小山田氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小山田氏(おやまだし、こやまだし)は、日本の氏族の一つ。

  1. 桓武平氏良文流秩父氏の流れを汲む秩父重弘の子、有重が小山田氏を称する。
  2. 宇佐氏の末裔が小山田氏を称する。
  3. 藤原北家良門流上杉重房を遠祖とし、曾孫である上杉藤成の子、頼顕が小山田氏を称する。
  4. 藤原北家小野宮実頼流の流れを汲み、加治木頼光が子、加治木資頼の末裔が小山田氏を称する。
  5. 藤原北家隆家流の流れを汲む菊池則隆を遠祖とし、菊池経宗が子、菊池経信の末裔が小山田氏を称する。

小山田氏 (平姓)[編集]

小山田氏(おやまだし)は、武家の氏族。有重が武蔵国小山田荘東京都町田市上小山田町下小山田町)を本領としたことに由来し、鎌倉時代甲斐国へ移り、甲斐東部の都留郡(郡内地方)のうち谷村都留市)を本拠とする。居館は市内大泉寺に比定。

小山田氏の系譜[編集]

江戸時代後期の文化11年(1814年)に編纂された『甲斐国志』では小山田氏は武蔵国秩父平氏の末流とし、平重弘(秩父太郎大夫)の次男有重、さらにその子の行平(正しい諱は「行重」)の流れを戦国期小山田氏の祖としている。『国志』の根拠と見られている『千葉上総系図』では平重弘の子に有重、有重の子に行平の存在を記している。南北朝期の『尊卑分脈』でも同様の系譜を記している。有重は兄重能の子が鎌倉幕府有力御家人の畠山重忠で、有重の三男である重成稲毛氏を、四男の重朝榛谷氏を、五男の有朝田奈氏を、六男の重親は小山田氏を、七男の行重森氏を称した。[要出典]

いずれの系図においても小山田氏は武蔵小山田荘に権益を持った「小山田別当」と記され、「別当」はの管理者を意味することから、小山田荘は本来牧であった可能性が考えられている[1]

勝山記』によれば永正17年に行われた小山田弥太郎13回忌法要の際には施主が藤原姓を称しており、越中守信有の代になり平姓を意識した可能性など検討の余地が指摘される。

院政・鎌倉期の動向[編集]

平安時代後期・院政期の久寿2年(1155年)には源義朝の長男義平が伯父にあたる義賢と、小山田有重畠山重能兄弟の叔父にあたる秩父重隆を殺害した大蔵合戦が起こっている。合戦における有重の動向は不明であるが、『平家物語』に拠れば兄畠山重能は義平勢に属しており、大蔵合戦は秩父一族の主導権争いとしての性格を有し、勝利した重能は勢力を拡大している。

有重は保元元年(1156年)の保元の乱において登場し、『保元物語』に拠れば乱において敗北した源為朝(鎮西八郎)が父の為義に対し、合戦に参加しなかった三浦義明・畠山重能・小山田有重らと談合し関東において抵抗することを提案しているが、ここに挙げられている三者はいずれも為義・為朝と敵対する義朝方に近く為朝の発言が三者の立場を反映しているかどうかの点に関しては慎重視されている[2]。また、保元の乱以前には源義朝・藤原信頼が立荘に携わった武蔵稲毛荘が成立しており、重能・有重兄弟もこれに携わっていると考えられている[3]

平治元年(1159年)、源義朝・藤原信頼は平治の乱において平氏に敗北して滅亡しているが、『平家物語』や『愚管抄』において重能・有重兄弟は平氏の郎等として記されており、このころ重能・有重兄弟は平氏方に帰属したと考えられている[4]。『平家物語』に拠れば治承4年(1180年)の以仁王の挙兵に際して重能・有重兄弟は在京して平清盛に仕えている。続く伊豆における源頼朝の挙兵において重能の子重忠、有重の子稲毛重成らとはじめ平家方に属していたが、畠山重忠は治承4年10月に秩父氏の家督を継いでいた河越重頼ら秩父一族とともに頼朝方に降伏しており、有重の動向は不明であるが頼朝に帰服したと考えられている[5]

治承・寿永の乱において有重は頼朝に従い東国に下向したと見られ、有重の子息は一の谷の戦いなど西国へも出陣している。畠山重能の動向は不明であるが、重能子息の重忠、有重子息の稲毛重成榛谷重朝が頼朝に仕えている。こうして小山田一党は秩父党の重鎮とし頼朝の鎌倉幕府創立に功を立て、本領である小山田荘は有重の子息により分割相続されたと見られているが、稲毛荘や重朝の入部した榛谷御厨、比定地未詳の「出田」の地や武蔵小沢郷に進出していたと見られている。

吾妻鏡』に拠れば、文治元年(1185年)10月には頼朝の弟義経後白河法皇と結び頼朝に背き、同年11月11日には義経の舅である河越重頼が所領を没収され、殺害されている。これにより秩父氏の家督は畠山重忠が継承し、重忠や重成・重朝兄弟ら秩父一族は義経を匿った奥州藤原氏の討伐にも参陣している(奥州合戦)。

奥州合戦により治承・寿永の乱は集結し、頼朝による鎌倉幕府が開創されるが、『吾妻鏡』に拠れば幕府儀礼において重成・重朝兄弟が重用されていることが確認される。元久2年(1205年)、一族の畠山重忠の乱に巻き込まれて殆どが粛清された。

鎌倉時代初期にその粛清から逃れた生き残りが甲斐に入府したと言い、承久の乱においては同地から幕府方の東山道軍に加わっている。

南北朝・室町期[編集]

南北朝時代には秩父平氏小山田氏の系譜を引くとみられる小山田高家の動向が知られる。『太平記』巻十六「小山田太郎高家青麦を刈る事」に拠れば、高家は建武3年(1336年)までに新田義貞に従い、同年3月[6]には播磨で兵糧の欠乏から刈田狼藉を行い軍法違反に問われたが、義貞はこれを赦免した。巻十六「新田殿湊川合戦の事」では高家はこの時の恩義から、同年5月の湊川の戦いで義貞の身代わりとして討ち死にしたという。

高家に関する刈田狼藉の逸話は『太平記』の古本には見られず、後世の加筆であると考えられている。また、古本では巻十六「新田殿湊川合戦の事」における名を「隆家」としている。

室町時代以降にみられる甲斐の小山田氏とは同族とされるが、その経緯ははっきりしてはいない。

鎌倉大草紙』『武田源氏一統系図』によれば南北朝期から甲斐守護武田氏婚姻関係を持つ。明応8年(1499年)には小山田信長塩山向嶽庵甲州市、旧塩山市)の寺領であった田原郷都留市)を安堵している。

戦国期の小山田氏[編集]

戦国期の甲斐では国中(甲府盆地)を戦国大名化した守護武田氏が治める。これに対し甲斐各地では有力国衆が台頭し、中でも富士川一帯の河内地方では穴山氏が、郡内では小山田氏が台頭する。穴山・小山田両氏をはじめ甲斐の有力国衆は武田氏の家臣団に組み込まれるが、穴山・小山田両氏は河内・郡内領において独自の支配を展開した存在として知られる。

戦国期の甲斐は、武田信虎(初名な「信直」)と叔父の油川信恵の内訌に、駿河国今川氏相模国後北条氏伊勢氏)など対外勢力の動向が関係して複雑に推移した。永正5年(1508年)10月4日の合戦では信恵方が敗北し一族が壊滅しているが、信恵方に属した小山田弥太郎は国中へ侵攻し、同年12月5日の合戦で戦死する[7]。なお、この合戦の敗北において小山田一門である境小山田氏の当主平三は伊豆の伊勢氏のもとへ亡命したという[8]

弥太郎の次代は子息あるいは弟とされる越中守信有が継承し、以来小山田氏では弥三郎信有出羽守信有と三代の当主が同じ実名「信有」を継承している。永正6年(1509年)にも信虎の郡内侵攻を受け、翌永正7年春に小山田氏は武田方への従属を条件に和睦し、越中守信有は信虎の娘を室に迎えている[9]

国中では信虎と駿河今川氏と結んだ西郡の国衆大井氏との合戦が続き、永正12年(1515年)10月17日には越中守信有が派遣したと見られている小山田大和守が戦死している[10]。今川勢は籠坂峠を越えて郡内へも侵攻し、永正13年末に小山田氏は駿河勢を撃退している[11]。永正15年(1518年)5月に至り武田・今川両氏は和睦しているが、小山田氏は別個に今川両と和睦している[12]

永正16年(1519年)に信虎を守護所川田館から甲府へ移転し、新たに躑躅ヶ崎館を築造して城下町整備を行う。これに伴い家臣団も城下に集住し、小山田氏も甲府に屋敷を置き、越中守信有の正室も甲府へ移っている[13]。翌永正17年には郡内北部に猿橋(大月市)を架橋しており[14]、この時点で小山田氏の支配が郡内北部にまで及んでいることが確認される。

天文2年(1533年)には甲府に屋敷を持ち武田への帰属を強めるが、外交関係などで一定の独立性は有していたといわれる。享禄3年(1530年)には本拠を中津森館からより発展性の見込める谷村へ移転し、城下町整備を行う。

戦国時代末期に武田氏が尾張の織田信長の侵攻(甲州征伐)を受けると、小山田氏最後の当主信茂武田勝頼の亡命を拒否し勢力の保全を図ったが、それまでの武田氏との密接な関係が災いし信長に不忠者として一族滅亡させられ、小山田氏は歴史からその姿を一時消すことになった。

遺臣の動向と子孫[編集]

水戸藩であった佐竹氏に仕えた一族、明治時代には衆議院議員の小山田義孝らが信茂の一族と称している。

郡内領の支配[編集]

小山田氏は郡内領主を称しているが、支配領域である谷村領は郡内全域ではなく、小菅氏の治める小菅(小菅村)や西原武田氏の治める西原(以下上野原市)や加藤氏の治める上野原と分立していた。谷村領は桂川流域で、岩殿山(以下大月市)から初狩、大原荘富士河口湖町富士吉田市)から山中(山中湖村)にかけての領域であった。

谷村領は東西の交通要衝であり、江戸時代には甲州街道として整備されている。笹子峠越えで甲府盆地へ抜け武田氏の治める国中と通じ、上野原を経て相模国へも通じる。また御坂峠籠坂峠越えで駿河国とも通じる鎌倉街道にも通じ、谷村から桂川沿いに吉田へ通じる谷村路も整備された。小山田氏は輸送に関する諸役免除する発給文書を数多く残しており、多国間の流通を支配した。領域の大半が山林であり耕地に乏しいため生業山稼ぎが主で、穀物は他国からの輸入にたよっていた。

武田氏の御親族衆で領内に独自支配を及ぼしていた穴山氏に対し、譜代家老衆の小山田氏の治める谷村領内では武田氏の支配も及んでおり、富士参詣者の集まる御師町であった吉田や河口などでは、入山料徴収棟別銭賦課検地が行われており、訴訟裁定を武田氏に委ねることもあった。

研究史[編集]

戦国期の小山田氏は一般に武田氏の従属国衆でありつつ、郡内領において独自の領域支配を行っていたと評価される。小山田氏は同じく甲斐国における武田氏の従属国衆で河内領において独自の領域支配を行った穴山氏ととも戦国期国衆論・戦国期守護論の観点から注目され、郡内支配の独自性と守護武田氏の郡内への権力浸透の評価を主な論点として研究が展開されている。

昭和戦後期においては1962年昭和37年)に標(飯田)泰江が武田氏・小山田氏の郡内支配を「再支配体制」と評価し、河内領と異なり郡内領では武田氏の発給文書が残されている点に着目し、小山田氏の再支配を弱いものと評価した。1969年(昭和44年)に佐藤八郎は小山田氏の郡内支配を「二重支配地域」と評価し、小山田氏は富士道者からの関銭を財源として持っていたため、武田氏が郡内領を直轄領化しえなかったものとした。また、1972年(昭和47年)に上野晴朗は小山田氏の郡内支配を「再支配構造」と評価した。

小山田氏と武田氏を巡る政治動向に関しては、1974年(昭和49年)になかざわしんきちが本格的な検討を行い、なかざわは天文初年頃までは両者の関係は対等・同格であり、武田信虎が郡内領を武田領国に組み込む課程において両者の関係は「相互に依存し補完し合う」関係となり、武田氏に従属した小山田氏は「武田領国下において特有な在地支配を形成しえた」ものと評した。これに対し、小山田了三は小山田氏による郡内支配の独自性・独立性を強調した。

1975年(昭和50年)には柴辻俊六が武田氏・小山田氏の発給文書の分析を通じて郡内領においては武田氏からのみ文書の発給を受けている武士や寺社が多い点に着目し、郡内領において武田氏は主要交通路を掌握し、有力給人の一部を被官化するなど直接的な支配を展開していることを指摘し、小山田氏は武田氏のもとで支城主化した評価した。

小山田氏研究の画期となったのは矢田俊文の論説で、矢田は1979年(昭和54年)には小山田氏・穴山氏の独自支配を高く評価し、武田氏が国中支配において保持していた権限と同質のものとした。すなわち小山田・穴山氏は第一次裁判権・第一次立法権・夫役収取権・検注権を保持し領域支配を行い、武田・小山田・穴山の三者は対等な連合権力を形成していた「戦国領主」であると評した。また、矢田は武田氏についても郡内・河内領を含む武田領国において、守護権に基づく第二次裁判権・第二次立法権・軍事指揮権・寺社興行権を保持する「戦国期守護」であると評し、これは従来の戦国大名の概念を否定するものであった。以来、矢田の主張に対し多くの反論が発表され、議論が展開されている。

一方、黒田基樹らは東国における外様国衆に関する研究を展開し、武田氏を戦国期守護と評価する点については否定的見解を示している。

また、2000年代には戦国期小山田氏当主の人物比定に関する再検討や、秋山敬による交通史の観点からの郡内・谷村の位置づけについても検討が加えられている。

系図[編集]

 秩父重弘
  ┣━━━━━┓
 畠山重能  小山田有重
  ┃     ┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━┳━━━┳━━━━┓
 畠山重忠  稲毛重成                   榛谷重朝  森行重 田奈有朝 小山田重親
        ┣━━━━━━━━┳━━━━━━┓      ┣━━━━┓
     稲毛(小沢)重政  宇都宮頼綱室 綾小路師季室  榛谷重季 榛谷秀重

参考文献[編集]

関連項目[編集]

石田小山田氏[編集]

武田家臣には郡内領主小山田氏とは別に、巨摩郡石田郷(現在の甲府市上石田・下石田)を領した石田小山田氏が存在する。戦国期には信濃侵攻において活躍した信濃内山城代上原伊賀守(小山田虎満、備中守)が石田小山田氏を継承し、虎満・昌成が二代続けて「備中守」を称している[15]。この系統は江戸期は真田家臣となり、松代藩の次席家老として幕末を迎えている。


小山田氏 (源姓)[編集]

小山田氏(こやまだし)
家紋
丸に五三桐(定紋)
本姓 称・清和源氏
家祖 小山田景範
種別 武家
出身地 薩摩国
主な根拠地 薩摩国
鹿児島県
著名な人物 小山田真
凡例 / Category:日本の氏族

小山田氏(こやまだし)は、日本の武家の氏族。

概要[編集]

薩摩国島津氏と共に活動を行う。

伊集院頼久の乱に、伊集院頼久応永21年(1414年)に比志島一族である小山田範清(こやまだのりきよ)の居城小山田城(こやまだじょう)を包囲したが、この戦いに敗れる。

江戸時代最後の改元の慶応期に小山田氏族の長男、小山田袈裟太郎(こやまだけさたろう)が現在の鹿児島県内之浦町に移り渡って来る。内之浦町には、当時の日本地図にも記載されていた小山田湾や現在でも小山田国有林が保護されている。小山田袈裟太郎の息子は、長男の小山田八之進(こやまだはちのしん)、次男の小山田友吉(こやまだともきち)、3男の小山田末吉(こやまだすえきち)に当たる。

現在映画俳優として海外で活躍している小山田真(こやまだしん)は、小山田八之進の直系の子孫であると云われる。


系図[編集]

源為義清和源氏)
┃
源義広 (志田三郎先生)清和源氏)
┃
志田 頼重
┃
志田 重賢
┃
比志島 祐範
┃
比志島 時範
┃
比志島 忠範
┃
小山田 景範(薩摩藩島津家臣団大蔵氏族)
┃
小山田 範清
┃
(略)
┣━━━━━━━━━━┓
小山田 袈裟太郎  袈裟次郎(鹿児島県内之浦町岸良小山田・北嶽神社)
┣━━━━━┳━━━━┓
八之進   友吉  末吉
┣━━━━━┳━━━━┳━━━┳━━━┳━━━━┳━━━━┓
時彦    正彦  勝彦  ふさえ  慶二  さつの  はぎの
∥┏━━━━┛ 
幸吉(正彦の次男)
┣━━━━━┓
勇一    洋一
┣━━━━━┓
小山田真  潤
  1. 参考文献
  • 小大塚平男 『内之浦町史』 内之浦町教育委員会(原著1966年11月1日)、pp. 224。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 丸島(2013)、p.15
  2. ^ 丸島(2013)、pp.16-17
  3. ^ 丸島(2013)、p.17
  4. ^ 丸島(2013)、p.18
  5. ^ 丸島(2013)、p.21
  6. ^ 『太平記』では「去年」としているが、今年(建武3年)の誤りで、同年3月の播磨赤松攻めを指すと見られている(新潮日本古典集成『太平記 三』校注・山下宏明、p.80)。
  7. ^ 勝山記
  8. ^ 『勝山記』
  9. ^ 『勝山記』
  10. ^ 『勝山記』
  11. ^ 『勝山記』
  12. ^ 『勝山記』
  13. ^ 『勝山記』
  14. ^ 『勝山記』
  15. ^ 石田小山田氏については、黒田基樹「小山田備中守(虎満・昌成)について」『戦国遺文武田氏編』(第一巻月報1、2002年4月)など。