Econometric Society

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Econometric Society(計量経済学会)は、計量経済学統計学数学に関して、経済理論の向上を図るために設立された国際的学会である。1930年12月29日に発足した。

設立[編集]

1930年12月、経済学者アーヴィング・フィッシャーノーベル経済学賞受賞者ラグナル・フリッシュによって設立された。アーヴィング・フィッシャーが初代会長を務めた。設立時の会員は以下の通り。

刊行雑誌[編集]

1933年より刊行しているEconometricaは、理論経済学計量経済学におけるもっとも重要な専門誌の一つである。

終身特別会員制度[編集]

一般会員のほかに投票による終身特別会員制度(Fellow of the Econometric Society)がある。この学会の終身特別会員に選ばれることは大変名誉なことである。ノーベル経済学賞受賞者のほとんどが終身特別会員である。ただし著名な研究業績を残している経済学者であっても、応用経済学者は比較的選ばれにくい傾向がある。

日本人による貢献[編集]

2009年12月現在、日本人として1年任期の会長を経験したのは以下の3人。

また、2009年12月現在、日本人の存命中の終身特別会員は以下のとおり。

日本人の終身特別会員には日本経済学会の会長経験者、日本経済学会・中原賞受賞者が多く含まれていることがわかる。

参考項目[編集]

外部リンク[編集]