ペッパーランチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペッパーランチは、株式会社ペッパーフードサービスが運営する霜降り加工牛や牛肉や脂身を結着させた成型肉[1]を主体としたチェーン店。 国内以外に韓国、シンガポール、インドネシア、オーストラリア、タイ、フィリピン、香港、マカオ、マレーシア、ベトナム、台湾、中国などアジアを中心とした海外にもチェーン展開をしている。

Pepper Lunch.jpg

概説

1994年神奈川県大船で1号店をオープン。直営とフランチャイズ両方でチェーン展開している。近年ではフードコート型店舗による出店も拡大している。

2013年1月から6月までの間に、ペッパーランチ5店舗を閉鎖する一方、レストランセクターでは4店舗をオープン。海外展開も積極的に行っており、海外で8店舗をオープンさせた。

沿革

  • 1994年7月 - 「ペッパーランチ」FC1号店、大船店を開店(通算1号店)。
  • 1994年9月 - 「ペッパーランチ」直営1号店、浅草店を開店(通算2号店)。
  • 2003年3月 - 「ペッパーランチ」フードコート1号店を川越市に出店。
  • 2003年11月 - ソウル韓国1号店を開店。
  • 2005年5月 - 台湾台北に出店。
  • 2005年6月 - 農林水産大臣賞「新規業態開発部門」賞を受賞。
  • 2005年7月 - シンガポールに1号店出店。
  • 2012年6月 - 台湾の3店舗、K-MALL店、Global Mall店、Xindian Carrefour店の閉鎖を以て同地域から一時撤退。
  • 2013年 - マレーシアのエリアフランチャイザーが台湾での営業権を獲得。

特徴・メニュー構成等

先述の通り、国内36都府県(2013年4月現在の日本国内における未出店地域は、山形県福島県和歌山県岡山県島根県熊本県の6県が一度も出店したことがなく、北海道山梨県山口県佐賀県の4道県はかつて出店していたが撤退した[2]。なお、東京・世田谷区明大前店は、研修店舗のために全商品が200円引きである)に150店舗以上展開している。また、海外にも展開しており、韓国中国香港シンガポールジャカルタの各地に出店し、近年では海外での出店が増加している。

メニューとしては、ビーフペッパーライス、ビーフハンバーグ目玉焼き付、霜降りペッパーステーキを代表メニューとして、店舗によってレギュラータイプとフードコートタイプに分かれている(なお、霜降りペッパーステーキはオージー・ビーフ、ビーフペッパーライスはアメリカンビーフである[3]。)。

会社では毎日朝礼のときに、仕事の記録帖という冊子の文章を、全員で「清く正しく美しく」と言ったお題を唱和する[4]

主な不祥事

強盗強姦事件

大阪府警2007年5月16日、女性客を拉致監禁した上で強盗強姦を行ったとして、ペッパーランチ心斎橋店の店長と同僚の2名を強盗強姦逮捕監禁致傷容疑で逮捕した。調べによれば2人は同年5月9日午前1時頃、同店で1人で食事をしていた20歳代の女性に対し、閉店作業を装い店舗のシャッターを閉めた上でスタンガン等を使い、「逃げたら殺す」などと脅した上で[5]、意識混濁する程[6]の大量の睡眠薬を飲ませ、被害者の携帯電話をチェック(ペッパーランチ入店直前に誰と連絡していたか履歴を確認)した後にGPS機能があるおそれがあったため携帯電話を破壊し、泉佐野市の貸しガレージに拉致監禁のうえ強姦し、約55,000円の現金を奪ったとされる[7]。ペッパーランチ店長は女性を翌日以降も強姦する予定で、全裸で手足を縛った状態でガレージに監禁した。女性はその後午前9時半ごろ、監禁されていたガレージから全裸のまま自力で脱出して事件が発覚した[8]

ペッパーランチ店長は自分たちの身元を隠しておらず、最終的には女性を殺害する計画だったと考えられている。

一般報道されたのは発生から一週間後の5月16日。それまでに心斎橋店の設備が撤去されていた。社長自身は5月16日の記者会見で翌日に事件のことを知ったと発言した。ペッパーフードサービスのIRでは、会社が事件を知ったのは12日と記載されている[9]

また、この事件について記者会見が行われた翌日の5月17日には、株価が2万円のストップ安となった[10][11]

この店長は元々ペッパーフードサービスの社員だったが、事件直前に独立し、問題の心斎橋店の運営を委託されていた。そのため事件発生の時点ではペッパーフードサービスとの雇用関係はなく、業務委託の関係だった[8]

2007年7月27日大阪地裁で本件の初公判が開かれ、同年9月26日、元店長に求刑の懲役10年を上回る懲役12年、元店員には求刑通り懲役10年の判決が下された[12]

この事件を受け、ペッパーランチ及びペッパーフードサービスのホームページが謝罪文に切り替わり、ニッポン放送でのラジオCMは自粛され、公共広告機構(現: ACジャパン)のCMに差し替えられた。また、ファミリーマートと提携し同5月末に販売を予定していた「ペッパーランチ弁当」は企画自体が白紙となった[13]。事件後、ペッパーフードサービスは心斎橋店との営業委託契約を解消し[8]、同店は閉店。また、役員報酬の20%カットの内部処分がIR情報で掲示された[14]日経レストランが5月31日から6月1日にかけ行ったインターネット調査では、事件の認知度は76.7%だった。また、この事件以降行動変化があったのは20.4%、その内訳で「夜、1人で飲食店に行くことを避けるようになった」と答えたのは55.3%だった[15]

なお、この事件に関して2009年6月に運営会社であるペッパーフードサービス側が「事件の影響で業務に著しい打撃を受けた」として、服役中の元店長と元店員の2名に対し、約2760万円の損害賠償訴訟を起こしている[16]

食中毒発生事件

2009年8月23日から同年8月24日にかけて、山口県防府市山陽自動車道佐波川サービスエリアにある「佐波川SA上り線店」で食事をした4名が腹痛や下痢の症状を訴え、うち2名が入院、検査の結果腸管出血性大腸菌O-157による食中毒と判明、同店舗は食品衛生法に基づき、山口県により3日間の営業停止を命じられている[17]岐阜県大垣市の食肉加工会社「大垣食肉供給センター協同組合」が8月3日に製造加工した「角切りステーキ」の肉の一部に、不良品(O-157に感染の疑い)のまま出荷したのが原因と見られる。この肉は、オーストラリアから輸入し、同日にミンチ、成形加工。神奈川県厚木市兵庫県神戸市流通センターを経て、8月12日から26日に、九州を除く100の店舗に出荷された。この事件を受け、会社は9月4日、全店舗にて安全が確認されるまで、同メニューの販売の中止。9月7日から、衛生管理の確認のため、全店舗を臨時休業すると発表した[18]

9月11日、厚生労働省は、「ペッパーランチ」でのO-157による食中毒患者数は、11都府県の23人。疑わしい事例も含めると全国で33人になると発表した。同年9月13日、岐阜県生活衛生課の調査で大垣食肉供給センター協同組合が同社用に加工、出荷した「角切りステーキ」保存サンプルから検出された菌が、10都府県の患者14人の菌とDNAパターンが一致、これにより出荷の時点で菌に汚染されていたことを確認した[19][20]

2010年、ペッパーランチは汚染肉を納入した大垣食肉供給センター協同組合(岐阜県大垣市)、販売した日本ミート販売(東京)などに、約12億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した[21]

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ 食中毒のペッパーランチ、崩れた収益モデル
  2. ^ pepperlunch.com - ペッパーランチ日本国内店舗
  3. ^ ペッパーランチ「主要原材料の原産地一覧表 ※PDFファイル」
  4. ^ 株式会社ペッパーフードサービス 一瀬邦夫 ブログ「夢について」
  5. ^ “食事中の女性客を拉致し暴行、ステーキ店長ら逮捕…大阪”. 読売新聞. (2007年5月16日) 
  6. ^ 5月28日付 関西テレビFNNスーパーニュースアンカー』より
  7. ^ 食事中女性にスタンガン、暴行店長ら逮捕 日刊スポーツ 2007年5月20日時点でのアーカイブ 2007年5月17日報道、女性客を拉致し乱暴、ステーキ店の店長らを起訴 読売新聞 2007年6月1日時点でのアーカイブ 2007年5月30日報道
  8. ^ a b c ネットのウワサを徹底検証!! ペッパーランチ事件の真相はこうだ! 週刊大阪日日新聞 2007年6月9日
  9. ^ 大阪心斎橋店における不祥事の経過についてのご報告 (PDF)
  10. ^ 事件当時、14万円前後だった株価は、1年で半値以下の6万円前後に下落した... - ペッパーフードサービス(東証マザーズ:3053)終値時系列データ
  11. ^ また、当時マザーズ5月9日から出来高を増やして下げ続けており、一時インサイダー取引の疑いも起こった
  12. ^ “ペッパーランチ事件裁判、求刑を上回る懲役12年”. livedoorニュース (ライブドア). (2007年9月27日). オリジナル2011年3月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110311020923/http://news.livedoor.com/article/detail/3321794/ 
  13. ^ ペッパーランチ共同開発の弁当中止 ファミリーマート J-CASTニュース(livedoorニュース)2007年5月18日報道
  14. ^ 役員報酬の減額に対するお知らせ ペッパーフードサービス 2007年5月18日発表(2007年10月7日時点のアーカイブ
  15. ^ 「夜、1人で外食」を避ける女性が過半 日経レストラン 2007年6月18日報道
  16. ^ ステーキ店ペッパーランチ強姦事件、運営会社が元店長らに賠償請求 朝日新聞 2009年6月29日時点でのアーカイブ 2009年6月27日
  17. ^ “ペッパーランチでO157 7都府県11人、食中毒疑い”. 共同通信. (2009年9月5日). http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090501000445.html 
  18. ^ 大垣の業者肉にO157 ペッパーランチ食中毒 中日新聞 2009年10月9日時点でのアーカイブ 2009年9月14日
  19. ^ [1] 厚生労働省
  20. ^ 食品衛生法に基づき、同組合に対し9月30日までに、対象製品の回収を命じる行政処分を出した
  21. ^ “ペッパーランチが肉業者提訴 食中毒問題で”. 共同通信. (2010年12月10日). http://www.47news.jp/news/2010/12/post_20101210194802.html 

関連項目

外部リンク