スティーヴン・レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーヴン・レヴィット
シカゴ学派
生誕 1967年5月29日(47歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 シカゴ大学
研究分野 社会経済学
母校 ハーバード大学 (B.A.)
マサチューセッツ工科大学(MIT) (Ph.D.)
影響を
受けた人物
ゲーリー・ベッカー
ジェームズ・ヘックマン
影響を
与えた人物
Roland Fryer
Jesse Shapiro
実績 ヤバい経済学, 超ヤバい経済学
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞 (2003年)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

スティーヴン・デヴィッド・レヴィットSteven David Levitt, 1967年5月29日 - )は、アメリカ合衆国経済学者
犯罪の分野、特に合法的な中絶と犯罪率の間の関連についての業績で知られている。

略歴[編集]

  • 1967年 生まれる。
  • St.Paul Academy and Summit Schoolに通う。
  • 1989年 ハーバード大学で経済学学士号を取得し卒業する(BA、Summa Cum Laude)。
  • 1989年~1991年 Corporate Decisions, Inc.で働く。
  • 1994年 MIT経済学Ph.Dを取得する。
  • 1994年~1997年 Harvard Society of Fellowsのジュニア・フェローとなる。
  • 1997年~1998年 シカゴ大学経済学部の助教授となる。
  • 1998年~1999年 シカゴ大学経済学部の准教授となる。
  • 1999年~2002年 シカゴ大学経済学部の教授となる。
  • 2002年~現在 シカゴ大学経済学部の教授(Alvin H. Baum Professor)となる。

栄誉・受賞・活動[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • Superfreakonomics: global cooling, patriotic prostitutes, and why suicide bombers should buy life insurance, Steven D. Levitt & Stephen J. Dubner, William Morrow, 2009.
  • Freakonomics: a rogue economist explores the hidden side of everything, Steven D. Levitt and Stephen J. Dubner, William Morrow, 2005.
    • 『ヤバい経済学――悪ガキ教授が世の裏側を探検する』、スティーヴン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー著、望月衛訳、東洋経済新報社、2006年。ISBN 978-4492313657
    • 『ヤバい経済学――悪ガキ教授が世の裏側を探検する [増補改訂版] 』、スティーヴン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー著、望月衛訳、東洋経済新報社、2007年。ISBN 978-4492313787

編著[編集]

  • Economics of criminal law, edited by Steven D. Levitt and Thomas J. Miles, E. Elgar Pub., 2008.