竜飛定点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竜飛海底駅から転送)
移動: 案内検索
竜飛海底駅
ホーム(2013年6月13日)
ホーム(2013年6月13日)
たっぴかいてい - Tappi-Kaitei
津軽今別 (19.5km)
所在地 青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 海峡線津軽海峡線
キロ程 32.5km(中小国起点)
電報略号 タヒ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1988年昭和63年)3月13日
廃止年月日 2014年平成26年)3月15日*
乗換 体験坑道駅
- 青函トンネル記念館青函トンネル竜飛斜坑線
*2013年(平成25年)11月11日より休止
竜飛海底駅の駅名標
ホームと連絡誘導路とを結ぶ通路
連絡誘導路
避難所
海底公衆電話
竜飛海底駅見学整理券と接続特急指定券

竜飛定点(たっぴていてん)[注 1]は、青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の施設である。海峡線津軽海峡線青函トンネル内の海底部の区間に存在する。

1988年昭和63年)3月13日の青函トンネル開業時に竜飛海底駅(たっぴかいていえき)として設置され、見学整理券を持った見学客のみが乗降できる特殊なとして機能していた(後述)。

概要[編集]

青函トンネル青森県側の定点として、非常時の旅客避難所および保線基地、トンネルの維持に必要な各種機械類の設置を目的として設置された[1]吉岡海底駅とともに、青函トンネル内に設置された駅の一つであったが、一般的な意味での「駅」ではなく、海底駅見学整理券を持った見学者以外の一般旅客の利用はできなかった。非常時と係員以外、地上への出入りも不可能であった[注 2]

下記休館期間を除き、国道339号の青函トンネル記念館(道の駅みんまや)より当駅の見学(有料)ができた。ただし、記念館側から入る場合はプラットホームへ行くことはできなかった。逆に、当駅側から入った見学者は地上の記念館に青函トンネル竜飛斜坑線を使って上がった際に、復路のケーブルカーの出発時間までなら記念館の外に出ることも可能であった。

以前は「竜飛海底駅見学コース」で、のちに「竜飛記念館コース」(当駅と青函トンネル記念館見学)が設定され、一本化された。そのため、国道339号が冬季通行止めとなる11月中旬から4月下旬までの間、青函トンネル記念館も休館になる場合が多く、その期間は駅の見学コース自体が設定されていなかった。

北海道新幹線の工事に伴い、見学者向けの停車および見学コースの営業は2013年平成25年)11月10日をもって取りやめられることになり[2][3]、最後の土日となる11月9日・10日には函館支社によるツアーが企画された[4]2014年(平成26年)3月15日をもって、正式に廃止された[5][6][7]。駅が廃止された後も、緊急時のために避難設備は残されている[8]

廃止されるまでは、海面下149.5mの日本一低い位置にある鉄道駅であった[9][注 3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式2面2線ホームを持つ地下駅であり、列車の退避などはできなかった。休止される直前は特急「白鳥」・「スーパー白鳥」のうち2往復のみが停車していた。

本線に設置されていたプラットホームは在来線規格で、幅は84cmと非常に狭い[注 4]。これは、避難用に新幹線規格の状態で設置された従来のホームと在来線列車との間には隙間があり、在来線列車とホームの間で転落する危険があるとの判断から、海底駅見学開始時に運輸省からの指導によってそれらを埋めるために設置されたものである[注 5]。駅の廃止後は新幹線車両の通過に支障を来すため、撤去される。

旅客扱いをする特急「白鳥」・「スーパー白鳥」では2号車のドアを非常ドアコックで開閉していた。なお、快速「海峡」が運転されていた頃は函館行1号車、青森行12号車のみ開き、その他はドアカットされていた。

駅周辺[編集]

横取基地
保守用車両の待避・留置場所および資材の搬入口として設置された。現在は上り線側のみの使用となっており下り線側に線路は敷設されていないが、新幹線建設に伴い整備される予定である。
避難所
列車火災や停電などの際に、旅客が一時的に避難する場所として設置され、約1,000人を収容可能である。300人が座れるベンチのほか、簡易トイレ、公衆電話が設置されている[注 6]。海底駅だった頃には、見学者向けに青函トンネルの概要や建設時の様子を伝えるパネルなどが設置されていた。
鋼索斜坑
記念館駅と体験坑道駅(海面下140m)を結ぶケーブルカー「もぐら号」(青函トンネル記念館 青函トンネル竜飛斜坑線)が通る斜坑で、距離は778mである。上記休館期間を除き旅客輸送を行っている。また、斜坑には階段が併設されており、竜飛海底駅のある位置から地上まで2,247段ある。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
海峡線(津軽海峡線)
現在
津軽今別駅 - (竜飛定点) - (吉岡定点) - (知内信号場) - 木古内駅
2014年(平成26年)3月14日まで
津軽今別駅 - 竜飛海底駅 - (吉岡海底駅) - 知内駅


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年3月15日以降、特急「スーパー白鳥」に使用されている789系電車785系電車の案内表示でも、この名称が使用されている。
  2. ^ ただし、『交通公社の時刻表 1988年3月号』には、注釈で、「当分の間、地上との出入りは出来ない」旨が記載されており、開業当初は一般的な乗降を取り扱うことを計画していた可能性はある。
  3. ^ JRグループの駅で最も低い位置にある当駅に対して、同グループの駅で最も高い位置にある鉄道駅は、長野県南佐久郡南牧村にある海抜1,345.67mの野辺山駅である。
  4. ^ ホームに人が留まっていると危険であるため、見学者の乗降は先進導坑、作業坑への通路に面する扉のみで行われていた。
  5. ^ 将来的な撤去を前提にしていた事から、設置は簡易的なものであった。
  6. ^ 工事用に敷設していた電話回線を利用して、NTTが世界で初めて設置した海底公衆電話である。開業当初はテレホンカード専用だったが、のちに10円硬貨専用(ピンク電話)に変更されている。

出典[編集]

  1. ^ 杉山淳一の時事日想:「竜飛海底駅」が教えてくれた、新たな“商機” (2/5)”. Business Media 誠. ITmedia (2013年11月15日). 2013年12月20日閲覧。
  2. ^ 吉岡海底など3駅、来春廃止 JR北海道、新幹線工事で”. 北海道新聞. 北海道新聞社 (2013年8月2日). 2013年8月2日閲覧。
  3. ^ 青函トンネルの海底駅 事実上廃止へ”. NHKオンライン. NHK (2013年8月2日). 2013年8月2日閲覧。
  4. ^ “「竜飛海底駅・青函トンネル記念館見学ツアー」を発売いたします” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道函館支社, (2013年10月8日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/131008-1.pdf 2013年10月8日閲覧。 
  5. ^ 青函トンネル海底駅の廃止検討 来春、新幹線工事で - 共同通信、2013年8月2日
  6. ^ a b “駅の営業終了について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013年9月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130913-1.pdf 2014年6月18日閲覧。 
  7. ^ a b “平成26年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2013-12-20日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/131220-1.pdf 2014年6月18日閲覧。 
  8. ^ JR北海道、竜飛海底駅を廃止へ - 東奥日報2013年8月3日付、ウェブ魚拓
  9. ^ 種村直樹 『鉄道旅行術』 JTB1997年、240頁。ISBN 4-533-02640-0
  10. ^ “平成14年12月ダイヤ改正について” (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2002年9月20日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2002/1412daiya.html 2014年6月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]