ロジャー・マイヤーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・マイヤーソン
生誕 1951年3月29日(63歳)
マサチューセッツ州, ボストン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 シカゴ大学
ノースウェスタン大学
研究分野 ゲーム理論
母校 ハーバード大学
影響を
受けた人物
ケネス・アロー
実績 メカニズムデザイン
受賞 ノーベル経済学賞 (2007年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ロジャー・マイヤーソン
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2007年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:メカニズムデザイン理論の基礎を確立した功績を称えて

ロジャー・ブルース・マイヤーソン(Roger Bruce Myerson、1951年3月29日-)はアメリカ合衆国経済学者で、メカニズムデザインの理論的基礎、特に最適オークションの基礎研究を確立した業績により、レオニード・ハーヴィッツエリック・マスキンとともに2007年のノーベル経済学賞を受賞した。

略歴[編集]

名誉および責任[編集]

主要論文[編集]

  • "Graphs and Cooperation in Games," Mathematics of Operations Research 2 (1977), 225-229.
  • "Two-Person Bargaining Problems and Comparable Utility," Econometrica 45 (1977), 1631-1637.
  • "Refinements of the Nash Equilibrium Concept," International Journal of Game Theory 7 (1978), 73-80.
  • "Incentive Compatibility and the Bargaining Problem," Econometrica 47 (1979), 61-73.
  • "Optimal Auction Design," Mathematics of Operations Research 6 (1981), 58-73.
  • "Mechanism Design by an Informed Principal," Econometrica 51 (1983), 1767-1797.
  • "Two-Person Bargaining Problems with Incomplete Information," Econometrica 52 (1984), 461-487.
  • "Bayesian Equilibrium and Incentive Compatibility," in Social Goals and Social Organization, edited by L. Hurwicz, D. Schmeidler, and Hugo Sonnenschein, Cambridge University Press (1985), 229-259.

著書[編集]

  • Game Theory: Analysis of Conflict, Harvard University Press, 1991.
  • Probability Models for Economic Decisions, Duxbury Press, 2005.

外部リンク[編集]