弦楽四重奏曲第8番 (ショスタコーヴィチ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弦楽四重奏曲第8番ハ短調 作品110は、旧ソ連の作曲家ショスタコーヴィチによって1960年に作曲された弦楽四重奏曲である。作曲者によって「ファシズムと戦争の犠牲者の想い出に」捧げるとしてあるが、ショスタコーヴィチ自身のイニシャルが音名「D-S(Es)-C-H」で織り込まれ、自身の書いた曲の引用が多用されることにより、密かに作曲者自身をテーマにしていることを暗示させている。15曲あるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の中で、最も重要な作品である。

初演は1960年10月2日,レニングラードのグリンカ小ホールで,ベートーヴェン弦楽四重奏団によって行われた

Largo and Allegro Molto by Sabrina Tabby, violin; Caeli Smith, violin; Madeline Smith, viola; Genevieve Tabby, cello

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

曲の背景[編集]

弦楽四重奏曲第8番が作曲された1960年は、ショスタコーヴィチにとって大きな精神的危機に見舞われた年であった。この曲を書く直前の6月、不本意ながらも共産党に入党することを決意したのである。その1ヶ月後、戦争映画『五日五夜』の、ソビエト軍によるドレスデンナチスからの解放の場面のための音楽を書くためにドレスデンに行ったショスタコーヴィチは、戦争の惨禍を目の当たりにし、自身の精神的荒廃と重ね合わることになる。そこで表向きには「ファシズムと戦争の犠牲者」に献呈するようにみせつつ、圧政により精神的荒廃に追い込まれた自身への献呈として、1960年7月12日から14日のわずか3日間でこの曲を作曲したのである。

1960年7月19日に作曲者が友人グリークマンにあてた手紙には、映画音楽の仕事が全く手に付かずに、ひたすら弦楽四重奏曲の作曲に向かったと述べ、「この曲を書きながら、半ダースのビールを飲んだ後の小便と同じほどの涙を流しました。帰宅後もこの曲を二度弾こうとしましたが、やはり泣いてしまいました」と苦しい気持ちを訴えている。

このようにして書かれたこの曲は、すべての弦楽四重奏曲の中で最も、皮肉とは無縁の直接的表現力を持ち、聴衆に訴えかける力を持っている。また、映画音楽にも通じていたショスタコーヴィチは、バルトークウェーベルンのような特殊奏法弦楽四重奏に用いずとも、標題音楽的手法により劇的な表現を実現している。

引用されている主題[編集]

ショスタコーヴィチのドイツ語のイニシャル「Dmitri Schostakovich」より、D-S(Es)-C-Hの音形が全曲のテーマとして現れる。

また、彼が親友に送った手紙によると、自身の作曲、さらに他人の曲から以下のものが引用されている。

なお、この手紙には「私が死んだときには誰かが弦楽四重奏曲を私に捧げてくれるとは思えないので、私は自分自身のために書くことにしました」とあり、この曲を書いたあと自殺するつもりであるということを示唆している。

 第4楽章には、革命歌「過酷な徒刑に苦しめられて」"Замучен тяжелой неволей"の引用も現れる。

曲の構成[編集]

(全楽章は続けて演奏される)

演奏時間:約20分

編成[編集]

原曲以外に、ルドルフ・バルシャイによる弦楽合奏への編曲版が「室内交響曲」として知られている。

外部リンク[編集]

  • SovMusic.ruソビエト音楽サイト。引用されている革命歌「過酷な徒刑に苦しめられて」"Замучен тяжелой неволей"を聴くことができる。ПОИСК(探索)欄に曲名を入れ、НАЙТИ(発見)ボタンで探すのが簡便。
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲
第1番 - 第2番 - 第3番 - 第4番 - 第5番 - 第6番 - 第7番 - 第8番 - 第9番 - 第10番 - 第11番 - 第12番 - 第13番 - 第14番 - 第15番