クリストファー・シムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストファー・シムズ
生誕 1942年10月21日(71歳)
ワシントンDC
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 プリンストン大学
研究分野 マクロ経済学
計量経済学
時系列分析
母校

ハーバード大学 (A.B, PhD)

カリフォルニア大学バークレー校[1]
論敵 構造方程式モデリング
実績 多変量自己回帰モデルの利用
受賞 ノーベル経済学賞 (2011)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2011年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:マクロ経済の原因と結果をめぐる実証的な研究に関する功績を称えて

クリストファー・シムズ(Christopher Albert Sims、1942年10月21日-)は、ワシントンD.C.で生まれたアメリカ経済学者である。
主にプリンストン大学で教え、専攻は計量経済学マクロ経済学である。2011年にトーマス・サージェントと共にノーベル経済学賞を得た。

略歴[編集]

業績[編集]

  • 計量経済学と、マクロ経済理論および政策に多くの論文を書いている。とくに、経験的マクロ経済学における多変量自己回帰モデルの使用奨励者であった。
  • 彼は、ベイジアン計量経済学も主導した。これは、経済政策を定式化し、評価する場合に役だったと言える。
  • シムズは、中央銀行通貨政策に因果関係の方向を評価する技術を提供したと述べた。彼は、マネーサプライをシフトさせるミルトン・フリードマンのようなマネタリストの理論が、インフレに影響を与えることを確認した。しかしながら、因果関係が両方の方法ではたらくことを示した。金利とインフレのような変数もまた、マネーサプライの変化へと導いた。

ノーベル経済学賞[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Christopher A. Sims Curriculum Vitae” (2008年12月23日). 2011年10月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]