フランク・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・ハインマン・ナイト
シカゴ学派
生誕 1885年11月7日
イリノイ州マクリーン郡
死没 1972年4月15日(86歳)
イリノイ州シカゴ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
影響を
受けた人物
アルフレッド・マーシャル
クラレンス・エドウィン・エアーズ
論敵 アーサー・セシル・ピグー
影響を
与えた人物
ロナルド・コース
張五常
実績 ナイトの不確実性 (完全競争におけるリスク不確実性の分析)
テンプレートを表示

フランク・ハインマン・ナイト(Frank Hyneman Knight, 1885年11月7日 - 1972年4月15日)は、20世紀前半に活躍したアメリカ経済学者ジェイコブ・ヴァイナーヘンリー・シモンズとともにシカゴ学派の創設者である。1950年アメリカ経済学会会長。

略歴[編集]

立場[編集]

業績[編集]

  • ナイトの経済学における最大の業績は、著書『Risk, Uncertainty and Profit(危険・不確実性および利潤)』である。ナイトは確率によって予測できる「リスク」と、確率的事象ではない「不確実性」とを明確に区別し、「ナイトの不確実性」と呼ばれる概念を構築した。
  • ナイトは、不確定な状況を3つのタイプに分類した。
    • 第1のタイプは「先験的確率」である。これは例えば「2つのサイコロを同時に投げるとき、目の和が7になる確率」というように、数学的な組み合わせ理論に基づく確率である。
    • 第2のタイプは「統計的確率」である。これは例えば男女別・年齢別の「平均余命」のように、経験データに基づく確率である。
    • そして第3のタイプは「推定」である。このタイプの最大の特徴は、第1や第2のタイプと異なり、確率形成の基礎となるべき状態の特定と分類が不可能なことである。さらに、推定の基礎となる状況が1回限りで特異であり、大数の法則が成立しない。ナイトは推定の良き例証として企業の意思決定を挙げている。企業が直面する不確定状況は、数学的な先験的確率でもなく、経験的な統計的確率でもない、先験的にも統計的にも確率を与えることができない推定であると主張した。
  • そしてナイトは完全競争の下では不確実性を排除することはできないと主張し、その不確実性に対処する経営者への報酬として、利潤を基礎付けた。

人物像[編集]

  • ナイトの授業を受講し、後に同僚となったジョージ・スティグラーは以下のようにナイトを表現した。
    • タバコを吸うときは、爪楊枝を刺してひげを焦がすまで吸いきろうとする。
    • ある時、「今から話す理論が分からない学生は経済学部を辞めろ!」と勢いよく叫んだ。しかし、その10分後、「自分もようやく2年前にこの理論が理解できたんだ」とつぶやく。
    • ナイトの講義を取った学生は、ナイトのあっちへ行ったりこっちへ行ったりの授業を、1年目はノートを取ろうと悪戦苦闘する。2年目以降はそんなことをせずに、1年目の学生が悪戦苦闘しながらノートを取るのを見て笑う。
    • だが、彼は学生からも、学内の教師たちからも尊敬された。「ほかの誰にも見たことが無いほど、真実に対する無条件の奉仕の精神を人々に感じさせた」。」[1]
    • アメリカが広島長崎原子爆弾を落としたことは人類の犯した最悪の罪である糾弾し、また広島の原爆で両親を失った少女を養女としていた。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 1997年――世界を変えた金融危機 竹森俊平82頁
  2. ^ 2013年――経済学は人びとを幸福にできるか 宇沢弘文35頁


参考文献[編集]

  • 1997年――世界を変えた金融危機 竹森俊平[1]