オリバー・ウィリアムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリバー・ウィリアムソン
新制度経済学
生誕 1932年9月27日(81歳)
ウィスコンシン州, スペリオル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 (機関)
カリフォルニア大学バークレー校
イェール大学
ペンシルヴァニア大学
研究分野 ミクロ経済学
母校 カーネギーメロン大学 (Ph.D. 1963年)
スタンフォード大学 (M.B.A. 1960年)
マサチューセッツ工科大学MIT(B.S. 1955年)
影響を
受けた人物
チェスター・バーナード
ロナルド・コース
Richard Cyert
イアン・ロダリック・マクネイル
ハーバート・サイモン
影響を
与えた人物
ポール・ジョスコウ
受賞 ジョン・フォン・ノイマン賞 (1999年)
ノーベル経済学賞 (2009年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:2009年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:企業組織が紛争を解決する構造として働くという理論を発展させたこと

オリヴァー・イートン・ウィリアムソン(Oliver Eaton Williamson, 1932年9月27日 - )は、ウィスコンシン州スペリオル生まれのアメリカ合衆国経済学者である。
取引費用経済学の権威であり、2009年、(エリノア・オストロムとともに)ノーベル経済学賞を受賞した。

経歴[編集]

栄誉・受賞[編集]

貢献[編集]

  • これまで新古典派経済学では完全合理的に効用を最大化する人間が仮定されてきたが、ウィリアムソンは人間は限定合理的であり、機会主義的な性格をもつものと仮定した。
  • そして、このような人間が市場で知らない人々と取引する場合、相互に駆け引きが起こり、多大な取引上の無駄が発生することになる。この取引上の無駄のことを「取引コスト」と呼ぶ。オリバー・ウィリアムソンは、ロナルド・コースとともに取引費用に関する分析を行ってきた。
  • 取引コストを節約するために組織が形成され、取引コスト節約原理にもとづいてさまざまな組織のデザインも説明できる。また、取引コストが発生するために個別合理性と全体合理性が一致しないことも生じるが、一致させるためには多くの利害関係者と交渉取引する必要があり、膨大な取引コストが発生するので一致しないと説明できる。
  • ウィリアムソンは1980年代から1990年代に、公的と私的の境界について議論した。彼は、市場と非市場の意思決定の同等と相違、管理、およびサービス提供に対して注意を引いた。

著書[編集]

単著[編集]

  • The Economics of Discretionary Behavior: Managerial Objectives in a Theory of the Firm, (Prentice-Hall, 1964).
井上薫訳『裁量的行動の経済学――企業理論における経営者目標』(千倉書房, 1982年)
  • Corporate Control and Business Behavior: An Inquiry into the Effects of Organization Form on Enterprise Behavior, (Prentice Hall, 1970).
岡本康雄高宮誠訳『現代企業の組織革新と企業行動』(丸善, 1975年)
  • Markets and Hierarchies, Analysis and Antitrust Implications: A Study in the Economics of Internal Organization, (Free Press, 1975).ISBN 0-02-935360-2
浅沼萬里岩崎晃訳『市場と企業組織』(日本評論社, 1980年)
  • The Economic Institutions of Capitalism: Firms, Markets, Relational Contracting, (Free Press, 1985).ISBN 0-02-934821-8
  • Economic Organization: Firms, Markets, and Policy Control, (New York University Press, 1986).
井上薫・中田善啓監訳『エコノミック・オーガニゼーション――取引コストパラダイムの展開』(晃洋書房, 1989年)
  • Antitrust Economics: Mergers, Contracting, and Strategic Behavior, (Blackwell, 1987).
  • The Mechanisms of Governance, (Oxford University Press, 1996).ISBN 0-19-513260-2

編著[編集]

  • Antitrust Law and Economics, (Dame Publications, 1980).
  • The International Library of Critical Writings in Economics, vol. 9: Industrial Organization, (E. Elgar, 1990).
  • Organization Theory: from Chester Barnard to the Present and Beyond, (Oxford University Press, 1990, expanded ed., 1995).
飯野春樹監訳『現代組織論とバーナード』(文眞堂, 1997年)

共編著[編集]

  • Prices: Issues in Theory, Practice and Public Policy, co-edited with Almarin Phillips, (University of Pennsylvania Press, 1967).
  • The Firm as a Nexus of Treaties, co-edited with Masahiko Aoki and Bo Gustafsson, (Sage, 1990).
  • The Nature of the Firm: Origins, Evolution, and Development, co-edited with Sidney G. Winter, (Oxford University Press, 1991).ISBN 0-19-508356-3
  • Transaction Cost Economics, 2 vols., co-edited with Scott E. Masten, (E. Elgar, 1995).
  • The Economics of Transaction Costs, co-edited with Scott E. Masten, (E. Elgar, 1999).

関連項目[編集]