倉田真由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
倉田 真由美
生誕 1971年7月23日
日本の旗 福岡県福岡市
職業 漫画家コメンテーター
ジャンル エッセイ漫画
代表作 だめんず・うぉ〜か〜
受賞 ヤングマガジンギャグ大賞(新人賞)
公式サイト くらたま!
テンプレートを表示

倉田 真由美(くらた まゆみ、1971年7月23日 - )は、日本漫画家。本名、叶井 真由美[1]。通称「くらたま」。ミューン所属。血液型O型。代表作は『だめんず・うぉ〜か〜』。

[2]NHK経営委員会委員[3]恵泉女学園大学非常勤講師[4]一橋大学商学部卒業[5]

略歴[編集]

中学・高校時代[編集]

中学3年時には福岡の模擬試験で9000人中1位の成績をとったことがある。ラ・サール高等学校灘高等学校進学志望者が通う進学塾「有心ゼミナール」の「灘・ラサールクラス」に所属し、5科目学力コンクールでは常に成績上位となるなど熱心に勉強していた[6][7]

福岡県立福岡高等学校に首席で合格し進学。新入生代表として答辞を述べ、1学期の試験では学年1位だったが、その後『りぼん』を愛読しはじめて少女漫画の世界に没頭し、少女マンガを描くことに熱中するようになり、勉強はあまりしなくなったという[6]

大学受験[編集]

高3の頃は小学館集英社のある東京に憧れ、東京の大学への進学を希望していたが、親からは地元の九州大学より上の国立大学でないとダメだと言われていた。そこで高校では理系であったが、大学受験ではこだわらず、前期に理系の東京工業大学、後期に文系の一橋大学を受験した[6]

ところが大学入試の前日にも持ち込み原稿を持参し出版社巡りを行い、最後に回った講談社では「まずは受験をしっかりやれ」と言われたという[8]。そして翌日の東京工業大の入学試験では化学の問題でパニックとなり、ほとんど解けずに不合格となる[6]。その後、後期で一橋大学商学部に合格、同大学に入学した。

大学時代[編集]

サッカー部の主将に初恋をし、マネージャーとして入部。その後は恋愛に夢中になり、漫画を描くことを止めていた。さらに同じゼミの、当時既にプロの漫画家であった黒田硫黄と自分の画力の差に愕然とし、漫画家になることを断念した[9]

漫画家デビュー[編集]

倉田の漫画家活動は就職活動に失敗したことから始まる。大学4年の就職活動で山一證券の最終面接まで残ったが、面接官からこの会社を選んだ理由を聞かれた倉田は「歯医者が近いので」と思ったことをそのまま口に出して面接官の不興を買い、最終面接で落とされた。このエピソードを元に就職活動に失敗する女子学生を描いた漫画を、『ヤングマガジン』ギャグ大賞に応募。大賞を受賞し、デビューを果たした。

ヒット作には恵まれなかったが、雀荘従業員や学習塾講師などのアルバイトの傍ら、漫画の創作を続けた。2000年に週刊誌『SPA!』で、大きな欠陥のある男性との交際を繰り返す女性たちについて描いた作品『だめんず・うぉ〜か〜』の連載を始め、ブレイクを果たす。以後、恋愛・男女関係やコミュニケーションに関する仕事が増える。現在では漫画家としてだけではなく、主にコメンテーターとしてテレビなどにも多く出演している。

28歳で結婚し、第一子となる男児を出産したが、2年後に離婚(親権は倉田)。普段は息子を福岡の実家に預けて東京で生活し、およそ週に1度息子に会うために福岡へ帰省している。

2009年7月、自らの連載上で未婚のまま第二子を妊娠していることを公表。相手の男性は中村うさぎから紹介された映画配給会社「トルネード・フィルム」取締役・叶井俊太郎。同年9月、叶井と入籍。同年11月、第二子となる女児を出産。

人物[編集]

作風[編集]

西原理恵子浜口乃理子などと同様に、作者自身を主人公としてその日常体験を漫画にするのを基本的な作風とする。

倉田の自伝的代表作『だめんず・うぉ〜か〜』3巻によると、漫画家を目指したきっかけは、西原理恵子の作品を読んで「この程度なら私にも描ける」と思ったからだという。ただし、西原理恵子本人は、「あんたの進んでる先に私はいないよ」[10]とコメントしている。倉田は、インタビューで画力について聞かれ「西原さんのほうが全っ然うまい。私の絵はヘタウマじゃなくて本当にヘタなんです(笑)」[10]と述べている。

交友関係[編集]

渡辺洋香(女流雀士)や中村うさぎ(小説家)や深澤真紀(コラムニスト)と親交がある。渡辺洋香はだめんず会会長として『だめんず・うぉ〜か〜』レギュラーだった時期があり、中村うさぎとは共著が多く、深澤とも多く仕事をしている。また北芝健と仲が良く、2003年には倉田真由美と北芝健の2人が協力した『踊る大捜査線』のオフィシャル解読本も出版された(同書内で、倉田は青島俊作をだめんずではないと言い切っている)。

2009年から「日本催眠術協会」の役員を務めている[11]

社会的活動・教育活動[編集]

2010年6月20日付[12]NHK経営委員会委員。2012年2月末に任期満了で退任[13]。2013年4月から恵泉女学園大学非常勤講師[14]

政治活動[編集]

2006年7月、民主党衆議院参議院・地方選に向けて候補者公募の選考で意見を聞くために開設された有識者会議のメンバーに選ばれてた[15]ことを契機に、小沢一郎政経研究会の講演を行なう[16]など、民主党と深くかかわるようになる。 2009年の政権交代により民主党を首班とする政権が誕生すると、倉田は日本放送協会経営委員会委員に就任することが決まった(2010年5月)。しかし、国会の承認議決において、後述の所得隠しを問題とする自民党みんなの党新党改革たちあがれ日本によって反対を受けた[17]

2012年の政権交代により、第2次安倍内閣が成立すると麻生太郎副総理を「失言放言が多く、良いところが全くない。景気対策に失敗した時に責任を取らせるためか、引退前の最後の花道で起用しただけ。」と非難し、安倍総裁のことを自身の漫画に登場する『働かないヒモ』と評した。また、自民党が民主党の政権運営の拙さを指摘したことについても、国民の選択を批判する行為であると非難している[18]

『こんな男とは絶対、結婚するな!』の共著や、『だめんず・うぉ〜か〜』第7巻の対談などで福島みずほと面識がある。福島と山口二郎との共著『本当に憲法改正まで行くつもりですか?』もある。以上のように、全体として彼女の政治活動は左派的である。

不祥事[編集]

所得隠し事件

2006年11月29日、自身が社長を務める漫画制作会社「たまくら」(東京都新宿区)が東京国税局の税務調査で、2005年4月期までの3年間に約1800万円の所得隠しをおこなったと指摘されていたことが判明した[19]。数十人の架空のアシスタントを立て、給与を水増ししていたとされている[19]。重加算税を含めた追徴税額は約600万円と報道された[19]。同社は2005年12月に[要出典]修正申告し、追徴税額を支払った。

倉田本人は追徴された税金はすでに支払っている、と税金不払いの事実を認めて事件が過去のものだと述べている。また『だめんず・うぉ〜か〜』内でこの事件を漫画にし、「税理士に60人分の架空のアシスタントを立てろと言われたから立てただけ」と弁明、「レポーターにつめ寄られてとっても怖かった」と述懐している[要出典]

『週刊文春』2006年12月14日号でも「くらたま悪質脱税 だめんずを使って領収書集め」と題する記事が掲載されている。倉田がNHKの経営委員会に入ることが決まった際にも、この事件を理由に批判が起きた[要出典]

著作[編集]

単独[編集]

共著[編集]

書名、共著者名、出版社名、出版年、ISBN の順に記載

  • うさぎとくらたまのホストクラブなび(中村うさぎ共著) - 角川書店 2002年 ISBN 978-4048837910
  • くらたま&岩月教授のだめ恋愛脱出講座(岩月謙司共著) - 青春出版社 2002年 ISBN 978-4413033459
  • 死ぬまでにしたい10のこと(10名の女性によるエッセイのアンソロジー) - ソニーマガジンズ 2003年 ISBN 978-4789721288
  • 喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな!(齋藤孝共著) - 集英社 2004年 ISBN 978-4083330261
  • くらたま&ヨーコの恋愛道場 〜教えて! 10人の達人たち〜(渡辺洋香共著) - 白夜書房 2004年 ISBN 978-4893679215
  • うさたま見聞録(中村うさぎ共著) - 角川書店 2004年 ISBN 978-4048838733
  • うさたま恋のER緊急救命室(中村うさぎ共著) - 宝島社 2004年 ISBN 978-4796639309
  • うさたまの暗夜行路対談(中村うさぎ共著) - 講談社 2004年 ISBN 978-4062124201
  • ゴージャスめし(弘兼憲史共著) - 講談社 2004年 ISBN 978-4063375534
  • うさたまの霊長類オンナ科図鑑(中村うさぎ共著) - 角川書店 2005年 ISBN 978-4048839334
  • うさたまのオバ化注意報(中村うさぎ共著) - 小学館 2005年 ISBN 978-4093964616
  • ダメだ! この会社――わが社も他社も丸裸(山崎元共著) - 小学館 2005年 ISBN 978-4093875455
  • こんな男とは絶対、結婚するな!(福島みずほ共著) - 大和書房 2005年 ISBN 978-4479770800
  • 本当に憲法改正まで行くつもりですか?(山口二郎福島みずほ共著 倉田真由美挿絵) - 実務教育出版 2007年 ISBN 978-4788926202
  • うさたまのいい女になるっ!―暗夜行路対談(中村うさぎ共著) - 講談社 2008年 ISBN 978-4062759519
  • くらたまとフカサワのアジアはらへり旅(深澤真紀共著) - 理論社 2008年 978-4652079362
  • うさたまの妖怪オンナ科図鑑(中村うさぎ共著) - 角川グループパブリッシング 2008年 978-4048850049
  • 人に愛される子を育てる! 魔法のアドバイス(多湖輝共著) - 宝島社 2008年 978-4796660617
  • 女性解放区(杉本彩さかもと未明共著) - PHP研究所 2009年 978-4569771731
  • こころの薬―幸せになれる診療室(大平健共著) - 新潮社 2009年 978-4101160825
  • ダメになってもだいじょうぶ―600人とSEXして4回結婚して破産してわかること(叶井俊太郎共著) - 幻冬舎 2010年 978-4344019188

その他[編集]

倉田と北芝健が協力している『踊る大捜査線』のオフィシャル解読本。北芝は踊る大捜査線の原案協力者で青島俊作刑事のモデルとも言われる[要出典]。この本で倉田は青島刑事をだめんずじゃないと言い切っている。
  • 諸富祥彦著『ケッコン構造改革のススメ!―新・男と女の掟62+1』 倉田真由美挿絵 実業之日本社 2003年 ISBN 978-4408105529
  • ミシェル・アレクサンダー、ジェニー・ロング『10日間でダメ男と別れる方法』倉田真由美訳 主婦の友社 2004年 ISBN 978-4072452271
  • ダサたまのオシャレケモノ道(「GLOW」宝島社)

雑誌の連載記事[編集]

  • だめんずうぉ~か~(週刊SPA!
  • フリドラ男(週刊朝日=イラストとコラム)
  • 終末アイドル フルフル9(FLASH

CM[編集]

レギュラー出演[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本放送協会経営委員会委員に小丸成洋君、浜田健一郎君、叶井真由美君、澤登久子君、北原健児君及び竹中ナミ君を任命することについて同意を求めるの件 第174回国会(常会)議案審議情報(参議院)で本名を確認できる。
  2. ^ https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei100620.html
  3. ^ https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei120301.html
  4. ^ 「MIYN ( ミユーン ) - MANEGEMENT - 倉田 真由美」MIYN
  5. ^ 倉田真由美―妻の「離活」を見抜くには 「不安なく暮らす」ための全課題21【18】”. PRESIDENT Online. プレジデント社 (2011年11月23日). 2012年9月25日閲覧。
  6. ^ a b c d みんな受験生だった:第5回 ごみ箱から受験票を救出?! 倉田真由美さん(マンガ家) - 毎日jp (毎日新聞)、2008年1月18日。(2009年2月10日時点のアーカイブ
  7. ^ AERA』2005年4月25日号[要ページ番号]
  8. ^ 少女漫画家志望を狂わせた東京の「だめんず」…漫画家・倉田真由美さん[私の上京物語]:直撃インタビュー:社会特集:スポーツ報知(2009年2月11日時点のアーカイブ
  9. ^ 倉田真由美『だめんず・うぉ〜か〜』 (SPA! comics)
  10. ^ a b 西原理恵子『西原理恵子の人生一年生 2』[要ページ番号]より。
  11. ^ “役員紹介”. 日本催眠術協会. http://www.saimin.co.jp/jha/staff.html 2010年8月25日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei100620.html
  13. ^ https://www.nhk.or.jp/keiei-iinkai/new/keiei120301.html
  14. ^ 「MIYN ( ミユーン ) - MANEGEMENT - 倉田 真由美」MIYN
  15. ^ 民主党 民主党、「候補者選考に関わる有識者会議」を開催し意見受ける[リンク切れ]
  16. ^ 総務省 政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書[リンク切れ]
  17. ^ 本会議投票結果 国家公務員等の任命に関する件「日本放送協会経営委員会委員(叶井真由美君)」 (参議院)、倉田・幸田両氏のNHK経営委員就任、衆院も同意 朝日新聞 2010年5月26日付(2010年5月28日時点のアーカイブ
  18. ^ 特集ワイド:識者が見る、安倍新政権 - 毎日新聞 2012年12月27日 東京夕刊
  19. ^ a b c “人件費水増しで所得隠し 倉田真由美さん社長の会社”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年11月29日). http://www.47news.jp/CN/200611/CN2006112901000633.html 2014年2月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]