー2014
  • そのまま言うよ!やらまいか[注 5]
  • 岩見隆夫 週刊 岩見隆夫『サンデー時評』
  • 鈴木美勝 ひげ流 日本外政論
  • 論を立てる(平沢勝栄・浅尾慶一郎・木内たかたね)
  • 激動アジア〜500人のリーダーたち〜
  • 松本健一/松本健一の思想旅行〜ライカ犬の夢〜
  • 安倍晋三×黒岩祐治/晋ちゃん&黒ちゃんのシンクロナイストーク
  • 黒岩祐治/黒岩祐治の人材発掘!〜国づくりは人づくり〜
  • 杉田勝/FX先生[注 6]
  • 石井至/石井至の為替哲学[注 7]
  • ボートレース大村実況中継(無料放送、2012年4月より)
  • ボートレース若松実況中継(無料放送、2013年4月より。大村開催日は17時から、非開催時は14時30分から)
  • 中曽根康弘の新・定点観測(政治や社会問題に関して岩見隆夫との対談番組、月一回放送)
  • 時代を創る(堤尭とゲストによる討論番組、毎週月曜日放送)
  • 討論番組
  • 平泉渉 世界のダイナミズム〜父が娘に語る千夜一夜〜
  • ありのままの主張
  • 子供向け番組『ノリノリタマゴ!』
  • ストリングラフィ・アンサンブル『糸の森の音楽会』
  • 親子で聞きたいギリシア神話
  • 日本女子体育大学 ダンス・プロデュース研究部出演 ドキュメンタリーBongo Bongo,9 phases
  • 尾米タケル之一座 小出裕章『絶対!!原子力戦隊スイシンジャー』

日本ラッド事業移転前の番組[編集]

  • CaramelboxTV[注 8]
  • CaramelboxPV[注 9]
  • ステージNews シアター・ゴーズ・オン![注 10]
  • What's up 宝塚[注 11]
  • 踊りに行くぜ!!(全国各地で行う「踊りに行くぜ!!」プロジェクトの公演を放送、第1土曜日放送)
  • Theater Info.Clips(舞台情報番組、毎週土曜日放送)
  • テアトルプラトー(新進気鋭の劇団の舞台を放送、第2・第3・第4土曜日放送)
  • 大人の時間(劇団 大人計画の舞台を放送、毎月1作品)
  • 愛っぱ(小林愛司会の舞台情報番組)
  • ホリプロお笑いスペシャルセレクト

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 武田とは東大時代の先輩にあたる
  2. ^ 大塚とは東大時代の後輩にあたる
  3. ^ 資本関係変更に伴う突然の番組編成大幅変更した、大塚、濱田の対応に劇団キャラメルボックスやナイロン100℃主宰である、ケラリーノ・サンドロヴィッチは遺憾の意を発信していた
  4. ^ また、2014年9月に株式会社TVTVTVから移籍入社した山田晃が同社取締役に就任
  5. ^ 『やらまいか〜真相はこうだ!〜』に改題、番組構成変更
  6. ^ 日本ラッドが主要株主時代のタイアップ番組
  7. ^ 日本ラッドが主要株主時代のタイアップ番組
  8. ^ 演劇集団キャラメルボックスの舞台中継。インターローカルTVを経て現在はホームドラマチャンネルで放送を行っている
  9. ^ 演劇集団キャラメルボックスの公演情報番組
  10. ^ 舞台情報番組、月二回放送。Theater Info.Clipsの後番組
  11. ^ TAKARAZUKA SKY STAGEより番組販売

出典[編集]

  1. ^ a b theatertvの投稿 (189769234433304) - Facebook
  2. ^ a b 社長 浜田麻記子のインタビュー”. 日刊ゲンダイ (2009年6月19日). 2016年1月29日閲覧。 付け
  3. ^ 電波監理審議会(第782回)議事要旨”. 総務省 郵政事業庁 (1996年4月16日). 2016年1月27日閲覧。
  4. ^ 『放送』 二期出版
  5. ^ 2000.12.26 シアターテレビジョンが倒産、民事再生へ”. 週刊StagePower編集部. 2016年1月24日閲覧。
  6. ^ 多チャンネル時代に挑む 番組供給事業者 インタビュー/佐々木一朗 Vol.1 映像新聞社 2003年11月10日号
  7. ^ 平成18年3月期 個別財務諸表の概要”. 日本ラッド (2006年5月22日). 2016年1月25日閲覧。
  8. ^ 平成18年3月期 決算短信(連結)”. 日本ラッド (2006年5月22日). 2016年1月25日閲覧。
  9. ^ 日本ラッド株式会社 企業プレゼン資料”. 日本ラッド (2007年9月6日). 2016年1月25日閲覧。
  10. ^ 4月1日からシアターテレビジョン”. 浜田マキ子ジャーナル (2009年3月20日). 2016年1月25日閲覧。
  11. ^ 平成21年3月期 決算短信”. 日本ラッド (2009年5月20日). 2016年1月25日閲覧。
  12. ^ シアターテレビジョン「CaramelBoxTV」、唐突に4月いっぱいで終了。 [製作総指揮としてのお知らせ。]”. 加藤昌史 (2009年5月21日). 2016年1月24日閲覧。
  13. ^ 読売新聞 朝刊 2009年4月29日
  14. ^ シアターテレビジョン会社概要(Webアーカイブ)”. シアターテレビジョン (2009年7月24日). 2016年1月24日閲覧。
  15. ^ シアターテレビジョン「CaramelBoxTV」、唐突に4月いっぱいで終了。 [製作総指揮としてのお知らせ。]”. ケラリーノ・サンドロヴィッチblog 「日々是嫌日」 (2009年5月2日). 2016年1月25日閲覧。
  16. ^ “シアター・テレビジョン新体制発足と本社移転のご挨拶” (プレスリリース), シアターテレビジョン, (2014年5月29日), http://www.dhctheater.com/article/company/index_greeting.php 2016年1月26日閲覧。 
  17. ^ theatertvの投稿 (659921964084693) - Facebook
  18. ^ 100001634901670 - Facebook
  19. ^ 2015・3・12 ゴーサインに歓声”. 濱田麻紀子のブログ (2015年3月12日). 2016年1月25日閲覧。
  20. ^ 2015・3・13 DHCシアターがいよいよ動きだしました”. 濱田麻紀子のブログ (2015年3月13日). 2016年1月25日閲覧。
  21. ^ theatertvの投稿 (825751180835103) - Facebook
  22. ^ 2014・9・18 ベストキッズ 松陰先生の言葉は「その8」”. 濱田麻紀子のブログ (2014年9月18日). 2016年1月26日閲覧。
  23. ^ 会社概要”. シアター・テレビジョン (2014年12月24日). 2016年1月25日閲覧。
  24. ^ 会社概要”. DHCシアター (2015年2月16日). 2016年1月25日閲覧。
  25. ^ 香山リカ問題で謝罪のDHCプロデューサーとたかじん未亡人の関係…一緒にくまモンを”. リテラ (2015年5月10日). 2016年1月25日閲覧。

外部リンク[編集]