山田英久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまだ ひでひさ
山田 英久
本名 同じ
生年月日 (1961-12-06) 1961年12月6日(59歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 映画プロデューサー
主な作品
群青愛が沈んだ海の色(2009年)
琉神マブヤーTHE MOVIE 七つのマブイ(2011年)
テンプレートを表示

山田 英久(やまだ ひでひさ、1961年12月6日 - )は、日本映画プロデューサー

来歴[編集]

石川県金沢市生まれ。早稲田大学商学部卒業後、セゾングループである、西友映画事業部に入社。その後、東京ハイビジョン、WOWOW[1]NHK関連会社である、MICOのアジア・東欧州担当セールスマネジャー[2]を担当。

1995年、演劇専門チャンネルシアター・テレビジョンを立ち上げ、代表取締役社長に就任。2004年、映画配給・興行会社のOCCインターナショナルにてプロデューサーを担当し、同年5月21日に「秋葉原オリエンタルコミックシアター」 (OCC) をオープンさせる。

2019年4月14日告示の東京都中央区長選へいったん立候補したが、同日夕に「他候補と政策協定を結び、自分の政策実現のめどがたった」として立候補を取り下げた[3]

NPO法人映画甲子園の常務理事も務めている。また、テレビ朝日映像の「ViViAクリエーターエージェンシー」のクリエイターとしても登録されていた[1]

担当作品[編集]

映画[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ViViAクリエーターエージェンシー”. 2013年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月8日閲覧。
  2. ^ eiga worldcup2014 大会運営委員、審査委員”. NPO法人映画甲子園 (2014年6月1日). 2016年2月5日閲覧。
  3. ^ 中央区長選 山田氏が立候補取り下げ 新人5氏の戦いに”. 産経ニュース (2019年4月14日). 2019年4月20日閲覧。