全米経済研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

全米経済研究所National Bureau of Economic Reasearch, 略称NBER)は、1920年創立の非営利的な無党派の民間研究組織である。経済学における実証分析の研究に特化した組織で、 特にアメリカ経済の研究を専門としている。米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本拠を構え、カリフォルニア州パロアルトニューヨーク市に支社がある。 アメリカで最大の経済学の研究組織で、アメリカ人のノーベル経済学賞受賞者35人中20人が本研究所の関係者である。また過去米国大統領経済諮問委員会委員長の内、12人もそうである(前NBER所長の マーティン・フェルドシュタイン を含む)。全米中の大学で教鞭をとる1000人を超える教授陣が本研究所の研究員であり、各分野の代表的な研究者である。現所長はマサチューセッツ工科大学教授 James Poterba 。米国の景気動向の転換点を判定する組織でもある。2010年9月には米経済は2009年6月にリセッション(景気後退)を脱却したとの判断を下した。


著名な研究員[編集]

ノーベル経済学賞受賞者[編集]

米国大統領経済諮問委員会委員長[編集]

その他[編集]

外部リンク[編集]