根岸隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

根岸 隆(ねぎし たかし、1933年昭和8年)4月2日 - )は、日本経済学者東京大学名誉教授。専門は経済理論経済学史

世界的に有名な、日本を代表する経済学者。特にすべての消費者の効用関数を内生的な個人重要度(所得の限界効用の逆数)で加重して集計した社会厚生関数の最大解と完全競争均衡との同値性を発見し証明した論文("Welfare economics and existence of an equilibrium for a competitive economy,"1960年Metroeconomicaに掲載)が現代の経済理論の発展に及ぼした影響は計り知れない。

略歴[編集]

門下生[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『価格と配分の理論』(東洋経済新報社、1965年)
  • 『ケインズ経済学のミクロ理論』(日本経済新聞社、1980年)
  • 『古典派経済学と近代経済学』(岩波書店、1981年)
  • 『ミクロ経済学講義』(東京大学出版会、1989年)
  • 『経済学史24の謎』(有斐閣、2004年)
  • 『経済学の理論と発展』(ミネルヴァ書房、2008年)
  • 『一般均衡論から経済学史へ』(ミネルヴァ書房、2011年)

論文[編集]

書評[編集]

  1. ^ http://www.asahi.com/articles/ASGBQ46FTGBQUCVL001.html