クリストファー・ピサリデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Christopher A. Pissarides
生誕 1948年2月20日(66歳)[1]
キプロスの旗 キプロスニコシア
国籍 キプロスの旗 キプロスイギリスの旗 イギリス[2]
研究機関 LSE (1976年-)
サウサンプトン大学 (1974–76年)
研究分野 労働経済学
母校 エセックス大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
影響を
受けた人物
森嶋通夫
デール・モーテンセン
実績 サーチ・マッチング理論
サーチ理論
マッチング理論
受賞 アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞
IZA労働経済学賞
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2010年
受賞部門:アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞
受賞理由:労働経済におけるサーチ理論に関する功績を称えて

クリストファー・ピサリデス(Christopher Antoniou Pissarides, ギリシア語: Χριστόφορος Αντωνίου Πισσαρίδης; 1948年2月20日[1] - )は、キプロス共和国経済学者である。

キプロス共和国でギリシャ系キプロス人の家庭にて誕生、1973年、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学者の森嶋通夫による指導の下で経済学の博士号を取得した[2]。マクロ経済学が専門であり、特に労働経済学、経済成長理論、経済政策の研究で名高い。

2010年、ピーター・ダイアモンドデール・モーテンセンとともに、労働経済におけるサーチ理論に関する業績を称えられてアルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞を受賞した[3]

来歴[編集]

業績[編集]

  • 主に労働市場とマクロ経済の間に存在する相互作用を研究するため開発したサーチ・マッチング理論における貢献が著名である。彼は、失業から雇用に至るフローにおけるマッチング関数理論の概念を開発および支援その推定に関する実証的研究の先駆者と云える。
  • 最も影響力のある論文は、1994年にレビュー・オフ・エコノミック・スタディズで発表された「雇用創出および雇用喪失における失業理論」である[5]。この論文はその前の20年間においてデール・モーテンセンとピサリデスの両著者による個々の貢献に基づいて構築されていた。この論文に起因したモーテンセン=ピサリデスモデルは、現代マクロ経済学において非常に強い影響を与えてきた。それはなんらかの変動かまたは拡大をもたらし、今日において世界中の至る所で経済学における卒業カリキュラムの核の一部として採用されている。
  • ピサリデスの著書「均衡的失業理論」はマクロ経済学において失業理論における文献として幅広く参照されている。
  • デール・モーテンセンとピサリデスによる共同作業において、内因的な雇用創出および雇用喪失における分析の結果、改定されている。
  • 近年は発展と構造変化に関する研究を行っている。

受賞および名誉[編集]

著書[編集]

  • 1979. "Job Matchings with State Employment Agencies and Random Search", Economic Journal 89(356), pp. 818–33.
  • "Short-Run Equilibrium Dynamics of Unemployment Vacancies, and Real Wages," American Economic Review, (1985) 75(4), pp. 676–90.
  • 1986. "Unemployment and Vacancies in Britain." Economic Policy, 1(3), p p. 499–559.
  • 1994. "Job Creation and Job Destruction in the Theory of Unemployment" (with Dale Mortensen), Review of Economic Studies 61(3), pp. 397–415.
  • 2000. Equilibrium Unemployment Theory, second edition, Cambridge, MA: MIT Press. Description and chapter-preview links.
  • "Structural Change in a Multi-Sector Model of Growth" (with L. Rachel Ngai), American Economic Review, forthcoming.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Prof Christopher Pissarides at debretts.com
  2. ^ a b c d e f LSE - Christopher A. Pissarides - CV (PDF)”. 2010年10月11日閲覧。
  3. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2010 Peter A. Diamond, Dale T. Mortensen, Christopher A. Pissarides, official web site
  4. ^ Christopher A. Pissarides - Biographical”. Nobelprize.org. 2010年10月11日閲覧。
  5. ^ Dale T. Mortensen and Christopher A. Pissarides, 1994. "Job Creation and Job Destruction in the Theory of Unemployment," Review of Economic Studies, 61(3), pp. 397–415 (press +).
  6. ^ IZA (2010年8月12日). “Prize”. IZA. 2010年10月11日閲覧。
  7. ^ a b The Prize in Economic Sciences 2010”. Nobelprize.org. 2010年10月11日閲覧。
  8. ^ “3 Share Nobel Economics Prize for Market Analysis”. New York Times. (2010年10月12日). http://www.nytimes.com/2010/10/12/business/economy/12nobel.html?_r=1 2010年10月12日閲覧。 

外部リンク[編集]