戸村健次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戸村 健次
東北楽天ゴールデンイーグルス #22
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県日高市
生年月日 1987年10月20日(27歳)
身長
体重
185 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 ドラフト1位
初出場 2010年4月21日
年俸 1800万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

戸村 健次(とむら けんじ、1987年10月20日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年から野球を始め、立教新座高校では1年秋からベンチ入り。2年春からエースとなった。当時から最速145km/hを投げる本格派として注目されていたが、3年夏は初戦敗退した。

立教大学に進学し、硬式野球部に所属。1年春の六大学リーグ戦から公式戦登板。2年春の東大戦で初勝利。3年秋には再び東大戦で2勝目を挙げると明大戦では6安打1失点で初完投勝利。早大戦でも8回1失点の好投を見せた。4年春には8季ぶりの早大戦勝利など力を見せたが調子の波が大きく活躍しきれなかった。課題のスタミナを強化し臨んだ4年秋は14試合中11試合に登板、自己最多の74回2/3を投げ自己最多の4勝。早大2回戦ではリーグ戦初完封勝利を挙げた。リーグ通算45試合登板、10勝14敗、防御率3.18、142奪三振

2009年のドラフト会議東北楽天ゴールデンイーグルスから1位指名(菊池雄星の外れ1位指名)を受け、11月14日に契約金9000万円、年俸1500万円で仮契約した[1]背番号は「22」。

プロ入り後[編集]

2010年 - 2011年
4月21日、千葉ロッテマリーンズ戦(郡山)で初登板(先発)したが、4失点で3回を持たずに降板し、敗戦投手となった。結局、この年は4試合のみの登板、0勝1敗。防御率も7.27という不本意な成績に終わった。
2011年はオープン戦で好投を続け、開幕先発ローテーションにも加わるものの未勝利のまま5月3日に登録抹消。9月に再昇格後も不安定な投球が目立ち勝ち星をあげることはできなかったが、10月6日の北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)ではプロ入り後初の完投を記録し、監督の星野仙一に「試合を作れるようにはなってきている。戸村の完投は収穫」と評価された[2]
2012年
開幕から先発ローテーション入りを果たし、4月4日の福岡ソフトバンクホークス戦(Kスタ宮城)にてプロ初勝利を挙げた。星野仙一の監督通算1000勝目をプレゼント[3]するなど3勝を挙げる。交流戦に入ると中継ぎ待機となり、度々リリーフ登板もあったが、6月3日に登録抹消。その後は9月に一度だけ一軍で先発するも、それ以外は二軍暮らしとなった。
2013年
開幕から先発ローテーションに加わる予定だったが、水ぼうそうにかかり、一軍初登板は5月21日の東京ヤクルトスワローズ戦までずれ込んだ[4]。12試合に先発し前年を上回る4勝を挙げたが、奪三振よりも与四球のほうが多いなど不安定な投球が多く8月下旬に二軍に降格、そのままシーズンを終えた。
2014年
二軍で中継ぎの練習を続け、6月27日の日本ハム戦で一軍昇格。主にリリーフで起用されたが防御率10.13と経験の浅さが目立った。
この年はわずか5試合の登板に終わった。

選手としての特徴・人物[編集]

185cmの長身から投げ下ろすストレートは最速151km/hを記録し[要出典]、縦のスライダーフォークを投じる[5]。スライダーは2010年から2年連続で被打率1割台を記録している[6]2013年からはこれらの変化球に加えてシュートカットボールも投げるようになった[7]

課題は制球であり、本人も自覚している[8]。また、セットポジション時の投球に課題を残す[9]

目標とする人物は、かつての楽天のエースでチームメイトだった岩隈久志(現:シアトル・マリナーズ)と語っている[要出典]

私生活では2011年1月に、保育園の頃からの幼馴染の女性と結婚している[10][11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 楽天 4 4 0 0 0 0 1 0 0 .000 84 17.1 23 3 10 1 1 13 2 0 15 14 7.27 1.91
2011 8 8 1 0 0 0 3 0 0 .000 191 41.1 48 2 17 0 1 26 4 0 25 18 3.92 1.57
2012 9 6 0 0 0 3 2 0 0 .600 170 38.0 51 1 11 0 0 19 1 0 17 16 3.79 1.63
2013 12 12 0 0 0 4 2 0 0 .667 284 67.2 63 4 28 0 3 22 4 0 27 25 3.33 1.34
2014 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 25 5.1 9 2 0 0 1 4 0 0 6 6 10.13 1.69
通算:5年 38 30 1 0 0 7 8 0 0 .467 754 169.2 194 12 66 1 6 84 11 0 90 79 4.19 1.53
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 22 (2010年 - )

登場曲[編集]

出典[編集]

  1. ^ “楽天にノムさんならぬ「トムさん」誕生”. nikkansports.com. (2009年11月14日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2009/news/p-bb-tp1-20091115-566122.html 2011年11月17日閲覧。 
  2. ^ “楽天戸村3敗目…佑の壁越えられない”. nikkansports.com. (2011年10月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20111007-846229.html 2011年11月17日閲覧。 
  3. ^ “楽天・戸村、仙さんに白星プレゼント!”. SANSPO.COM. (2012年5月12日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20120512/gol12051205040000-n1.html 2012年10月8日閲覧。 
  4. ^ “「持ってない」右腕・戸村、水ぼうそう復活勝利”. スポーツ報知. (2013年5月21日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130520-OHT1T00217.htm 2013年5月21日閲覧。 
  5. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2010』 白夜書房、2010年、93頁。ISBN 978-4-86191-595-6
  6. ^ 『野球小僧 プロ野球&世界野球選手名鑑2012』 白夜書房、2012年、62頁。ISBN 978-4-86191-872-8
  7. ^ “戸村7回無失点1カ月ぶり3勝目”. nikkansports.com. (2013年6月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130629-1149867.html 2013年6月29日閲覧。 
  8. ^ 2013年7月27日 楽天 対 千葉ロッテ インタビュー”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年7月27日). 2013年7月28日閲覧。
  9. ^ “2年目戸村 今季も0勝”. nikkansports.com. (2011年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20111018-851695.html 2011年11月17日閲覧。 
  10. ^ 戸村選手入籍のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年1月22日). 2011年11月17日閲覧。
  11. ^ “楽天戸村結婚 出会い3歳、大学で再会”. nikkansports.com. (2010年12月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20101208-711303.html 2013年7月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]