渡邉泰憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

渡邉 泰憲(わたなべ やすのり、1974年6月2日 - 2010年4月3日)は、北海道千歳市生まれ東京都板橋区出身の日本ラグビー選手。192cm、104kg。ポジションはフランカー。愛称は「まんきち」[1]

来歴[編集]

保善高校でラグビーを始める。全国高等学校ラグビーフットボール大会への出場はならなかったものの、高校日本代表に選出されイングランド遠征に参加。

日本体育大学に進み、3年で関東大学対抗戦優勝を経験する。大学4年次の1996年日本代表に選出され、5月11日の香港戦で初キャップを獲得。

卒業後、東芝に入社。NO8からフランカーにコンバートされ1997年度全国社会人大会優勝、日本選手権優勝。1998年度日本選手権優勝でチームは3連覇を達成。

1999年W杯代表に選出。以来3大会連続出場を果たす。

2010年4月3日午後9時半ごろ、JR横須賀線鎌倉駅ホームから線路に転落し、電車にはねられ死亡した。本人の遺書等も見つかっていないが、自分から線路に入っていったという証言があり、自殺の可能性が高いが事故か自殺かは不明である[2]

脚注[編集]

  1. ^ 布施博に似ていたため命名当時のドラマの役名から取った
  2. ^ W杯戦士の渡辺泰憲さん電車にはねられ死亡 サンケイスポーツ 2010年4月5日閲覧

関連項目[編集]