廣瀬佳司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

廣瀬佳司(ひろせ けいじ、1973年4月16日 - )は、大阪府出身の元ラグビー選手である。ポジションはスタンドオフ。元トヨタ自動車ヴェルブリッツ所属。

経歴[編集]

小2でラグビーを始め、大阪府立島本高等学校から京都産業大学に進学。1994年、日本代表に選出され、アジア選手権兼W杯予選で優勝。1995年W杯に出場した。

1996年トヨタ自動車に入社。日本代表では対アメリカ代表初勝利、アジア選手権優勝。1997年度日本選手権準優勝。1998年度にはチームを12年ぶりの全国社会人大会優勝に導いた。1999年度日本選手権準優勝。2000年度全国社会人大会準優勝。

世界レベルのプレースキックの技術を持つことで知られ、トヨタのトップリーグ昇格後は2004 - 05、2005-06と2シーズン連続で得点王・ベストキッカーの2冠を獲得した。特に2005-06シーズンは、公式戦でのプレースキック成功率91%を記録した。また、1999年パシフィック・リム選手権トンガ戦で挙げた9PG(ペナルティゴール)は、テストマッチでのPGの世界タイ記録である。

また、170cm・74kgの小さな体でありながら、堅いディフェンスを誇った。2006年に代表引退。キャップ40。また、2008年、2007-2008シーズン終了後にラグビー選手としても引退を表明した。

その後、解説者、ヴェルブリッツコーチを経て、2012年度シーズンよりヴェルブリッツ監督。

関連項目[編集]