ムツェンスク郡のマクベス夫人 (オペラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ムツェンスク郡のマクベス夫人』(ロシア語: Леди Макбет Мценского уезда,英語: Lady Macbeth of the Mtsensk District)作品29は、ドミートリイ・ショスタコーヴィチ1930年から1932年にかけて作曲した全4幕9場から構成されるオペラ。原作はニコライ・レスコフの同名の小説(1864年執筆)を基に、作曲者がオペラ化したもの(台本はアレクサンドル・プレイスと共同で作成)。

1作目の『』に続いて作曲された第2作目のオペラで、作曲者が20代半ばに作られた力作である。しかし後述する「プラウダ批判」により上演が禁止されたため、1962年に本作を『カテリーナ・イズマイロヴァ』(作品114)として改訂している。

概要[編集]

作曲の経緯[編集]

1930年1月に最初のオペラ『』が初演された後、当時24歳のショスタコーヴィチは次なるオペラの題材を求めていたが、友人のボリス・アサフィエフからニコライ・レスコフの中篇小説『ムツェンスク郡のマクベス夫人』を読むことを勧められたことが作曲に至る直接の契機であった[1]。ただし、作曲者は1920年代頃からすでにレスコフの原作を知っていたようである[2]。台本は前作『鼻』で協力したアレクサンドル・プレイスに再び協力を求め、共同で台本を作成した。

作曲は1930年の秋に開始され、全曲が完成したのは1932年(当時26歳)のことである。経過は以下の通りである。

  • 第1幕:1930年10月4日着手-1931年11月5日完成(チフリスにて)[3]
ピアノ譜は10月30日に、第2場は1931年10月7日にそれぞれ完成されている。
  • 第4幕:1932年10月末着手-12月17日完成[3]
作曲者は3か月ないしは4か月で完成すると想定していたが、当初の予定を大幅に繰り上げて完成させた。

初演[編集]

第4幕の完成後、1933年に本作の初演のための準備が1年を要して行われ、1934年1月22日、レニングラードマールイ劇場(現ミハイロフスキー劇場)にて、サムイル・サモスードの指揮で行われた。この初演は成功を収め、レニングラードとモスクワの劇場では2年間で83回の上演を記録し、それに続いてアメリカアルゼンチン、西欧諸国(イギリススイスチェコスロヴァキアスウェーデン)の各都市で上演されている[5]

絶賛された一方で、オペラが性暴力をテーマとすることから、アメリカの一部の批評家たちからは「ポルノフォニー」「寝室オペラ」などと酷評され、時にスキャンダルにまで発展した[6]。またクリーヴランドでこのオペラを観劇していたストラヴィンスキーも「リブレットは嫌悪感をもよおさせる」と酷評している[6]。またソビエトでは、従来のオペラとは異なったこの作品に肝を抜かした聴衆からは賛否両論が起こったという。

初演当時は大好評を博し、ショスタコーヴィチの作曲家としての地位を揺るぎないものにした。「ポルノフォニー」「寝室オペラ」などと酷評されたが、「作曲者が表現せんとした全ては、古くとも新しくとも、新鮮で原始的な何かを体験するものとして見ることができ、折衷的な一貫性をもつ生命力は、作品のすべてに説得力を持ち、ストレートに魅せられる。」(1935年のチューリッヒ公演の批評)と幅広く人気を集めた。

プラウダ批判[編集]

1936年1月初旬、レニングラードのマールイ劇場がモスクワで公演するため同地に客演しており、ショスタコーヴィチもそこに訪ねていた。当時モスクワではミネローヴィチ=ダンチェンコ音楽劇場が本作を『カテリーナ・イズマイロヴァ』と名前を変えて上演を続けており、また前年の12月にボリショイ劇場も本作を上演していた。このようにダンチェンコ音楽劇場とボリショイ劇場にマールイ劇場が加入したことで、同年1月のモスクワの街は3つの異なる舞台で上演されていた[7]ショスタコーヴィチの作品で一色に染まっていた。

1月26日、ヨシフ・スターリンが共産党の側近と共にボリショイ劇場に来訪し、注目作である『マクベス夫人』を観劇する。劇場の関係者は称賛を受けることを期待して作曲者を舞台裏に待機させていたが、第3幕の途中でスターリンはそのまま退席した。作曲者は不安に駆られつつ、別の演奏会のためアルハンゲリスクへ向かった[8]

その2日後の1月28日、共産党中央委員会機関紙「プラウダ」に「音楽のかわりに荒唐無稽」と題された無署名の批評が掲載された。アルハンゲリスクでこの事態を知った作曲者は至って冷静であったという[9]。しかしスターリンの逆鱗に触れたことによって作曲者の身に危険を及ぼしかねない事態となったこの事件(プラウダ批判)は、社説発表直後からレパートリーから消えてしまい、以後20年以上にわたって事実上の上演禁止となってしまった。

カテリーナ・イズマイロヴァ[編集]

上演禁止から20年となる1956年にショスタコーヴィチはこのオペラの改訂に着手し、『カテリーナ・イズマイロヴァ』(Катерина Измайлова)作品114として決定稿を作りあげた。公演許可は1963年にようやく出され、その年の1月8日にモスクワのネミローヴィチ=ダンチェンコ劇場によって初演され、絶賛された。

改訂された音楽は打楽器などの刺激的なオーケストレーションは避けられているが、新しく書かれた最初の部分の間奏曲などは、『ムツェンスク郡のマクベス夫人』より音楽的に優れた効果を発揮している。また、歌詞は卑俗な言葉が上品で刺激の少ない表現にことごとく置き換えられた。演奏時間はほぼ『ムツェンスク郡のマクベス夫人』と同じである。

また別な作品番号を与えられ題名も異なることから、『ムツェンスク郡のマクベス夫人』と『カテリーナ・イズマイロヴァ』は同一作品として見るべきではない、という見解もある[10]

なお、このオペラには映画版も存在する。1時間半にカットされてはいるが、ソプラノのガリーナ・ヴィシネフスカヤのカテリーナとコンスタンティン・シモノフの指揮による音源を用い、俳優によるより性的に描写された演技をプレスコで撮影したものである。

終幕以外、各場面の間に小さな間奏曲が挟まれている。それぞれ機知に富んだ粒ぞろいの名作で、組曲『5つの間奏曲』作品114aが作られた。

2つの組曲[編集]

『ムツェンスク郡のマクベス夫人』と『カテリーナ・イズマイロヴァ』には作曲者によって組曲が編まれている。

交響組曲 作品29a[編集]

この交響組曲は全3曲からなる。オペラの完成直後の1932年に編まれ、存在は長らく知られていなかったが、研究家のマナシール・ヤクーボフによってスコアが発見された。3つの楽曲はそれぞれオペラの間奏曲から取り出されており、音楽自体は『5つの間奏曲』と同一である。演奏時間は約6分[11]

  • 第1曲 アレグロ・コン・ブリオ
  • 第2曲 プレスト
  • 第3曲 アレグレット

5つの間奏曲 作品114a[編集]

この組曲『5つの間奏曲』は、改訂された『カテリーナ・イズマイロヴァ』より組曲として編曲されたものである。演奏時間は約17分[12]

  • 第1曲 アレグレット
  • 第2曲 アレグロ・コン・ブリオ
  • 第3曲 ラルゴ(パッサカリア
  • 第4曲 アレグレット
  • 第5曲 プレスト

楽器編成[編集]

登場人物[編集]

人物名 声域 1934年1月22日の初演者
(指揮:サムイル・サモスード
カテリーナ・リヴォヴナ・イズマイロヴァ ソプラノ 製粉業商人ジノーヴィの妻 アグリッピーナ・ソコローヴァ
ジノーヴィ・ボリソヴィチ テノール 製粉業商人でカテリーナの夫 ステパーン・ヴァッシリエヴィチ・バラショーフ
ボリス・チモフェーヴィチ・イズマイロフ バス カテリーナの夫ジノーヴィの父 ゲオルギー・ニキーフォロヴィチ・オルローフ
セルゲイ テノール 愛人、イズマイロヴァ家の使用人 ピョートル・イヴァノヴィチ・ザセツキー
アクシーニャ ソプラノ 女使用人
ソネートカ アルト 女囚人
ニヒリスト テノール
女囚人 ソプラノ
3人の使用人 3テノール
その他:司祭、御者、製粉工、労働者、役人、教師、番頭、門番、警察署長、警官、軍曹、哨兵、ボロを着た農夫、結婚式に呼ばれた客、男女の囚人たち、ボリスの亡霊

演奏時間[編集]

  • 約2時間35分(第1幕:50分、第2幕:50分、第3幕:25分、第4幕:30分)
休憩は第1幕と第2幕の後の2回が多い。

あらすじ[編集]

時と場所:19世紀後半のロシア中部の都市ムツェンスク郡、およびシベリア街道

第1幕[編集]

第1場:イズマイロフ家居間、第2場:同庭先、第3場:カテリーナの寝室

カテリーナは裕福なイズマイロフ家に嫁いだが、意地悪な舅ボリスと、夫ジノーヴィとの愛のない生活に傷心の日々を送っている。製粉所の堤防が壊れたので夫は外出、「亭主が出て行くのに涙一つ流しよらん。貞操を誓わんか。」とねちねちと小言をいい、(製粉所の小麦粉を守るため)「殺鼠剤を用意しろ。」と命じる舅にカテリーナは「お前こそ鼠。」と殺意を抱く。そこへ、新しい下男セルゲイが女中を手ごめにしようとして大騒ぎになる。カテリーナはセルゲイを叱責するが、セルゲイは下心を抱きカテリーナを押し倒す。それを見たボリスは「不倫じゃ。息子に言いつけてやる。」と怒る。その夜遅く、カテリーナのもとにセルゲイが忍び込み強姦する。カテリーナはセルゲイの虜になり、2人は固く抱き合う。

第3場幕開けの孤独を嘆くカテリーナの悲痛なアリアは極めて美しい。後半のレイプ・シーンは、性行為を音楽で描写した有名な場面で、作曲者の非凡な才能がうかがわれる。スターリンが激怒したのもまさにこの点にあった。

第2幕[編集]

第1場:イズマイロフ家庭先、第2場:カテリーナの寝室

ボリスが夜回りをしながらカテリーナに対する抑えきれない欲望を歌う。そこへ情事を終えたセルゲイが窓から逃げ出す。ボリスはセルゲイを捕まえ、鞭で打ちすえる。驚くカテリーナや下男たちに、ボリスは怒りに打ち震え、息子をすぐ呼びにやらせ、彼の好物であったキノコスープを作れと命じる。切羽詰ったカテリーナはスープに殺鼠剤を入れる。ボリスは苦しみだし、臨終に立ち会った牧師に懺悔するが、カテリーナを恨めしげに指さして死ぬ。カテリーナは嘘泣きをしてキノコによる食中毒とごまかす。再びカテリーナは寝室でセルゲイとの逢瀬を楽しむが、ボリスの亡霊に悩まされる。そこへジノーヴィが帰ってくる。ジノーヴィは不義の現場を押さえ、カテリーナを革のベルトで打ちすえるが、セルゲイにより殺される。

第1場のボリスのグロテスクなアリアと、正教の司祭ののシニカルなアリアが面白い。第1場から第2場の間奏曲パッサカリア形式の壮大なもので、舞台外のバンダも加わり、悲劇的要素を強調する。ショスタコーヴィッチのすぐれた管弦楽法が聴きものである。

第3幕[編集]

第1場:イズマイロフ家納屋の前、第2場:村の警察署、第3場:イズマイロフ家納屋の前(宴会場)

カテリーナとセルゲイの結婚式が自宅で行われる。納屋にジノーヴィの死体を隠し、何食わぬ顔をする2人。だが、酔いどれの農夫が死体を発見し、警察に通報する。2人は結婚式の宴席で逮捕される。

この幕は全体的に短めで、農夫のコミカルな歌やバンダが大活躍する軽快な「怒りの日」のパロデイの間奏曲、警官のユーモラスでグロテスクな合唱と行進曲など、重苦しい劇の中で息抜きの役割を持つ。なお、この幕を交響曲スケルツォに相当するとする意見もある。

第4幕[編集]

第1場:シベリア街道 湖のほとり

カテリーナとセルゲイは刑に服し、シベリアに流される。2人と流刑者たちはとある村の湖のほとりで休憩する。すべてを失ったカテリーナにとって、ただ一つの頼みは愛するセルゲイの存在であった。だがセルゲイは心変わりし、別の女囚ソネートカと関係を持ってしまう。囚人たちに囃され、カテリーナは絶望のあまり、ソネートカを道連れに湖に身を投げる。役人は出発を告げ、囚人たちは物悲しい歌を歌いながら船に乗り舞台を去る。

ここは、ムソルグスキーの影響を受けたロシア色豊かな場面。特に幕切れ近く、絶望したカテリーナが歌うアリアは悲痛そのもので、劇的なクライマックスを作り上げている。

備考[編集]

  • タイトルの「マクベス夫人」とは、この作品の主役を、シェイクスピアの悲劇『マクベス』に登場するマクベスの妻(野心家タイプの悪女の一典型とされる)になぞらえた表現である。
  • 2008年5月4、5日に東京歌劇団が初の日本人キャストによる上演をサン・パール荒川大ホールで行った(指揮:珠川秀夫、演出:大島尚志、有志のアマチュアオーケストラによる)。
  • 作曲者は当初ワーグナーの『ニーベルングの指環』のような、ロシアの女性をテーマとした4部作のオペラを計画していたが、初演の成功に気を良くした作曲者は本作を4部作のうちの第1作とした。その壮大なプランについては以下のような証言がある[13]

「……『マクベス夫人』は『ラインの黄金』にあたるものである。これにつづくオペラの女主人公は、人民の意志派運動の女性となるだろう。……このテーマが、わたしの芸術思索と今後10年間の我が生活のライトモチーフとなる。」

  • 上述のプランは結果的に「プラウダ批判」によって潰れてしまい、以降作曲者はオペラ創作から遠ざかることになった。その後、ショスタコーヴィチはさまざまなオペラの創作に挑戦したが、結局『賭博師』(1941年)、『モスクワよ。チョムーリシキよ』(1957年 - 1958年)の2作しか手をつけておらず、しかも前者は未完、後者はオペレッタであまり高い評価を受けていない。ショスタコーヴィチの完成されたオペラは本作と『鼻』の2作のみである。いかに当局の批判がショスタコーヴィチに言い知れぬトラウマを与えたかが伺われる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ この契機は1940年に行われたインタビューで公言したものである。『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 p.94
  2. ^ 『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 p.94
  3. ^ a b c d 『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 p.94-96
  4. ^ ガスプラは当時作曲者が新婚旅行で滞在していた場所
  5. ^ 各都市の一部では演奏会形式かオペラとしてなされている
  6. ^ a b 『作曲家・人と作品シリーズ ショスタコーヴィチ』 p.60
  7. ^ 『新グローヴ オペラ事典』 p.702
  8. ^ 『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 p.114
  9. ^ 『作曲家・人と作品シリーズ ショスタコーヴィチ』 p.68
  10. ^ 諸井誠『音楽の現代史』岩波書店〈岩波新書〉、1986年、137頁。
  11. ^ トーマス・ザンデルリンク指揮、ロシア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による。音源は2005年に録音され、初録音となったもの(レーベルはDG)。
  12. ^ ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー指揮、ソヴィエト国立文化省交響楽団の演奏による
  13. ^ 『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 p.106

参考資料[編集]

  • 『最新名曲解説全集20 歌劇Ⅲ』 音楽之友社,1980年
  • 『作曲家別名曲解説ライブラリー15 ショスタコーヴィチ』 音楽之友社
  • 『ショスタコーヴィッチ ある生涯』 アルファベータ,L・E・ファーイ著(藤岡啓介・佐々木千恵訳),2005年
  • 『作曲家・人と作品シリーズ ショスタコーヴィチ』 音楽之友社,千葉潤 著,2005年
  • 『新グローヴ オペラ事典』 白水社,スタンリー・セイディ著,2006年
  • 『オペラ鑑賞辞典』 東京堂出版,中河原理 編,2004年
  • 『音楽の現代史』 岩波書店〈岩波新書〉,諸井誠著,1986年

外部リンク[編集]