アメリカ合衆国チェス連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメリカ合衆国チェス連盟(アメリカがっしゅうこくチェスれんめい、United States Chess Federation)は、国際チェス連盟 (FIDE) に加盟している非営利団体で、アメリカ合衆国チェス愛好者によって結成された団体である。主にアメリカ国内のチェスクラブや勉強会の運営、競技会やイロレーティングの管理をしている。チェス関係の記事では「USCF」という略されることが用いられることが多く、この記事でも以下では略称を用いる。

概要[編集]

USCFはアメリカ国内の別地域にあった2団体の合併により1939年に設立された。その後徐々に会員数が増えていたが、1972年ボビー・フィッシャーが世界チャンピオンになったことにより、アメリカではチェスの一大ブームが到来し、会員は一気に1960年代の2倍近くまで増えた。フィッシャーが公式試合に出場しなくなってからは、会員が5万人を下回り、1992年までピーク時の1974年の会員数を上回ることはなかった。2011年現在における過去10年間のUSCF会員数の増加の理由としては、平均寿命の上昇や学校のチェスクラブの増加、コンピュータチェスの普及などが挙げられる。

発行物[編集]

USCFは「世界で最も広く読まれているチェス雑誌」として宣伝されている“Chess Life”と、児童・学生会員のための“Chess Life for Kids”の2つを発行している。会員向けにはPDFでも提供されている。またバックナンバーは非会員でも購入ができる。

他にもチェス用品や書籍の通信販売を行っている。

支部[編集]

USCFはアメリカ国内を管轄する団体ではあるが、州や直轄地、駐留する米軍基地の他にも、USCFの有志らが設立した支部が世界各地に存在し、その国のチェス団体とは独立して活動している。日本国内にも東京(2013年9月解散)と大阪に日本チェス協会から独立したクラブがある。

アメリカ合衆国の市民権を持たない人間がUSCFに加盟すると、FIDEへの登録国籍は「アメリカ合衆国」になるため、国別選手権など本人の国籍が関わる大会の参加はできないが。通常の競技会には自由に参加できる。

会員数[編集]

レイティング[編集]

左に書かれているもの(“Senior Master”など)は、グランドマスターなどの称号とは別に、USCFが目安として定めたカテゴリで、右の数字はイロレーティングである。このカテゴリは競技会のレベル分けに利用されている。

  • Senior Master 2400以上
  • National Master 2200-2399
  • Expert (Candidate Master) 2000-2199
  • Class A 1800-1999
  • Class B 1600-1799
  • Class C 1400-1599
  • Class D 1200-1399
  • Class E 1000-1199
  • Class F 800-999
  • Class G 600-799
  • Class H 400-599
  • Class I 200-399
  • Class J 200以下

著名な会員[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]