ゴードン・ラムゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  • ゴードン・ラムゼイ
  • OBE
Gordon Ramsay.jpg
(2006年撮影)
生誕ゴードン・ジェームズ・ラムゼイ
(1966-11-08) 1966年11月8日(54歳)
スコットランドの旗 スコットランド・ジョンストーン
配偶者タナ・ラムゼイ英語版
子供マチルダ英語版を含む5人[1]
公式サイトGordonRamsay.com
料理人歴
様式

ゴードン・ジェームズ・ラムゼイ OBE (Gordon James Ramsay (/rǽmziː/[注釈 1])、1966年11月8日 - )は、スコットランド出身の3つ星シェフである。ヨーロッパでも大変人気のあるシェフで、ロンドンにある3つのレストランで、合計7つのミシュランの星を持つ。3つ星を獲得しているのは、ロンドンの Royal Hospital Road本店1軒のみ。コンラッド東京からは撤退している。

略歴・人物[編集]

15歳でグラスゴー・レンジャーズに所属するサッカー選手になったが[要検証]、膝の故障が元で断念。その後料理の道に進み、数々の一流料理人の下で働き、レストランAubergineのシェフとなる。3年でミシュランの星2つを獲得。1998年にロンドンチェルシーに自分のレストランを持ち、2001年にミシュランの星3つを獲得[3]

性格は短気で、歯に衣着せずスタッフたちを罵倒したり、物を投げたりする。そんなキャラクターが受けてテレビ出演も多く、彼自身を追ったドキュメンタリー"Boiling Point"や、様々な問題を抱えるレストランを立て直す"Ramsay's Kitchen Nightmares"、無名の若手シェフにお題を与え、彼らを叱咤・罵倒しながら料理を競わせる『ヘルズ・キッチン〜地獄の厨房』などは有名。

また、これまで6冊のレシピ本を書いている。

村田吉弘と共にシンガポール航空機内食メニューも監修している。

映画『二ツ星の料理人』の主人公のモデルでもある[4]

本業とは別に、声優としての活動も行っている。『ミッキーマウスとロードレーサーズ』のエピソード「レストランをすくえ(原題:Diner Dog Rescue)」では、世界中の潰れそうなレストランを救う番組「メニュー・メークオーバー」で活躍する有名シェフのオクスリー役を演じている。

レストラン[編集]

以前に監修していたレストラン

  • ゴードン・ラムゼイatコンラッド東京(東京コンラッド東京内)
  • セリーズbyゴードン・ラムゼイ(同上)

外部リンク[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語表記では「ラムゼイ」が主流となっているが、実際の英語での発音は「ラムズィ」である。ゴードン・ラムゼイが日本進出をしたのは2005年のコンラッド東京が初めてであり[2]、店名の「ゴードン・ラムゼイ at コンラッド東京」の「ラムゼイ」の表記が国内で広まったものと思われる。同様の表記ずれについては曖昧さ回避ページを、2021年7月の当ページの改名案については本項目のノートを参照。

出典[編集]