レオニード・ハーヴィッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオニード・ハーヴィッツ
生誕 1917年8月21日
ロシア帝国, モスクワ
死没 2008年6月24日(90歳)
ミネソタ州, ミネアポリス
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
研究機関 (機関)
ミネソタ大学
アイオワ州立大学
研究分野  経済学者
母校 ワルシャワ大学
Graduate Institute of International Studies
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)
影響を
受けた人物
チャリング・クープマンス
ヤコブ・マルシャックコウルズ財団
影響を
与えた人物
ダニエル・マクファデン
青木昌彦
西條辰義
実績 メカニズムデザイン
受賞 アメリカ国家科学賞 (1990年)
ノーベル経済学賞 (2007年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2007年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:メカニズムデザインの理論の基礎を確立した功績を称えて

レオニード・ハーヴィッツ(Leonid Hurwicz, 1917年8月21日 - 2008年6月24日)は、アメリカ経済学者数学者。特にインセンティブ整合性 (Incentive compatibilityメカニズムデザイン(machanism design)についての研究を行った。

メカニズムデザインの理論の基礎を確立した業績により、ロジャー・マイヤーソンエリック・マスキンとともに2007年のノーベル経済学賞を受賞した。

弟子には、青木昌彦西條辰義ダニエル・マクファデン(2000年ノーベル経済学賞受賞)がいる。

経歴[編集]

業績[編集]

研究[編集]

  • ハーヴィッツの興味は、数理経済学、モデリング、および企業の理論であった。これらの分野の彼の論文は1944年に遡る。
  • 1950年代にはケネス・アロー宇沢弘文とともに非線形計画法や数理経済学についての研究を行った。
  • 1970年代には当時の世相であった社会主義と資本主義の対立関係を受け、情報の伝達やメカニズムの研究を世界に先駆けて行った。誘因整合性 (incentive compatibilityという概念は彼が最初に唱えたものである。

ハーヴィッツの基準[編集]

著書[編集]

共著[編集]

共編著[編集]

  • Patents, Invention, and Economic Change: Data and Selected Essays, co-edited with Zvi Griliches, (Harvard University Press, 1972).
  • Studies in Resource Allocation Processes, co-edited with Kenneth J. Arrow, (Cambridge University Press, 1977).
  • Social Goals and Social Organization: Essays in Memory of Elisha Pazner, co-edited with David Schmeidler and Hugo Sonnenschein, (Cambridge University Press, 1985).

論文[編集]

  • Hurwicz, Leonid (1995). "What is the Coase Theorem?," Japan and the World Economy, 7(1), pp. 49-74. doi:10.1016/0922-1425(94)00038-U
  • _____ (1973). The design of mechanisms for resource allocation, American Economic Review, 63, pp. 1-30. JSTOR
  • _____ (1969). "On the Concept and Possibility of Informational Decentralization," Amer. Econ. Rev., 59(2), pp. 513-524. JSTOR
  • _____ (1945). "The Theory of Economic Behavior" Amer. Econ. Rev., 35(5), pp. 909-925. JSTOR

外部リンク[編集]