チャールズ・ユウジ・ホリオカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ホリオカ
生誕 1956年9月7日
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
研究分野 マクロ経済学
母校 ハーバード大学 Ph.D.
ハーバード大学 B.A.
影響を
受けた人物
Martin Feldstein
デール・ジョルゲンソン
受賞 中原賞
テンプレートを表示

チャールズ・ユウジ・ホリオカ(Charles Yuji Horioka、1956年9月7日 )は、日系アメリカ人経済学者。2013年からフィリピン大学経済学部教授(Vea Family Professor of Technology and Evolutionary Economics Centennial)であり、マニラ在住。全米経済研究所(National Bureau of Economic Research)研究員、インターナショナル・エコノミック・レビュー(International Economic Review)の副編集長でもある。

1956年、マサチューセッツ州ボストンに生まれる。23歳で発表した「Feldstein-Horioka ParadoxまたはPuzzle」に関する論文(Martin Feldsteinと共著)は、国際的にも最も引用される論文のひとつとなった[1]。1985年、ハーバード大学にて博士号を修得し、スタンフォード大学コロンビア大学京都大学、大阪大学などで教鞭をとる[1]

専門はマクロ経済学、日本経済論で、日本アメリカ中国・インド・韓国・アジア全般における家計の貯蓄・消費・遺産行動、親子関係を研究テーマにしている。日本において、論文の引用回数が最も多い経済学者のひとりであり[1]、著書には『日米家計の貯蓄行動』(編著、日本評論社、1998年)などがある。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

2002年、日本経済学会主催の中原賞(第7回)を受賞。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Bio Sketch: Charles Yuji Nakahara 大阪大学経済学部