エドワード・プレスコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・プレスコット
ニュー古典派経済学
生誕 1940年12月26日(73歳)
ニューヨーク州グレンズフォールズ
国籍  アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 アリゾナ州立大学
カーネギーメロン大学
ミネアポリス連邦準備銀行
ノースウェスタン大学
ミネソタ大学
ペンシルヴァニア大学
カリフォルニア大学サンタバーバラ校
シカゴ大学
母校 スワースモア・カレッジ
ケース・ウェスタン・リザーブ大学
カーネギーメロン大学
影響を
受けた人物
ミカエル・ロヴェル
ジョン・ミュース
影響を
与えた人物
コスタス・アザリアディス
エドワード・グリーン
ゲーリー・ハンセン
フィン・キドランド
Rajnish Mehra
José Víctor Ríos Rull
V. V. チャリ
実績 リアルビジネスサイクル理論
経済政策の時間整合性
受賞 ノーベル経済学賞 (2004)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2004年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:動学的不整合性の指摘と、リアルビジネスサイクル理論の開拓を称えて

エドワード・クリスチャン・プレスコットEdward Christian Prescott 1940年12月26日 - )は、アメリカ合衆国経済学者ニューヨーク州グレンズフォールズ生まれ。現在はミネアポリス連邦準備銀行に籍を置く経済学者、且つアリゾナ州立大学W.P.ケアイ商業学部教授である。
動的マクロ経済学への「経済政策の時間的整合性及び、ビジネスサイクルの背後にある推進力」なる貢献により2004年アルフレッド・ノーベル記念経済学スウェーデン国立銀行賞フィン・キドランドと共同受賞した。この研究はキドランドとプレスコットの二人がカーネギーメロン大学テッパー・スクール・オブ・ビジネスで友誼を深めた時分に主になされたものである。

略歴[編集]

業績[編集]

  • とりわけビジネスサイクル理論と一般均衡理論によりマクロ経済学界の重鎮である。
  • 1977年のフィン・キドランドとの共著、『裁量ではなく規則――最適計画の非整合性』("Rules Rather Than Discretion: The Inconsistency of Optimal Plans")の中で彼は、中央銀行は数字で定められた厳格な目標を持つべきか、それとも金融政策の設定に自由裁量が許されるべきかに就いて分析を行っている。
  • 又、時系列の中の変動を均すために使われたホドリック=プレスコット・フィルターでもよくその名を残している。


受賞・栄誉[編集]

著作[編集]

共著[編集]

  • Barriers to Riches, with S. L. Parente, MIT Press, 2000.
  • Recursive Methods in Economic Dynamics, N. L. Stokey and R. E. Lucas, Jr., with the collaboration of E. C. Prescott, Harvard University Press, 1989.

共編著[編集]

  • Contributions in Economic Theory: Symposium in the honor of C. D. Aliprantis, co-edited with Nicholas C. Yannelis and Bernard Cornet, Journal of Mathematical Economics, 2008.
  • Great Depressions of the Twentieth Century, co-edited with T. J. Kehoe, Federal Reserve Bank of Minneapolis, 2007.
  • “Great Depressions of the 20th Century,” co-edited with T. J. Kehoe, Review of Economic Dynamics 5, January 2002. [Revised and expanded version published as Great Depressions of the Twentieth Century, co-edited with T. J. Kehoe, Federal Reserve Bank of Minneapolis, 2007.]
  • Applied General Equilibrium Symposium issue, co-edited with T. J. Kehoe, Economic Theory 6, February 1995.
  • Contractual Arrangements for Intertemporal Trade, co-edited with N. Wallace, University of Minnesota Press, 1987.

論文[編集]

  • "Investment Under Uncertainty", with R.E. Lucas, 1971, Econometrica
  • "The Multi-Period Control Problem Under Uncertainty", 1972, Econometrica
  • "Equilibrium Search and Unemployment", with R.E. Lucas, 1974, JET
  • "Rules Rather than Discretion: the inconsistency of optimal plans", with F.E. Kydland, 1977, JPE
  • "Dynamic Optimal Taxation, Rational Expectations and Optimal Control", with F.E. Kydland, 1980, JPE
  • "Time to Build and Aggregate Fluctuations", 1982, Econometrica
  • "General Competitive Equilibria Analysis in an Economy with Private Information", with R.M. Townsend, 1984, IER
  • "Pareto Optima and Competitive Equilibria with Adverse Selection and Moral Hazard", with R.M. Townsend, 1984, Econometrica
  • "The Equity Premium Puzzle: A puzzle", with R. Mehra, 1985, JME
  • "Theory Ahead of Business Cycle Measurement", 1986, FRB Minneapolis QR

外部リンク[編集]