デール・ジョルゲンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 デール・W・ジョルゲンソン
経済学
生誕 1933年5月7日(81歳)
モンタナ州,ボーズマン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
研究機関 ハーバード大学ケネディスクール
(1969-)
研究分野 政治経済学計量経済学
母校 ハーバード大学 (Ph.D., 1959)
リード・カレッジ (B.A., 1955)
影響を
受けた人物
ワシリー・レオンチェフ
影響を
与えた人物
チャールズ・ユウジ・ホリオカ
林文夫
Lawrence Lau
黒田昌裕
実績 ジョルゲンソンの投資理論
トランスログ型生産(費用)関数
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞(1971年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

デール・W・ジョルゲンソン(Dale Weldeau Jorgenson、1933年5月7日 - )はアメリカ経済学者ハーバード大学教授。

計量経済学における貢献に加え、資本コスト投資生産性の分析、経済成長理論の実証分析、国民経済計算の分野で貢献がある。黒田昌裕西水美恵子をはじめ複数の日本経済学者と共著論文がある。

経歴[編集]

Econometric Society会長、アメリカ経済学会会長を歴任。米国科学アカデミーの科学、技術、経済政策(STEP)部門の創設メンバーで、1998年以降委員長を務めた。近年では、ITイノベーション生産性の関係や炭素税地球温暖化の関係などの実証分析を活発に行っている。

著書[編集]

  • “A Dual Stability Theorem,” 1960, Econometrica
  • “Stability of a Dynamic Input-Output System,” 1961, Review of Economic Studies (RES)
  • “The Structure of Multi-Sector Dynamic Models,” 1961, International Economic Review (IER)
  • “Capital Theory and Investment Behavior,” 1963, American Economic Review (AER)
  • “The Embodiment Hypothesis,” 1966, Journal of Political Economy (JPE)
  • “Rational Distributed Lag Functions,” 1966, Econometrica
  • “The Time Structure of Investment Behavior in United States Manufacturing, 1947-1960,” with J. Stephenson, 1967, Review of Economics and Statistics
  • “Investment Behavior in United States Manufacturing, 1947-1960,” with J. Stephenson, 1967, Econometrica
  • “The Explanation of Productivity Change,” with Z. Griliches, 1967, RES
  • “Tax Policy and Investment Behavior,” with R.E. Hall, 1967, AER
  • “A Comparison of Alternative Theories of Corporate Investment Behavior,” with C. Siebert, 1968, AER
  • “Optimal Capital Accumulation and Coroporate Investment Behavior,” with C. Siebert, 1968, JPE
  • “Anticipations and Investment Behavior in U. S. Manufacturing, 1947-1960,” with J. Stephenson, 1969, Journal of the American Statistical Association doi:10.1080/01621459.1969.10500955
  • “A Comparison of Alternative Econometric Models of Corporate Investment Behavior,” with J. Hunter and M.I. Nadiri, 1970, Econometrica
  • “The Predictive Performance of Econometric Models of Quarterly Behavior,” with J. Hunter and M.I. Nadiri, 1970, Econometrica
  • “Transcendental Logarithmic Utility Functions,” with L. R. Christensen and L. J. Lau, 1975, AER
  • “Energy Policy and U.S. Economic Growth,” 1978, AER
  • “Productivity and Economic Growth in Japan and the U.S.,” 1988, AER
  • “Aggregate Consumer Behavior and the Measurement of Social Welfare,” 1990, Econometrica
  • “International Comparisons of the Sources of Economic Growth,” with C. Dougherty, 1996, AER
  • “Information Technology and Growth,” with K. J. Stiroh, 1999, AER
  • “Information Technology and the U.S. Economy,” 2001, AER

など[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dale W. Jorgenson, 1933-

外部リンク[編集]