環境の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ecologia.jpg

環境の日かんきょうのひ)は、6月5日を環境保全に対する関心を高め啓発活動を図る日として制定された。世界環境デー(World Environment Day)国連による国際的な記念日でもある。

由来は、1972年6月5日からスウェーデンストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念している。1972年12月15日に日本セネガルの共同提案により国連総会で世界環境デーとして制定された。日本では環境基本法(平成5年11月19日法律第91号)により「事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高める」という目的のもと6月5日を環境の日と定めている(環境基本法第10条)。

6月の一カ月間は、環境月間として、毎年、環境省地方自治体企業などによって環境セミナーや展示会などが各地で開かれている。

統一テーマ[編集]

環境省では1992年から2003年まで「環境の日・環境月間」にあわせて普及啓発のため統一テーマを発表していた。

  • 2003年 はじめています。地球にやさしい新生活
  • 2002年 見直そう今までの暮らし 考えようこれからの暮らし
  • 2001年 時代が変わる 私が変わる 環境世紀の幕開けです
  • 2000年 循環社会 捨てずに生かす 新時代
  • 1999年 きこえますか地球の鼓動、みえますか環境の世紀
  • 1998年 地球と未来の仲間のために 暮らしを変える わたしから
  • 1997年 地球が発熱! あなたが止める 温暖化
  • 1992年-1996年 地球とはもっとなかよくなれるはず

世界環境デーのテーマ[編集]

国連環境計画(UNEP)では「世界環境デー・環境月間」にあわせて記念式典を開き、テーマを発表している。

Many Species. One Planet. One Future.
多くの生物種。一つの地球。一つの未来。
Your Planet Needs You
地球はあなたを必要としている
CO2 Kick the Habit、Towards a Low Carbon Economy
悪癖を絶ち、低炭素経済の実現を
Melting Ice : A Hot. Topic?
溶ける氷-熱いテーマ?
Don't Desert Drylands!
乾燥地を見捨てるな!
Green Cities – Plan for the Planet!
緑の都市:地球のための計画を!
  • 2004年 Wanted! Seas and Oceans: Dead or Alive?
私たちの選択-海は死ぬのか、生きるのか?
  • 2003年 Water – Two Billion People are Dying for It!
水-20億人が水のために生命の危険にさらされている
  • 2002年 Give Earth a Chance
地球にチャンスを
  • 2001年 Connect with the World Wide Web of Life
  • 2000年 The Environment Millennium - Time to Act
環境世紀の幕開け-今こそが行動の時
Our Earth-Our Future-Just Save it!
私たちの地球 私たちの未来 救うのは今!
  • 1974年 Only one Earth
かけがえのない地球

関連項目[編集]