平尾誠二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平尾 誠二(ひらお せいじ、1963年昭和38)1月21日 - )は、日本の元ラグビー選手で、元ラグビー日本代表選手、元ラグビー日本代表監督。

現在神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャー

卓越したプレーと端正な顔立ちからラグビー界を超えた人物となり、ついには“ミスター・ラグビー”とまで呼ばれるようになった[1]。 従兄弟である細川隆弘も同じく神戸製鋼の選手だった。


略歴・人物[編集]

京都府京都市南区出身。京都市立伏見工業高等学校同志社大学商学部卒業。同志社大学大学院政策科学総合研究科(修士課程)修了。

中学入学と同時にラグビーを始め、伏見工業高校で山口良治監督のもと、高校3年時に全国高校選手権大会(花園)で優勝。これを基にテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」は製作された。(ドラマ内では、平山誠の名前で四方堂亘が演じている。)

1982年に史上最年少(19歳4ヶ月)で日本代表に選出。同志社大学ラグビー部在籍時代にはセンターとして史上初の大学選手権3連覇に貢献。1986年には英国リッチモンドへラグビー留学。

1986年、神戸製鋼に入社。社会人時代は、日本選手権で7連覇を達成(V1~V3までは主将)。また、国内チーム相手でゲームキャプテンを務めた試合では負けた事が一度だけ(大学時代の日本選手権新日鐵釜石戦)と言う抜群のキャプテンシーを発揮する。

ラグビーワールドカップには、第1回(1987年)、第2回(1991年)、第3回(1995年)にそれぞれ出場。特に第2回大会では、日本のワールドカップ初勝利の原動力として活躍した。その後一度は代表を退いたが、第3回大会に向けてのチーム強化の一環として臨時コーチとして招聘され、その後代表選手として本戦に出場した。

現役引退後は、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーに就任。

2000年4月には、スポーツと地域社会の振興を図るため、NPO「スポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構(SCIX)」を旗揚げ。

2008年7月12日には日本サッカー協会理事に、同協会犬飼基昭会長の推薦で、クルム伊達公子(プロテニス選手)とともにサッカー界以外から就任したが、1期のみで退任している。

2011年には文部科学省の中央教育審議会委員に就任した。

著書[編集]

関連著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このような人物には他に“ミスター・プロ野球”長嶋茂雄がいる

関連人物・項目[編集]