ユリン千晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆりんから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゆりんちあき
ユリン千晶
プロフィール
本名 内藤 千晶(ないとう ちあき)[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本広島県呉市[1]
生年月日 (1981-06-18) 1981年6月18日(40歳)
血液型 AB型[1]
職業 声優ナレーター
事務所 フリー
配偶者 あり
公式サイト yurinstyle.com
公称サイズ([1]時点)
身長 / 体重 168 cm / 46 kg
活動
活動期間 2003年 -
デビュー作ハイパーボッツ
タレント活動
活動期間 2003年 - 2006年
ジャンル バラエティ番組
デビュー作王様のブランチ
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

ユリン千晶(ユリンちあき、1981年6月18日[1] - )は、日本女性声優ナレーター、元タレント。2021年4月1日よりフリーランス広島県呉市出身[1]青山学院大学文学部卒業[2]

芸名ゆりんユリン

来歴[編集]

高校在学中にnon-no準専属モデル=non-noフレンドに合格し、大学生のとき原宿ホリプロにスカウトされホリプロ所属となる。

2003年、『王様のブランチ』で芸能界デビュー。当時の芸名「ゆりん」はインターネットで公募した上で決まった[1][2]

2006年2月頃まで芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」に在籍していた。同事務所で本業の他に声優業も行っていたお笑いコンビアリtoキリギリス石井正則や、つぶやきシローなどに次いで声優業に取り組み始め、声優の面白さにハマる。しかし当時ホリプロには声優部門がなかったため、本格的に声優を志すべく同年末をもってホリプロとの契約を終了。

2006年から2009年3月までホーリーピークに所属し[3]、以降は声優業を中心に活動するようになる。

フリーを経て、2009年9月から2011年11月までアーツビジョンに所属[4]2012年2月から2021年3月までアクセントに所属[5]。多数の大手企業VPナレーションも担当し、ナレーション業も本格的に始動させる。

2021年4月1日より、アクセントを退社しフリーとして活動[6]。同時に芸名をユリン 千晶に改めた。

人物[編集]

資格はキッズコンサルタント。趣味・好きなことはズンバアクアビクスランニングなど身体を動かすこと、自転車パン公園めぐり、恋愛トーク(恋バナ)、占いホームパーティー、子ども達との絵本タイム。特技はマッサージ[7]

2児の母[7]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
  • たまごっち!(2012年 - 2014年、はるかぜっち、ナイトっち、はなふわっち、ちゃいなっち、もなトトっち、サッカー生徒、タクトっち、チェロっち、みどりっち、きいろバグっち、ちょーちょっち、きゃおっち、こねねっち 他) - 4シリーズ
2013年
2014年
2015年
2016年
2018年

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

ラジオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

アニメ[編集]

CMナレーション[編集]

テレビ番組ナレーション[編集]

  • 『チョコプラあきたメシ』(ABS)(2020年)
  • 『BCリーグ ドキュメンタリー』(Amazonプライム・ビデオ) (2020年 - )
  • 『北海道独立宣言』堀江貴文プレゼンツ(HBC) (2019年)
  • 『渋谷オルガン坂 生徒会』(DHC TV) 3時のヒロイン、おかずクラブジャングルポケット等人気芸人の皆様と共 に美容コーナー担当)(2019年〜2021年)
  • ギア猿 資生堂企業対抗レディース ゴルフトーナメント2019』(Jスポーツ)(2019年)
  • 『ギア猿 資生堂企業対抗レディース ゴルフトーナメント2020』(Jスポーツ) (2020年)
  • 『わが家』ドキュメンタリー(BS NHK)

モデル・タレントとしての活動[編集]

レギュラー番組[編集]

ゲスト出演[編集]

特番[編集]

  • オールスター感謝祭(TBS)
  • ウルトラストロング ゲーム〈と共にオーストラリアを舞台にシドニー→ ゴールドコースト→グレートバリアリーフ→ハミルトン島→ケアンズを巡る〉 (NTV)
  • 占い師100人にききました(MBS)

CM[編集]

モデル[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『シャイン/ダーク』(2011年)、『2 クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ』(2012年)
  2. ^ 『2012エクストリーム』(2011年)、『GO 2013』(2012年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g ゆりん”. ホリプロ. 2007年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月2日閲覧。
  2. ^ a b “芸名ネット公募「ゆりん」で~す”. Sponichi Annex. (2003年1月28日). オリジナルの2003年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030205061926/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/01/28/07.html 2021年3月31日閲覧。 
  3. ^ ゆりん|ホーリーピーク”. ホーリーピーク. 2007年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月9日閲覧。
  4. ^ ゆりん|アーツビジョン”. アーツビジョン. 2010年12月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月9日閲覧。
  5. ^ ゆりん|アクセント”. アクセント. 2021年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月9日閲覧。
  6. ^ ユリン千晶 [@yurinno0618] (2021年4月1日). "この度、9年間お世話になりました(株)アクセントを退社いたしまして、2021年4月1日よりフリーのナレーター・声優としてリスタートいたしました。" (ツイート). Twitterより2021年4月7日閲覧
  7. ^ a b ユリン千晶 PROFILE”. yurinstyle.com. 2022年1月9日閲覧。
  8. ^ 僕等がいた”. メディア芸術データベース. 2022年5月9日閲覧。
  9. ^ 追加キャスト決定!!”. スペース☆ダンディ 公式サイト (2013年10月25日). 2013年10月25日閲覧。
  10. ^ 花とゆめ』2015年1号、白泉社、2014年12月5日。
  11. ^ Staff&Cast”. テレビアニメ「CONCEPTION」公式サイト. 2018年9月5日閲覧。
  12. ^ アニメージュ』2012年1月号より
  13. ^ CHARACTER”. CONCEPTION公式サイト. 2012年4月2日閲覧。
  14. ^ キャラクター”. CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!. スパイク・チュンソフト. 2019年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]