岡本篤志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岡本 篤志
埼玉西武ライオンズ #22
Okamoto atsushi.jpg
2011年8月30日、こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県名張市
生年月日 1981年5月20日(33歳)
身長
体重
177 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト6巡目
初出場 2004年6月12日
年俸 3,300万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡本 篤志(おかもと あつし、1981年5月20日 - )は、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府茨木市生まれ。小学校5年生の時、三重県名張市に転居。

1998年に2年生ながら三重・海星高校のエースとして、140km/hを超える速球を武器に第80回全国高等学校野球選手権大会に出場を果たす。翌1999年第71回選抜高等学校野球大会にも出場しベスト8に進出したが三季連続甲子園出場を目指した夏の県大会は決勝戦で9回の表3点リードのところまで行くが、9回の裏に4点を許し、土壇場で甲子園出場の機会を逃した。

プロからの誘いもあったが、まだ体力に自信がなかったため、明治大学に進学する。東京六大学リーグ通算48試合登板、12勝8敗、防御率2.41、161奪三振。2004年にドラフト6位で西武ライオンズに入団する。

プロ入り後[編集]

ルーキーイヤーの2004年から一軍に起用され、プロ初勝利もマーク。しかし28イニングで15四球・5死球を出し、制球難が課題となった。

2005年はオープン戦で好投し、先発ローテーションとして期待され、チーム6戦目となる4月1日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発した。ちなみにこの日は、新球団・楽天の本拠地であるフルキャストスタジアム宮城こけら落としであった。しかし、肘の痛みを隠しての出場であったため、初回に先頭打者礒部公一ルイス・ロペスに立て続けにホームランを打たれるなど連打を被り、早々とノックアウトされた。この年先発したのはこの1試合のみで、シーズン防御率は20.25という数字になってしまった。(なお、礒部が放ったホームランは楽天創設第1号本塁打である。)

2007年も終盤一軍に昇格したが、2試合で死球3個と制球難は相変わらずだった。

2009年は前年オフに股関節の疲労骨折が判明し、リハビリのために初の一軍登板なしに終わる。

2010年は2軍でまずまずのピッチングを続け、交流戦後の7月に岸孝之の故障に伴い一軍昇格。7月7日のオリックス・バファローズ戦で6年ぶりの勝利を挙げた。主に先発投手が早い回でマウンドを降りた時のロングリリーフ担当として投球を続けていたが、次第に渡辺久信監督の信頼を勝ち取り、長田秀一郎藤田太陽ブライアン・シコースキーらに繋ぐ4番目の中継ぎ投手として要所でも起用された。シーズン中では長田・藤田が交互に戦線離脱することが多く、その際は代役のセットアッパーもこなした。プロ初のセーブも記録。クライマックスシリーズでも、2試合とも投げ無失点を記録。しかしオフに股関節の疲労骨折の再発が判明した。

2011年、再発した骨折が完治していなかったが、初の開幕一軍入りを果たす。チームの去年の中継ぎ陣の柱であった長田・藤田が不調、シコースキーが右肘の故障で次々と戦線離脱し、その代役として抑えを任されるなどフル回転していたが、6月頃になると疲れが見え始め、精彩を欠く投球が目立ち、抑えの座をルーキーの牧田和久に明け渡した。しかし8月に一軍に再登録されると、前の投手が作ったピンチの火消し役やミンチェ・牧田につなぐセットアッパーなどの働きを見せるようになる。特に8月10日以降の登板26試合でわずか1失点、防御率0.28、12HPと活躍し、チームの逆転クライマックスシリーズ出場に大きく貢献した。また、この年あげた5勝は全て9月以降の救援勝利であった。途中二軍落ちした時期もあったがリリーフ投手では唯一2年連続で結果を残した。11月13日、背番号が22に変更されることが発表された[1]

2012年、またしても中継ぎに苦しむ投手陣の中で松永浩典と共に支えるが、疲労がたたって打ちこまれるようになり、シーズン中盤に登録抹消される。再び登録されてからは多少調子を取り戻し、長田、ランディ・ウィリアムス涌井秀章のリリーフ陣をフォローする役割を見せた。防御率は過去2年より悪化したものの、登板数は最多となった。

2013年、春先は先発投手陣が好調で半月登板機会がないなど調整に苦しみ調子を落とし序盤に登録抹消されると、岡本洋介増田達至高橋朋己大石達也ら若い世代の台頭や、広島から移籍のデニス・サファテ、再びリリーフに回った涌井秀章の活躍もありシーズン終盤まで二軍生活を強いられた。そのため登板数は2010年以降では最小の20試合に留まり、クライマックスシリーズの登録選手からも外れた。

プレースタイル・人物[編集]

平均球速約143km/h[2]、最速151km/hのストレートチェンジアップを武器とした強気のピッチングが持ち味。変化球は、他にスライダーフォークシュートなどを投げる。

二軍で2005年は13試合で防御率4.92、2006年は16試合で4.10、2007年は先発・中継ぎ両方で起用され25試合で5.93と、不安定な投球が続いており、2009年以外は毎年期待をかけられて一軍に昇格していたが、制球に難がある上に決め球がなく、2010年まで一軍に定着することは出来ていなかった。

2013年、自身の誕生日である5月20日に2010年から交際していた女性と結婚した[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 西武 10 3 0 0 0 1 1 0 -- .500 143 28.0 37 8 15 0 5 23 4 0 32 29 9.32 1.86
2005 3 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 36 5.1 13 3 7 0 0 4 0 0 14 12 20.25 3.75
2006 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 34 7.0 11 2 4 0 1 5 1 0 6 6 7.71 2.14
2007 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 16 3.0 4 0 0 0 3 1 0 0 2 2 6.00 1.33
2008 14 1 0 0 0 0 2 0 0 .000 87 16.1 30 0 10 0 0 9 0 0 16 10 5.51 2.45
2010 33 0 0 0 0 2 1 1 10 .667 193 43.2 45 4 19 0 1 38 4 0 15 15 3.09 1.47
2011 49 0 0 0 0 5 1 7 11 .833 226 55.1 41 1 27 0 3 40 3 0 15 13 2.11 1.23
2012 59 0 0 0 0 1 3 2 15 .250 255 57.0 66 5 17 1 4 39 0 0 32 26 4.11 1.46
2013 20 0 0 0 0 0 1 0 6 .000 91 18.0 29 1 8 0 0 12 0 0 13 9 4.50 2.06
2014 42 0 0 0 0 1 1 0 11 .500 178 39.1 44 1 22 0 1 28 2 0 12 12 2.75 1.68
通算:10年 238 5 0 0 0 10 11 10 53 .476 1259 273 320 25 129 1 18 199 14 0 157 134 4.42 1.64
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28 (2004年 - 2007年)
  • 30 (2008年 - 2009年)
  • 59 (2010年 - 2011年)
  • 22 (2012年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西武、岡本篤ら4選手の背番号を変更”. SANSPO.COM (2011年11月13日). 2011年11月13日閲覧。
  2. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、39頁。ISBN 978-4-905411-04-8
  3. ^ 西武 岡本篤がバースデー婚 2軍調整中の右腕に強力援軍”. スポニチ Sponichi Annex (2013年5月17日). 2013年6月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]