世界ジュニアチェス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界ジュニアチェス選手権(せかいジュニアチェスせんしゅけん、World Junior Chess Championship)は、国際チェス連盟が主催する20歳未満のチェスプレーヤーが参加するチェスの棋戦である。この棋戦の参加者は選手権が開催される年の1月1日に20歳未満でなければならない。

ウィリアム・リトソン=モリーの発案により、1951年イギリスバーミンガムにおいて初めて開催された。引き続き1973年まで2年に1回開催され、それ以降は毎年開催されるようになった。1982年からは、世界女子ジュニアチェス選手権が開催されている。

歴代世界ジュニアチャンピオンのうちボリス・スパスキーアナトリー・カルポフガルリ・カスパロフヴィスワナータン・アーナンドは後に世界チェス選手権でも優勝し世界チャンピオンとなっている。

歴代世界ジュニアチャンピオン[編集]

歴代世界女子ジュニアチャンピオン[編集]