エリック・マスキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・マスキン
生誕 1950年12月12日(63歳)
ニューヨーク州 ニューヨークシティ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 (機関)
ハーバード大学
プリンストン高等研究所
マサチューセッツ工科大学
プリンストン大学
ケンブリッジ大学
研究分野 ゲーム理論
母校 ハーバード大学
影響を
与えた人物
Mathias Dewatripont原千秋
実績 メカニズムデザイン
受賞 ノーベル経済学賞 (2007年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2007年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:メカニズムデザインの理論の基礎を確立した功績を称えて

エリック・スターク・マスキン(Eric Stark Maskin、1950年12月12日 - )は、アメリカ合衆国経済学者メカニズムデザインの理論の基礎を確立した功績により、レオニード・ハーヴィッツロジャー・マイヤーソンとともに2007年のノーベル経済学賞を受賞した。

略歴[編集]

名誉・受賞[編集]

主要業績[編集]

ソフトウェア特許[編集]

  • マスキンは、ソフトウェア特許は開発の意欲を刺激するプラスの面よりも革新を阻害するマイナスの面の方が大きいと主張している。彼は、ソフトウェア、半導体コンピュータなどの業界は、歴史的に特許による保護が弱くても革新的に発展してきたと述べている。この業界の革新的な成果は互いに補い合う性質のもので、競争は将来の収益を減らすだけであり、このような動的な業界においては「特許による保護は全体的な革新力を弱め、公共の利益に合わない」と断じている。

主な論文[編集]

  • The Folk Theorem in Repeated Games with Discounting or with Incomplete Information (with D. Fudenberg), Econometrica (1986)
  • Credit and Efficiency in Centralized and Decentralized Economies (with M. Dewatripon), Review of Economic Studies (1995)

外部リンク[編集]