中城ふみ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中城 ふみ子(なかじょう ふみこ、1922年11月15日〈戸籍上は25日〉 - 1954年8月3日)は、日本の歌人北海道河西郡帯広町(現、帯広市)出身。本名、野江富美子。妹の野江敦子も歌人。中城は離婚した夫の姓。戦後の代表的な女性歌人の一人で、後進に大きな影響を与えた。

生涯[編集]

現在の帯広市にて、魚屋を営んでいた野江豊作・きくゑ夫妻の長女として生まれた。北海道庁立帯広高等女学校(現北海道帯広三条高等学校)を経て、東京家政学院(現東京家政学院大学)卒業。在学中に池田亀鑑の指導を受けて短歌を始める。1942年、20歳のときに北海道大学工学部卒で国鉄に勤務していた男性と結婚。3男1女を出産する。

しかしふみ子の結婚生活は幸福なものではなく、夫は汚職に関与して高松市の鉄道管理局に転じたほか、女性問題も発生するなど、生活は乱れたものになっていった。その傍らで学生時代以来の短歌を再開し、小田観螢主宰の歌誌「新墾」への投稿を始める。その後子供たちを抱えて帯広へ帰郷し、1951年に夫と協議離婚。東京での就職を志すが、果たせず帰郷する。帰郷間もない1952年乳がんと診断され、左乳房の切除手術を受けた。だがすぐに再発転移していることがわかり、妹の嫁ぎ先である小樽に身を寄せて札幌医科大学附属病院放射線治療を始めた。1953年、『潮音』同人となる。

1954年4月、第1回『短歌研究』50首詠(後の短歌研究新人賞)応募作「冬の花火―ある乳癌患者のうた」が編集者中井英夫に見出され、特選となる。中井の考えにより雑誌発表時は「乳房喪失」と改題され、50首中42首の掲載となった。同年7月1日、川端康成の序文を付けた第一歌集『乳房喪失』を刊行。ふみ子自身はこのタイトルに反発していたが、中井の強い主張に最終的には折れた。『乳房喪失』は歌集としては異例のベストセラーとなる。同年7月29日、病状が悪化し中井英夫が北海道へ飛び見舞う。このときふみ子は中井を待たせて化粧してから面会している。しかし中井が帰京した翌々日、ふみ子は8月3日に病死してしまう。31歳の若さだった。

作品と評価[編集]

作品の主要テーマは恋愛と闘病である。大胆な身体描写、性愛の表現は、当時の歌壇では賛否両論であった。評者の道徳観を押し付けるような作品批判を受ける一方、五島美代子葛原妙子長沢美津ら、『女人短歌』(女性歌人による超結社集団)のメンバーからは擁護された。近年は我が子をテーマにした歌も注目されている。また、表現技法の点では、葛原や森岡貞香からの影響が指摘されている。寺山修司はふみ子の短歌に衝撃を受けて自らも短歌を詠み始め、ふみ子受賞の次回度に短歌研究50首詠を受賞した。

ふみ子の生前に病室を訪れて取材した時事新報記者・若月彰によって、1955年に評伝『乳房よ永遠なれ』が書かれ、10万部が売れるベストセラーになった。同年中に、この評伝を原作とする映画『乳房よ永遠なれ』(日活田中絹代監督、月丘夢路葉山良二主演)が制作、公開され、ふみ子の名は広く知られることになった。

川端康成は小説『眠れる美女』にふみ子の歌を登場させ、渡辺淳一はふみ子をモデルにした小説『冬の花火』を書いている。

著書[編集]

歌集

参考文献[編集]

文献目録

  • 佐々木啓子編 『中城ふみ子総集編』 旭図書刊行センター、2010年、ISBN 4-86111-097-9

伝記・評伝・作品作家論

  • 若月彰 『乳房よ永遠なれ:薄幸の歌人中城ふみ子』 第二書房、1955年
  • 中井英夫 『黒衣の短歌史』 潮出版社、1971年; 東京創元社、2002年、ISBN 4-488-07014-0
  • 小川太郎 『聞かせてよ愛の言葉を:ドキュメント・中城ふみ子』 本阿弥書店、1995年、ISBN 4-89373-083-5
  • 山名康郎 『中城ふみ子の歌:華麗なるエゴイズムの花』 短歌新聞社、2000年、ISBN 4-8039-1020-0
  • 中島美千代 『夭折の歌人中城ふみ子』 勉誠出版、2004年、ISBN 4-585-05318-2
  • 吉原文音 『中城ふみ子:凍土に咲いた薔薇』 日本詩歌句協会、2004年、ISBN 4-89448-478-1
  • 佐方三千枝 『中城ふみ子:そのいのちの歌』 短歌研究社、2010年、ISBN 978-4-86272-194-5

小説

外部リンク[編集]