世界で最も居住に適した都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界で最も居住に適した都市 とは、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」の観点から行われる調査をもとに作成された「居住に適した都市リスト」に与えられる名称である。マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングによるクオリティ・オブ・リビング調査エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによるクオリティ・オブ・ライフ インデックスがその例である。

マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング[編集]

Mercer's Quality of Living Survey 2009
都市名 国名 数値
1 ウィーン オーストリアの旗 オーストリア 108.6
2 チューリッヒ スイスの旗 スイス 108
3 ジュネーヴ スイスの旗 スイス 107.9
4 バンクーバー カナダの旗 カナダ 107.4
オークランド ニュージーランドの旗 ニュージーランド 107.4
6 デュッセルドルフ ドイツの旗 ドイツ 107.2
7 ミュンヘン ドイツの旗 ドイツ 107
8 フランクフルト ドイツの旗 ドイツ 106.8
9 ベルン スイスの旗 スイス 106.5
10 シドニー オーストラリアの旗 オーストラリア 106.3

詳細はクオリティ・オブ・リビングによる都市順リストを参照

マーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティングによる調査は215の都市を39の指標に基づいて数値を算出している。ニューヨークに基準値100 が与えられ、それと比較する形で他の都市の数値が決定する[1]

このような調査は企業が海外に進出する際にどこにオフィスや工場を設けるかなどの指標として有効である。

2008年度の調査において上位10都市以外ではアメリカ合衆国ホノルルが28位に、シンガポールが28位に、日本東京都が35位に入っている。下位25カ国のうち18都市がアフリカの国であったが、前年と比べると南アジア(主にインド)、東アジア(主に中国)、中東東欧は明らかに評価が改善している。下位5都市はチャドンジャメナ(211位)、スーダンハルツーム(212位)、コンゴブラザヴィル(213位)、中央アフリカバンギ(214位)、 イラクバグダード(215位)である。

なお「個人の安全」という観点からも調査結果を発表しており、上位5都市はルクセンブルクベルンジュネーヴヘルシンキチューリッヒであった。

また「インフラ」の観点では上位5都市はシンガポールミュンヘンコペンハーゲンつくば市横浜市であった。

2007年度の調査ではチューリッヒ(108.0ポイント)、バンクーバーウィーン(107.7ポイント)、オークランド(107.3ポイント)、デュッセルドルフ(107.2ポイント)が上位5都市であった。全体としてはスイスドイツオーストラリアニュージーランドカナダの都市が高い評価を受けている。特にオーストラリアの主要都市はシドニーが9位、メルボルンが17位、パースが21位、アデレードが30位、ブリスベンが31位と目立って評価が高かった。ニュージーランドは首都ウェリントンが12位、最大の都市のオークランドが4位となりカナダからはバンクーバーが4位、トロントが13位、オタワが18位、モントリオールが22位、カルガリーが24位となっている。アメリカ合衆国からはホノルルが27位、サンフランシスコが29位に入った。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット[編集]

The Economist's World's Most
Livable Cities 2010 (Top 10)
都市名 国名 数値
1 バンクーバー カナダの旗 カナダ 98.0
2 ウィーン オーストリアの旗 オーストリア 97.9
3 メルボルン オーストラリアの旗 オーストラリア 97.5
4 トロント カナダの旗 カナダ 97.2
5 カルガリー カナダの旗 カナダ 96.6
6 ヘルシンキ フィンランドの旗 フィンランド 96.2
7 シドニー オーストラリアの旗 オーストラリア 96.1
8 パース オーストラリアの旗 オーストラリア 95.9
アデレード オーストラリアの旗 オーストラリア 95.9
10 オークランド ニュージーランドの旗 ニュージーランド 95.7

詳細はクオリティ・オブ・ライフ インデックスを参照

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの調査によればカナダオーストラリアオーストリアスコットランドフィンランドニュージーランドが高く評価されている。

都市別ではカナダのバンクーバーが最も居住に適しているとされ、オーストリアのウィーン、オーストラリアのメルボルンがそれに続く。また「現在の国際的な政治状況を考慮すればテロリズムの影響を受けにくい都市が高く評価される傾向がある」とも述べいる[2]。 上位10都市の中にオーストラリアからシドニー(7位)、パース(8位)、アデレード(8位)が、カナダからもトロント(4位)やカルガリー(5位)が入っている。2010年度調査ではスイスチューリッヒジュネーヴが上位10都市から外れ、ニュージーランドのオークランドが新たに入った。アメリカ合衆国ではピッツバーグが一番評価が高く[3]、アジアでは日本が、日本では大阪の評価が高い。

なおジンバブエハラレが最下位となり、全体としてアフリカ諸国や南アジアは評価が低い。

モノクル[編集]

Monocle's Most Livable Cities Index 2012
都市名 国名 2011
1 チューリッヒ スイスの旗 スイス (01)
2 ヘルシンキ フィンランドの旗 フィンランド (02)
3 コペンハーゲン デンマークの旗 デンマーク (03)
4 ウィーン オーストリアの旗 オーストリア (04)
5 ミュンヘン ドイツの旗 ドイツ (06)
6 メルボルン オーストラリアの旗 オーストラリア (05)
7 東京都 日本の旗 日本 (09)
8 シドニー オーストラリアの旗 オーストラリア (07)
9 オークランド ニュージーランドの旗 ニュージーランド (13)
10 ストックホルム スウェーデンの旗 スウェーデン (11)

2007年からライフスタイルマガジン「モノクル」(Monocle)も「世界で最も居住に適した都市の指標」を発表している。[4] 2009年は25の都市を挙げている。2007年はドイツミュンヘン、2008年はデンマークコペンハーゲン、2009年はスイスチューリッヒ、2010年はドイツミュンヘンが1位であった。

重要な指標は治安や犯罪である。その他気候や日照、建築物、交通機関、 (文化や宗教への)寛容さ、環境や自然、都市景観、ビジネス環境 、医療などである。

2012年の調査において10位以下は京都市(11位)、福岡市(12位)、香港(13位)、パリ(14位)、シンガポール(15位)、ハンブルク(16位)、ホノルル(17位), ベルリン(18位)、バンクーバー(19位)、マドリード(20位)、バルセロナ(21位)、ポートランド(22位)、サンフランシスコ(23位)、モントリオール(24位)、ジュネーヴ(25位)となっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]