ワシリー・レオンチェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワシリー・レオンチェフ
人物情報
生誕 ワシリー・レオンチェフ
1905年8月5日
ドイツ, ミュンヘン
死没 1999年2月5日(93歳)
ニューヨークシティ, アメリカ
市民権 ソビエト連邦, アメリカ合衆国
国籍 ソビエト連邦, アメリカ合衆国
出身校 フンボルト大学 (Ph.D)
レニングラード大学
(文学士, 経済学修士M.A.)
学問
研究分野 産業連関表, 計量経済学
研究機関 (機関)
ニューヨーク大学
ハーバード大学
博士課程
指導教員
Ladislaus Bortkiewicz
Werner Sombart
博士課程
指導学生
ヴァーノン・スミス
ロバート・ソロー
ポール・サミュエルソン
カレン・ポレンスキー
ハイマン・ミンスキー
Khodadad Farmanfarmaian
主な業績 投入産出分析, レオンチェフのパラドックス
影響を
与えた人物
ジョージ・ダンチッグ, 西川俊作
主な受賞歴 ノーベル経済学賞 (1973年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1973年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:投入産出分析の発展と、重要な経済問題に対する投入産出分析の応用を称えて

ワシリー・ワシーリエヴィチ・レオンチェフロシア語: Василий Васильевич Леонтьев, 英語: Wassily Leontief, 1905年8月5日 - 1999年2月5日)はソビエト連邦出身の経済学者。1つの経済部門の変化が、他の部門にどのような効果をもたらすか、という研究(産業連関分析)で有名である。1973年ノーベル経済学賞を受賞した。

生涯[編集]

  • レオンチェフはソ連のレニングラード(現ロシアサンクトペテルブルク)で、経済学の教授であるワシリー・W・レオンチェフとユダヤ系のユージニアとの間に生まれた。
  • 1920年代のソ連では国外に移動することは難しかったが、彼が肉腫を発症しているとチェーカーから信じられたため、1925年にソ連を離れることを許された。
  • 1932年 レオンチェフは詩人のエステル・マークスと結婚した(彼等のただ一人の子供であるスヴェトラナ・レオンチェフ・アルパースは、1936年生まれ)。
  • 1999年2月5日 アメリカのニューヨークにおいて、93歳で死去。

学歴[編集]

研究歴[編集]

生活[編集]

  • なお、彼は日本の学界・政府・産業界と特に関係が深く、このため1985年日本政府から特別叙勲の栄誉に浴している。環太平洋産業連関分析学会設立の指導にもあたった。

研究[編集]

  • レオンチェフはAbba Ptachya Lernerと同様に、Wilhelm Launhardtsのタームズ・オブ・トレード(交易条件)に対する予測を改良した。
  • レオンチェフは投入-産出分析を発展させ、その手法を彫琢して重要な経済上の問題に適用したことによって、1973年にノーベル経済学賞を受賞した。
  • 投入-産出分析の研究の中で、彼は米国が主に労働集約的に生産された財貨を輸出することを1953年に発見した。これは、資本に富む国である米国が高い資本濃度とともに財貨を輸出することから推論されるヘクシャー=オリーンの定理と矛盾する。これを「レオンチェフのパラドックス」という。
  • レオンチェフ生産関数は、彼にちなんで名づけられた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]