箕内拓郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

箕内 拓郎(みうち たくろう、1975年12月11日 - )は、日本ラグビー選手である。トップリーグNTTドコモレッドハリケーンズに所属。

プロフィール[編集]

主な経歴[編集]

6歳でラグビーを始める。八幡高では1年時のFB・SOを経て2年からNo8に転向した。

関東学院大学では2年時からレギュラーに定着。4年時に主将を務め、大学選手権で初優勝を果たす。

卒業後にオックスフォード大学へ留学。98年12月にケンブリッジ大学との定期戦「バーシティ・マッチ」に出場し、「ブルー」の称号を得た。(日本人では林敏之以来2人目)

1999年、NECに入社。2000年4月から3ヶ月間、イタリア・セリエA2のラグビーパエゼでプレーした。2002年度日本選手権優勝。トップリーグが開幕すると、第1回マイクロソフトカップ優勝に導きMVPを獲得。

2002年のロシア戦で日本代表初キャップ獲得と同時に主将に就任。2003年ワールドカップを含め2005年まで務める。2006年12月3日に英国レスターで行われた南アフリカ代表海外遠征100周年記念試合に世界選抜の一員として選ばれ出場した。

2006年以降、代表の主将を大畑大介に譲ったが、2007年ワールドカップ直前で大畑が故障により離脱したため、2大会連続で主将を務めた。

2010年春にトップリーグの下部(トップウエスト)に所属するNTTドコモレッドハリケーンズに移籍。10年度の入替戦に勝利しチームのトップリーグ昇格に貢献した。

2011年5月現在キャップは48。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]