シカゴ大学出版局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シカゴ大学出版局(-だいがくしゅっぱんきょく、University of Chicago Press)は、シカゴ大学が運営する出版局。1892年に創設。大学が運営する出版局ではアメリカ合衆国でもっとも大きなもの。これまで1万以上の著作を出版している。現在、五千以上の著作が販売されている。著名な作品に、英文作成上の規範的スタイルを規定した『シカゴマニュアル・オブ・スタイル』The Chicago Manual of Style、未訳、通称『シカゴマニュアル』)、トーマス・クーン『科学革命の構造』(The Structure of Scientific Revolutions、邦題『科学革命の構造』)、ノーマン・マクリーン『リバー・ランズ・スルー・イット』(A River Runs Through It、邦題『マクリーンの川』)、フリードリヒ・ハイエク『隷属への道』(The Road to Serfdom、邦題『隷属への道――全体主義と自由』)がある。社会学に関する学術誌では合衆国でもっとも古く(1895年に創刊)、もっとも権威のある『アメリカン・ジャーナル・オブ・ソシオロジー』(American Journal of Sociology)を発行している。

外部リンク[編集]