ウィリアム・ノードハウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ノードハウス
生誕 1941年5月31日(73歳)
ニューメキシコ州, アルバカーキ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 (機関)
イェール大学
研究分野 経済学環境経済学気候変動問題
母校 イェール大学 (B.A., M.A.)
マサチューセッツ工科大学 (Ph.D.)
影響を
受けた人物
ポール・サミュエルソン
テンプレートを表示

ウィリアム・ノードハウス(William Dawbney Nordhaus、1941年5月31日 - )は、ニューメキシコ州アルバカーキ生まれのアメリカ経済学者である。イェール大学教授で、専門は経済学賃金価格生産性など)、景気循環論、保健経済学、環境経済学気候変動問題地球温暖化問題などである。

略歴[編集]

  • 1941年 ニューメキシコ州アルバカーキで生まれる。
  • 1962年 Institut d'Etudes Politiques(パリ)からCertificatを得る。
  • 1963年 イェール大学を卒業する(B.A.)。
  • 1967年 マサチューセッツ工科大学MIT)からPh.D.を得る。
  • 1967年~1970年 イェール大学経済学部の助教授となる。
  • 1970年~1973年 イェール大学経済学部の准教授となる。
  • 1973年 イェール大学からM.A.を得る。
  • 1973年 イェール大学経済学部の教授となる。
  • 1977年~1979年 カーター大統領大統領経済諮問委員会の委員となる。
  • 1979年~1991年 イェール大学の教授(John Musser Professor of Economics)となる。
  • 1986年~1988年 イェール大学の学長となる。
  • 1991年~2001年 イェール大学の教授(A. Whitney Griswold Professor of Economics)となる。
  • 2001年~現在 イェール大学の教授(Sterling Professor of Economics)となる。
  • 現在、妻バーバラとコネチカット州ニューヘイヴンに住む。

栄誉・受賞[編集]

主な業績[編集]

  • 彼は、有名な教科書であるポール・サミュエルソン経済学の共著者である。現在、19版で、少なくとも17国語に翻訳されている。
  • ジェームス・トービンと共著のIs Growth Obsolete?(1972年)を書いた。
  • 気候変動の経済学に対する貢献
    • ノードハウスは、開発した気候変動モデルのもと管理されない生態系にかなり依存する経済のセクター、すなわち自然に生じる雨量、表面流去、温度にかなり依存する経済のセクターは、気候変動にもっとも敏感であると、述べている。農業林業、野外リクレーション、および海岸の活動はこのカテゴリーに入る。ノードハウスは、気候変動の潜在的大災害の影響を本気に取り上げている。
  • 最近の気候変動の経済モデルを書いているA Question of Balance(Yale University Press, 2008年)は、Choice誌によって2008年の「傑出した学問的タイトル」として選ばれた。  

著作[編集]

日本語訳[編集]

原書[編集]

  • Invention, Growth and Welfare: A Theoretical Treatment of Technological Change. M.I.T. Press, 1969.
  • Is Growth Obsolete? with James Tobin in Economic Growth, N.B.E.R. 1972; also published in Income and Wealth, Volume 38, Publisher N.B.E.R., New York, 1973, click here for first part and click here for details.
  • International Studies in the Demand for Energy, editor, with contributions, North-Holland Publishing Company, 1977. Also published as William D. Nordhaus, ed., Proceedings of the Workshop on Energy Demand, IIASA Collaborative Paper CP-76-001, January 1976.
  • Industrial Pricing in the United Kingdom , with Wynne Godley and Kenneth Coutts, Cambridge University Press,1978.
  • The Efficient Use of Energy Resources , Yale University Press, 1979.
  • Reforming Federal Regulation, with Robert E. Litan, Yale University Press, 1983.
  • ECONOMICS, with Paul A. Samuelson, Twelfth Edition, McGraw-Hill, 1985; Thirteenth Edition, 1989; Fourteenth Edition, 1992; Fifteenth Edition, 1995; Sixteenth Edition, 1998; Seventeenth Edition, 2001; Eighteenth Edition, 2005; Nineteenth Edition, 2009. Foreign English-language editions in Canada, Australian, and Britain. Foreign translations in Armenian, Chinese, Croatian, Czech, German, Greek, Hungarian, Indonesian, Italian, Japanese, Kazak, Portuguese, Russian, Slovak, Slovenian, Spanish, and Vietnamese.
  • The Share Economy: A Symposium , editor, with Andrew John, published by The Journal of Comparative Economics , vol. 10, 1986.
  • Toward a New Iron Age? A Study of Patterns of Resource Exhaustion, with Robert B. Gordon, Tjalling C. Koopmans, and Brian J. Skinner, Harvard University Press, 1988.
  • Money, Macroeconomics, and Economic Policy: Essays in Honor of James Tobin, editor with William C. Brainard and Harold W. Watts, MIT Press, Cambridge, Massachusetts, 1991.
  • Costs, Impacts, and Benefits of CO2 Mitigation , Y. Kaya, N. Nakicenovic, W. Nordhaus, and F. Toth, eds., IIASA, CP-93-002, 1993.
  • Managing the Global Commons: The Economics of Climate Change, MIT Press, Cambridge, MA., 1994.
  • Integrative Assessment of Mitigation, Impacts, and Adaptation to Climate Change, N. Nakicenovic, W. Nordhaus, R. Richels, and F. Toth, eds., IIASA, CP-94-009, 1994 also published as a special issue of Energy Policy, vol. 23, No. 4/5, April 1995.
  • Climate Change: Integrating Science, Economics, and Policy, N. Nakicenovic, W. Nordhaus, R. Richels, and F. Toth, eds., IIASA, CP-96-1, 1996.
  • The Swedish Nuclear Dilemma: Energy and the Environment, Resources for the Future, Washington, D.C., 1997. (Also published in Swedish as Körnkraft och Miljö - ett Svenskt Dilemma, SNS Förlag, Stockholm, 1996.)
  • Economic and Policy Issues in Climate Change, editor, with contribution, Resources for the Future Press, Washington, 1998.
  • Nature's Numbers: Expanding the National Economic Accounts to Include the Environment, Report of the Panel on Integrated Environmental and Economic Accounting, edited, with Edward Kokkelenberg, National Academy Press, 1999.
  • Warming the World: Economic Modeling of Global Warming, with Joseph Boyer, MIT Press, Cambridge, Mass., Summer 2000.
  • Induced Innovation and Climate Change: Collected Essays, ed. with Nebojsa Nakicenovic and Arnulf Gruebler, Resources for the Future Press, 2002.
  • Architecture for the National Accounts, eds., Dale Jorgenson, J. Steven Landefeld, and William Nordhaus, Chicago University Press, 2006.
  • A Question of Balance: Weighing the Options on Global Warming Policies, Yale University Press, New Haven, CT, 2008. A copy of the prepublication version is available, click here.
  • Technological Change to Promote a Low Carbon Economy, Ed. with Nebojsa Nakicenovic, Energy Economics, Special Issue, forthcoming, 2011.