数量経済史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数量経済史(すうりょうけいざいし、クリオメトリックス)は、歴史学の一つである経済史の分野と、計量経済学との学際分野。ダグラス・ノースらによって形成された。

英語では"cliometrics"であり、計量経済史とも訳される。「数量経済史」を標榜した初めての書物は、1975年新保博速水融西川俊作『数量経済史入門』とされる[1]

経済史で取り扱う事象に、ミクロ経済学マクロ経済学のモデルを適用し、文献などの資料から経済統計を算出し、計量経済学の手法で、分析対象の経済活動に対して推定を試みる学問である。

狭義の計量経済史では、パネルデータの線形回帰分析モデル、時系列データの一変量時系列モデルなどの計量経済学のモデルを利用する。一方、数量経済史と表現した場合には、必ずしも計量経済学のモデルを利用するのではなく、経済統計の資料作成も含まれる。

引用文献[編集]

  1. ^ 村上直・白川部達夫・大石学・岩田浩太郎(編), 1989年.『日本近世史研究事典』東京堂出版, p.264.

外部リンク[編集]

関連項目[編集]