ガリガリガリクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガリガリガリクソン
本名 坂本 祐介(さかもと ゆうすけ)
生年月日 (1986-02-19) 1986年2月19日(31歳)
出身地 兵庫県伊丹市
血液型 A型
身長 176cm
方言 関西弁共通語
最終学歴 放送芸術学院専門学校卒業
師匠 横山ジッパー(林卓也)
出身 大阪NSC23期
コンビ名 ガングリオン(解散)
トリオ名 宮沢ボーボーりえ(解散)
相方 山下敏感まなぶ(宮沢ボーボーりえ、ガングリオン)
西尾公志(宮沢ボーボーりえ)
芸風 漫談
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
大阪本部
活動時期 2000年 -
同期 友近勝山慎司勝山梶)、モンスターエンジン今別府直之アームストロングロシアンモンキーマキシマムパーパーサムチーモンチョーチュウ
過去の代表番組 あらびき団
ザ・イロモネア
爆笑レッドカーペット
エンタの神様
NMBのめっちゃバイト ほか
配偶者  未婚
公式サイト 新連載!ガリガリガリクソンのブロブロブロワーズ!!

ガリガリガリクソン1986年2月19日 - )は、日本ピン芸人。本名、坂本 祐介(さかもと ゆうすけ)。

兵庫県伊丹市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)大阪本部所属。関西大学第一中学校卒、関西大学第一高等学校卒。放送芸術学院卒。身長176cm、体重108kg。

人物[編集]

  • トリオでの活動もあり、山下敏感まなぶと西尾公志と共に、「馬田童亭マモル」の芸名で「宮沢ボーボーりえ」を結成(一時期脱退していたが、2009年10月、M-1グランプリ参加の為に再加入[1])。
  • 趣味は宝石の採掘。鉱脈を見るのが得意[2]。一粒2〜3万円はする石を50個程持っており、売る気は無いが楽屋でよく配るという。「大阪石友会」の会員。普段から昆虫を採って食べることがあり[3]ジャイケルマクソンの「大阪一うけたくない授業」で、鉱物採集の際に弁当を持っていく手間を省くために山に生息しているコオロギバッタ蝶々を捕獲し熱処理を施した後から揚げにし食べる[4]アリをご飯のフリカケにして食するなどをVTRにて披露した[5]
  • 働くのが嫌で心霊写真を撮って出版社に売ろうと色々な心霊スポットへ撮影に行っていたところ、有名な占い師に「霊に取り付かれている。アンタは悪霊の万博や!!」と言われた。その後特に御祓い等はしておらず、かなりの心霊体験を持ち合わせている[6]
  • 色々なアルバイトをしており、うどん屋、お化け屋敷のお化け役、ラーメン屋の店長(2店舗)、ペッパーランチなどを経験した。しかしお化け屋敷もラーメン屋も潰れてしまったため、本人は「自分は負のオーラが出ている。」と言っている。その後は、日雇いで茹でたを乾いたタオルで拭く仕事などをしていた。なお、ラーメン屋の店長時代(18歳頃)の月給は50万円ほどあったという[7]
  • 自称「吉本を代表する広島カープファン」で、年に数回は遠くマツダスタジアムまで足を運ぶ[8]
  • 大の奥田民生ファン[9]。2009年頃から奥田との親交もあり、2014年7月8日のユニコーン全国ツアー大阪公演などで奥田の所属するバンド、ユニコーンとの共演が実現[10]。他にもミュージシャンとの交友も深く、ファンキー末吉(元・爆風スランプ)、大槻ケンヂBEAT CRUSADERSミドリカワ書房などと交友がある[11][9]
  • マンスリーよしもと吉本ブサイクランキング2009では、前年まで上位だった久保田和靖(とろサーモン)や千原せいじ千原兄弟)などを抜いて突如4位にランクインした。2012年度には2位まで上がっている[12]
  • 2014年、ロックバンドSPYAIRのボーカルIKEの引退発言「SPYAIRを辞めます!」を下ネタで真似してツイートし、SPYAIRファンから批判を受け、謝罪した[13]
  • 嫌いな芸人は、ブログ関連で揉めたことがきっかけとなったエハラマサヒロ(エハラもガリクソンのことが大嫌い)[14]ジャルジャル(一度、和解協議についたことがある)[15]
  • 2012年5月1日に自身がプロデュースしたラーメン店「麺屋坂本 トップをねらえ!」を千日前にオープンさせた[16](2012年9月20日に「麺屋坂本 トップをねらえ! 2」にリニューアル)が、低賃金で従業員を雇用し続けた結果店舗が崩壊し、2013年3月10日に閉店した[17]
  • 2012年10月3日MBSテレビプリプリ』で、プリマ旦那の二人と共に同年11月25日開催の第2回大阪マラソンへ、完走目指して挑戦する事を表明[18]。マラソン本番では6時間22分48秒のタイムで無事完走を果たしたものの、ゴール後は「もうイヤやあ〜、マラソンは一生に一度でいい」と涙ながらにコメントしていた[19]
  • 2016年2月14日に大阪・淀川河川公園で開催された「淀川 寛平マラソン2016」のフルマラソンに出場、完走できなかった場合は芸名を1ヶ月限定で「細山 ホソ夫」(ほそやま ホソお)に改名することと頭を角刈りにすることを表明、大会当日、15キロでリタイヤして公約通り、間寛平から公開断髪形式で頭を角刈りにされた[20]
  • 2017年5月12日朝、大阪市中央区日本橋堺筋路上にあるタクシー乗り場において、後輪がパンクした状態の車を駐車し眠っていた所、タクシー運転手の通報で駆けつけた大阪南署警察官により、飲酒の疑いがあったため呼気検査を行った結果、基準値を超えるアルコール分が検出され酒気帯び運転が発覚、道路交通法違反で大阪府警逮捕された[21][22][23]

芸風[編集]

  • テレビでの主なネタは、ニート漫談、裸の上半身に汗で物をくっつける、Windows95、NSC生のモノマネ等がある。
  • 営業での主なネタはヘソにマジックを入れて指定したお客さんの名前を両手で持った色紙に器用に動かせて書く。
    • ニート漫談では、ニートであることを自慢しステレオタイプな痛いニートキャラを明るく演じる。
    • 主な定番のセリフには『オッス!おらニート!』(あいさつ)、『おー、怖!』、『テッテレ〜!』、『ラッキ、ラッキー』(1万円をもらったとき)、『ゆうてね〜やってますけど』(ギャグを言った後のつなぎ)、『夢で見たのと違う〜』(滑ったとき)など。
    • 不意にひねりも何もないストレートな下ネタを挟んで来ることがある。
    • 『わしゃモーゼか』などといった分かりにくいボケをしたときは、「みなさんウィキペディアで調べて下さいね〜。何でも載ってますから〜。」と言い、『一生一緒にウィキペディア』(三木道三の「Lifetime Respect」のリズムで)というギャグを披露する。
    • 外見は眼鏡にマッシュルームカット、オリジナルのGマークが入った青いTシャツにジーンズ姿のことが多い。以前は『Dr.スランプ』の主人公則巻アラレの帽子を被り、スーパーマンのTシャツ(ファミ通月刊コロコロコミックビックリマン南葛の場合も)を使用していた。

コンテスト記録[編集]

  • M-1グランプリ
    • 2006年3回戦進出 昭和ハラキリボーイズ(水野夏樹ファンクラブ)
      • メンバーは「マシンガンズ」(現ベッターマン)。結成初期の芸名は「パンダ番長」。「水野夏樹」は芸人。
    • 2007年3回戦進出 四コマまんが研究会(アマチュア)
      • メンバーは「昭和ハラキリボーイズ」と同じ。
    • 2007年3回戦進出 りぼん(アマチュア)
      • メンバーは元「スゴイオモシロイヨ」(鍛冶町憲、柴田太平(現「浮世離れ」挙動不審マン))。
    • 2008年3回戦進出 週刊少年ジャンプ大好きっ娘倶楽部(アマチュア)
      • メンバーは2007年の四コマまんが研究会と同じ。
    • 2008年3回戦進出 爆笑全日本お笑い甲子園(アマチュア)
    • 2009年3回戦進出 宮沢ボーボーりえ
      • メンバーは山下西尾公志。ウケていたのに(3回戦で)落とされたと主張し、ブログやYoutubeにその趣旨の投稿をしている。
  • R-1ぐらんぷり
    • 2006年準決勝進出 (アマチュア)
    • 2007年2回戦進出 (吉本興業 大阪)
    • 2008年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2009年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2010年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2011年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2012年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2013年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2014年3回戦進出 (吉本興業 大阪)
    • 2015年準決勝進出 (吉本興業 大阪)
    • 2016年 不参加
    • 2017年3回戦進出 (吉本興業 大阪)

出演[編集]

テレビ[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ガリガリガリクソン:M-1そっちのけ?で売り込み”. 毎日新聞. (2009年10月17日). http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20091017spn00m200005000c.html 2009年10月19日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “食虫本、食虫イベント、食虫アイドル......今″食虫″がブームって本当!?”. livedoorNEWS. (2009年4月30日). http://news.livedoor.com/article/detail/4133992/ 2015年9月5日閲覧。 
  3. ^ ごきげん!ブランニュ 2011年11月7日放送回”. gooテレビ (2011年11月7日). 2011年11月7日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ “デッド・オア・虫食い”. ガリガリガリクソンの史上最低陰湿メタルバンド!「スカイデスマザー」オフィシャルブログ. (2008年9月13日). http://ameblo.jp/gggalixon/entry-11799751747.html 2017年5月13日閲覧。 
  5. ^ 2008年1月26日放送丑バラの「後藤ひろひとスマイルの王室箱」より
  6. ^ 「ギョクセキっ!」怖い話SPで東野に語り部猛抗議”. お笑いナタリー (2013年9月8日). 2015年9月5日閲覧。
  7. ^ 『あらびき団公式パンフレット』ヨシモトブックス、ワニブックス、30頁。
  8. ^ スポーツニッポン 2009年3月26日23面
  9. ^ a b “Twitter上で“改名”まで!?“ガリガリ”が意気込みたっぷりにきゃりーと共演!”. ニュースウォーカー. (2012年6月6日). https://news.walkerplus.com/article/30782/ 2017年5月13日閲覧。 
  10. ^ “奥田民生がスベッた!?ガリクソン、ギャグ不発も責任転嫁”. スポーツニッポン. (2014年7月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/07/09/kiji/K20140709008530170.html 2017年5月13日閲覧。 
  11. ^ “ガリガリガリクソンという男”. サンケイスポーツ. (2017年5月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170513/sca17051305040002-n4.html 2017年5月13日閲覧。 
  12. ^ “よしもと男前ブサイク芸人グランプリ”. よしもとYNN. http://ynn.jp/feature/otokomae/ 2017年5月13日閲覧。 
  13. ^ “ガリガリガリクソンがIKEネタで謝罪”. 日刊スポーツ. (2014年5月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140522-1304985.html 2015年4月10日閲覧。 
  14. ^ “ガリガリガリクソンが本気で怒った? エハラマサヒロに「ネタパクられた」。”. ナリナリドットコム. (2009年8月24日). http://www.narinari.com/Nd/20090812182.html 2017年5月13日閲覧。 
  15. ^ “ジャルジャルとガリガリガリクソンが和解協議”. お笑いナタリー. (2010年3月11日). http://natalie.mu/owarai/news/28904 2017年5月13日閲覧。 
  16. ^ 本日開店、ガリガリガリクソンがラーメン屋プロデュース”. お笑いナタリー (2012年5月1日). 2012年5月3日閲覧。
  17. ^ “ガリガリガリクソン プロデュースのラーメン店が“クーデター閉店””. スポニチアネックス. (2013年2月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/02/27/kiji/K20130227005285050.html 2013年3月3日閲覧。 
  18. ^ イチから始める大阪マラソンへの道”. 毎日放送 (2012年10月3日). 2012年10月17日閲覧。
  19. ^ “ガリガリガリクソン完走も「もう嫌やぁ〜」と泣きじゃくる…大阪マラソン”. スポーツ報知. (2012年11月26日). http://web.archive.org/web/20121126143405/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/info/event/news/20121126-OHO1T00113.htm 2012年11月28日閲覧。 
  20. ^ “ガリガリガリクソン 角刈り頭で「細山ホソ夫」に改名”. 東京スポーツ. (2016年2月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/506220/ 2017年5月13日閲覧。 
  21. ^ “吉本芸人ガリガリガリクソンさん、酒気帯び運転疑いで聴取 大阪、パンク車の中で居眠り、検査で発覚”. 産経WEST. (2017年5月12日). http://www.sankei.com/west/news/170512/wst1705120049-n1.html 2017年5月12日閲覧。 
  22. ^ “お笑い芸人のガリガリガリクソン、飲酒運転で逮捕”. 日刊スポーツ. (2017年5月12日17時6分). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1822183.html 2017年5月12日閲覧。 
  23. ^ “連行時の独自映像 ガリガリガリクソン容疑者”. フジテレビ. (2017年5月12日). http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00358003.html 2017年5月13日閲覧。 
  24. ^ ガリガリガリクソン、ドラマ「監獄学園」で“優しいドM”アンドレ役”. お笑いナタリー (2015年9月5日). 2015年9月26日閲覧。
  25. ^ メッセンジャーあいはら、笑い飯哲夫の冠番組が10月MBSラジオでスタート”. お笑いナタリー (2016年9月25日). 2016年9月26日閲覧。

外部リンク[編集]