シナリ・ラトゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シナリ・ラトゥ(Sinali Latu, 1965年8月22日 - )は、トンガ生まれの日本ラグビー選手。ポジションはフランカー、ナンバーエイト。日本、トンガの2カ国で代表を経験した。日本代表でのキャップ数は32。なお、「ラトゥ」とは現地語で「首長」を意味する言葉。愛称はビル。日本に帰化後は、ラトゥ・ウィリアム・志南利を名乗る。現役時代のサイズは、184cm 98kg。

遍歴[編集]

1965年、6人兄弟の長男として生まれる。12歳からラグビーを始める。出身地・トンガの高校時代のポジションはセンターで、トンガ代表にも選出され代表キャップも獲得した。

1985年に来日、大東文化大学に留学、同校の2度の大学日本一に貢献した。彼のパワフルなプレーは非常にインパクトが強く社会的に話題となったほか、同校先輩のホポイ・タイオネノフォムリ・タウモエフォラウに続いて日本ラグビーの発展に貢献。また他校や社会人チームの外国人選手の補強に大きく道を開くこととなった。卒業後三洋電機に入社。同社ラグビー部の自由の象徴、重量級フォワードの核として活躍。主将を務めた。大学在学中から日本代表に選ばれ、フォワードの要として君臨、初めてスコットランド代表を破った試合でも試合の流れを引き寄せる劇的なタックルを極めるなど、攻守にわたって活躍した。W杯にも1987年の第1回大会から3回連続して出場。その後帰化したのち結婚。三洋電機ラグビー部コーチを要請され現役引退。

2003年、大東文化大学ラグビー部監督に就任。

2013年、大東文化大学ラグビー部アドバイザーに就任。

関連項目[編集]