アンソニー・ダウンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンソニー・ダウンズ(Anthony Downs, 1930年 - )は、アメリカ政治学者

カールトン・カレッジ卒業後、スタンフォード大学で経済学博士号を取得。1977年よりブルッキングス研究所上級研究員。

二大政党もしくは二大有力候補が小選挙区で競争する際に、政策が一つに収斂していくという命題は、いわゆる「ダウンズ均衡」として知られる。これはダウンズ独自の着想と言うよりも、ハロルド・ホテリングダンカン・ブラックによる中位投票者定理を選挙競争に置き換えたものである。

主著『民主主義の経済理論』は経済学のアナロジーで政治現象を分析したものであるが、後に政治現象が本格的な数理分析の対象となる上で、一定の基盤をつくったといえる。

著書[編集]

  • An Economic Theory of Democracy, (Harper & Row, 1957).
古田精司監訳『民主主義の経済理論』(成文堂, 1980年)
  • Inside Bureaucracy, (Little, Brown, 1967).
渡辺保男訳『官僚制の解剖――官僚と官僚機構の行動様式』(サイマル出版会, 1975年)
  • Opening up the Suburbs: an Urban Strategy for America, (Yale University Press, 1973).
  • Neighborhoods and Urban Development, (Brookings Institution, 1981).
  • Rental Housing in the 1980s, (Brookings Institution, 1983).
  • The Revolution in Real Estate Finance, (Brookings Institution, 1985).
  • Stuck in Traffic: Coping with Peak-Hour Traffic Congestion, (Brookings Institution, 1992).
  • New Visions for Metropolitan America, (Brookings Institution, 1994).
  • The Selected Essays of Anthony Downs, (Elgar, 1998).
  • Still Stuck in Traffic: Coping with Peak-Hour Traffic Congestion, (Brookings Institution Press, 2004).

共著[編集]

  • Futures for a Declining City: Simulations for the Cleveland Area, with Katharine L. Bradbury and Kenneth A. Small, (Academic Press, 1981).
  • Urban Decline and the Future of American Cities with Katharine L. Bradbury and Kenneth A. Small, (Brookings Institution, 1982).

編著[編集]

  • Growth Management and Affordable Housing: do They Conflict, (Brookings Institution Press, 2004).

共編著[編集]

  • Do Housing Allowances Work, co-edited with Katharine L. Bradbury, (Brookings Institution, 1981).
  • Energy Costs, Urban Development, and Housing, co-edited with Katharine L. Bradbury, (Brookings Institution, 1984).

外部リンク[編集]