フランク・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ハーン
 経済学者
生誕 1925年4月26日
ベルリン
死没 2013年1月29日(87歳)
ケンブリッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究機関 バーミンガム大学
ケンブリッジ大学
LSE
研究分野 一般均衡理論
貨幣理論
母校 LSE
影響を
受けた人物
 
実績 一般均衡理論, マネタリズム, 貨幣理論, ケインズ経済学, "ハーンの問題"
テンプレートを表示

フランク・ハーン(Frank Horace Hahn、1925年4月26日 - 2013年1月29日)は、ドイツベルリンで生まれ、イギリスで活躍した経済学者である。専門は一般均衡理論、貨幣理論である。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)でPh.D.を取った後、バーミンガム大学数理経済学を教え始めた。その後、ケンブリッジ大学講師、LSE教授、再びケンブリッジ大学教授と教えて、1992年にはケンブリッジ大学の名誉教授となった。1990年から1996年の間には、イタリアシエナ大学教授として博士号の指導者となった。

略歴[編集]

業績[編集]

  • フランク・ハーンは、一般均衡理論のスペシャリストである。
  • 一般均衡論の理論家の大半は、他の経済学者を読者に想定して執筆し、一般均衡論が何故重要であるかの説明にはあまり時間をかけない。しかし、ハーンは、ケンブリッジ大学での教授就任講演をまとめた『経済学における均衡の概念』(1973年)や、K・J・アローと共同執筆した上級書『一般均衡分析』(1971年)の読み易い第1章でもわかるように、一般均衡論の意義を繰り返し学生相手に説明しようと苦労してきた。彼の中心となる論点の一つは、経済学者たちの二百年来の主張を正確なものとするのは一般均衡論だけである、というものであった。
  • 『貨幣とインフレーション』(1982年)の中で、彼はマネタリズムに対し正面攻撃をかけ、それが一般均衡論と両立することはないと主張している[1]

著作[編集]

邦訳[編集]

原書[編集]

  • "The Share of Wages in the Trade Cycle", Economic Journal, vol 60 (1950).
  • "The Share of Wages in National Income", Oxford Economic Papers vol. 3 #2 (1951).
  • "The Rate of Interest in General Equilibrium Analysis", Economic Journal (1955).
  • "Gross Substitutes and the Dynamic Stability of General Equilibrium", Econometrica vol 26 (1958) pp 169–70.
  • "The Patinkin Controversy", Review of Economic Studies vol. 19 (1960).
  • "The Stability of Growth Equilibrium", Quarterly Journal of Economics vol. 74, pp 206–26 (1960).
  • "Money, Dynamic Stability and Growth", Metroeconomica vol. 13 #11 (August 1961).
  • "A Stable Adjustment Process for a Competitive Economy", Review of Economic Studies vol 39 pp 62–5 (1962).
  • "A Theorem on Non-Tatonnement Stability" with T.Negishi, Econometrica vol. 30 #3 (1962).
  • "On the Stability of a Pure Exchange Equilibrium", International Economic Review, vol. 3 (May, 1962), 206-13.
  • "The Stability of the Cournot Oligopoly Solution", Review of Economic Studies vol. 29 pp 329–33 (1962).
  • "On the Disequilibrium Behavior of a Multi-Sectoral Growth Model", Economic Journal (1963)
  • "The Theory of Economic Growth: A survey", with R.C.O.Matthews (1964), Economic Journal vol 74 pp 779–902 (1964).
  • "On Some Problems of Proving the Existence of an Equilibrium in a Monetary Economy" in Theory of Interest Rates (1965), edited by Hahn and Brechling.
  • "Equilibrium Dynamics with Heterogeneous Capital Goods" Quarterly Journal of Economics vol. 80 (1966) pp 633–46.
  • "On Warranted Growth Paths", Review of Economic Studies, vol. 35, pp 175–84 (1968).
  • "On Money and Growth", Journal of Money, Credit and Banking vol. 1 #2 (1969).
  • "Some Adjustment Problems", Econometrica vol. 38 #1 (January 1970).
  • General Competitive Analysis (1971), with K.J. Arrow.
  • "Equilibrium with Transactions Costs", Econometrica vol. 39 #3 (1971).
  • "The Winter of Our Discontent", Economica (1973).
  • "On Some Equilibrium Growth Paths" in Models of Economic Growth (1973), edited by Mirrlees and Stern.
  • "On Transactions Costs, Inessential Sequence Economics and Money", Review of Economic Studies vol. 40 #4 (October 1973).
  • On the Notion of Equilibrium in Economics (1974).
  • "Revival of Political Economy: The wrong issues and the wrong arguments", Economic Record vol. 51 pp 360–4 (1975).
  • "Keynesian Economics and General Equilibrium Theory: Reflections on some current debates" in Microeconomic Foundations of Macroeconomics (1977), edited by Harcourt.
  • "Monetarism and Economic Theory", Economica Vol. 47 #185 (1980).
  • "General Equilibrium Theory" in Crisis in Economic Theory (1981) edited by Bell and Kristol.
  • Money and Inflation (1982).
  • "Reflections on the Invisible Hand", Lloyd's Bank Review, April 1982.
  • "The Neo-Ricardians", Cambridge Journal of Economics (1982).
  • "Stability" in Handbook of Mathematical Econonomics (1982), edited by Arrow and Intriligator.
  • Equilibrium and Macroeconomics (1984).
  • Money, Growth and Stability (1985).
  • "Liquidity" in Handbook of Monetary Economics (1988), edited by Friedman and Hahn.
  • Critical Essay on Modern Macroeconomic Theory (1995) with R.M. Solow.
  • "A Remark on Incomplete Market Equilibrium" in Markets, Information and Uncertainty (1999), edited by Chichilnisky.
  • "Notes on Sequence Economies, Transaction Costs and Uncertainty", with K.J. Arrow Journal of Economic Theory vol. 86 #2 (1999).

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ケインズ以後の100大経済学者』同文館、p93