ヴェルナー・ゾンバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルナー・ゾンバルト(1930年)

ヴェルナー・ゾンバルトWerner Sombart, 1863年1月19日 - 1941年5月18日)はドイツ経済学者社会学者ドイツ歴史学派最後の経済学者。ウェルナー・ゾンバルトとも表記される。

経歴[編集]

ドイツのハルツ地方エルムスレーベン (Ermsleben) で有力な農場主であり帝国議会の議員でもあったアントン・ゾンバルトの息子として生まれた。ギムナジウムを経てベルリン大学に進学し、そこではグスタフ・フォン・シュモラーアドルフ・ヴァーグナーに師事した。卒業後はイタリアへ遊学し、1886年にイタリアの農村問題についての博士論文「ローマの平原」で学位を取得した。1888年から1890年にブレーメン商工会議所の顧問を務めたのち。マックス・ヴェーバーからハイデルベルク大学に招聘されたが当局に認められず、1890年から1906年までブレスラウ大学の助教授につき、1902年には代表作である『近代資本主義』を完成させた。1906年からベルリン商科大学教授として1911年に『ユダヤ人と経済生活』、1913年に『恋愛と資本主義』と『戦争と資本主義』を完成させ、また同年に『ブルジョワ 近代経済人の精神史』も刊行した。1917年からアドルフ・ヴァーグナーの後任としてベルリン大学教授となった。しかしナチスの時代に入った1931年、再びベルリン商科大学に戻り、1936年に自主解散するまで社会政策学会の会長を務め、1938年に『人間について』を発表し、1941年第二次世界大戦下のベルリンで死去した。なお、社会政策学会は大戦後の1948年に復活している。

業績[編集]

1904年以降、マックス・ヴェーバーとともに『社会科学および社会政策雑誌』Arciv für Sozialwissenschft und Sozialpolitik の編集を担った。また、経済社会の全体把握のために〈経済体制〉の概念を提起して歴史と経済理論の総合をはかり、その成果として主著『近代資本主義』Der Moderne Kapitalismus 2巻(1902年)および『高度資本主義』Hochkapitalismus1928年)を発表した。最初はマルクス主義の立場だったが、その後反対に転じ、ナチスの政策を社会学的に支持するようになった。

ゾンバルト文庫[編集]

ゾンバルトは1929年に蔵書の一部にあたる社会主義関係の文献など11,574冊を大阪商科大学(現大阪市立大学)に売却しており、大学では「ゾンバルト文庫」として収蔵されている。

主著[編集]

  • Der Moderne Kapitalismus 2巻、1902年
    • 岡崎次郎による日本語訳(『近世資本主義』)が1942年、生活社より刊行。
  • Die Juden und das Wirtschaftsleben, 1911年
  • Liebe, Luxus und Kapitalismus, 1912年
  • Krieg und Kapitalismus, 1913年
金森誠也による日本語訳『戦争と資本主義』が1996年、論創社より刊行され、2010年には講談社学術文庫より再刊(ISBN 9784062919975)。
  • Der Bourgeois :zur Geistesgeschichte des modernen Wirtschaftsmenschen, 1913年
金森誠也による日本語訳『ブルジョワ:近代経済人の精神史』が1990年、中央公論社より刊行(ISBN 4120019853)。
  • Der Proletarische Sozialismus 2巻, 1924年
Sozialismus und soziale Bewegung(社会主義及び社会運動)1897年の改版。
田邊忠男による日本語訳『プロレタリア的社会主義』が1932年、日本評論社より刊行。
梶山力による日本語訳『高度資本主義』が1940年、有斐閣より刊行。
  • Die Zukunft des Kapitalismus, 1932年
宇治伊之助による日本語訳『資本主義の将来』が1934年、甲文堂書店より刊行。
  • Vom Menschen: Versuch einer geisteswissenschaftlichen Anthropologie(人間について), 1938年