パワースマッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パワースマッシュ
SEGA PROFESSIONAL TENNIS
ジャンル テニスゲーム
対応機種 アーケード(NAOMI
ドリームキャスト(DC)
Windows98
開発元 ヒットメーカー
発売元 セガ
人数 AC…1~2人
DC…1~4人
メディア AC…NAOMI基板
DC版…GD-ROM
Win版…CD-ROM
発売日 AC版…2000年
DC版…2001年7月2日
Win…2002年7月11日
テンプレートを表示

パワースマッシュ(Power Smash)セガのコンピュータゲーム用のリアル系テニスゲーム。日本国外版のタイトルは「Virtua Tennis」。アーケードゲームとして2000年に発売され、ドリームキャストWindowsPlayStation 2携帯電話PlayStation PortablePlayStation 3PlayStation Vitaと数多くのハードで登場された。

略称は「パワスマ」。

概要[編集]

パワースマッシュは初のリアル系のポリゴンのテニスゲームである。実在の選手8人をモデルにしたリアルな動きとシンプルな操作性で人気を得た。アーケードでは対戦格闘ゲームのように乱入対戦も可能で向かい合った台に座ったプレイヤー同士が対戦を繰り広げた。

登場選手[編集]

パワースマッシュ2[編集]

パワースマッシュ2
SEGA PROFESSIONAL TENNIS
ジャンル テニスゲーム
対応機種 アーケード(NAOMI
ドリームキャスト(DC)
PlayStation 2(PS2)
発売元 セガ
人数 AC…1~2人
PS2…1~4人
発売日 AC版…2001年
DC版…2001年11月15日
PS2版…2002年11月7日
対象年齢 CERO全年齢
デバイス DC版…ぷるぷるぱっく対応
PS2版…マルチタップ対応
テンプレートを表示

前作では選手は男子のみだったが、女子選手が追加され、選手は合計16名になり前作の倍以上に増えた。また、ボールの打ち分けもより多彩に。アーケード版では対戦のみだった二人プレイに協力プレイのダブルスが追加されたもの特徴の一つ。

2001年にアーケードで発売された後に同年11月15日にドリームキャストに移殖。2002年にPlayStation 2に移殖された。

家庭用ではオリジナルの選手を作成し、育成する「ワールドツアーモード」が搭載され、単なるアーケードライクなプレイだけでなくやり込み・育成要素が追加された。

PlayStation 2版ではエレナ・ドキッチ選手の代わりに杉山愛選手が追加されている。

登場選手[編集]

男子

女子

隠しキャラ[編集]

ゲーム内において条件を満たすと隠しキャラが登場する。アーケード版では使用不可能、コンシューマ版では条件を満たすと使用可能となる。

  • KING
  • QUEEN

パワースマッシュ ニュージェネレーション[編集]

パワースマッシュ ニュージェネレーション
ジャンル テニスゲーム
対応機種 PlayStation Portable
発売元 セガ
人数 1~4人
発売日 2006年1月26日
対象年齢 CERO全年齢
テンプレートを表示

パワースマッシュ ニュージェネレーション(Power Smash NEW GENERATION) は『パワースマッシュ2』をベースにした携帯ゲーム機初のパワスマ。ワールドツアーなどパワスマ2の要素は健在。

選手数は前作パワスマ2と同じ14人だが、前作から4年が経過したこともあり、選手の殆どが入れ替えられている。シャラポワフェデラーなど新たに11人の選手が登場し、「NEW GENERATION(新世代)」の名前が冠せられている。家庭用ゲーム機のテニスゲームではコートチェンジごとにプレイヤーの位置が手前、奥と変化したが、本作では携帯ゲーム機ということで常にプレイヤーが手前側に位置する。(設定により、サービス側を手前にする事も可能)無線LAN機能を使い4人までの対戦も可能。ミニゲームも追加されている。

登場選手[編集]

男子

女子

パワースマッシュ3[編集]

SEGA PROFESSIONAL TENNIS
パワースマッシュ3
ジャンル テニスゲーム
対応機種 アーケード(LINDBERGH
PlayStation 3(PS3)
開発元 セガ第三AM開発部(アーケード版)
Sumo Digital(コンシューマ版/PC版)
発売元 セガ
人数 AC…1~2人
PS3…1~4人
発売日 AC版…2006年4月
PS3版…2007年3月8日
対象年齢 CERO全年齢
テンプレートを表示

アーケード版はLINDBERGHという高性能基板を採用し、前作に比べグラフィックが遙かに緻密になった。また、専用のICカードに対応しており、服装やラケット、プレイスタイルの変更が可能。CPUの対戦成績や他のプレイヤーとの成績に応じ世界ランキングが表示される[1]。また、今作からトーナメントモードだけではなく課題をクリアして賞金を稼ぐチャレンジモードが追加された。アーケード版リリースと同時にLINDBERGH対応筐体LINDBERGHユニバーサルキャビネット(通称リンドバーグキャビネット)に搭載されたモデルが登場。この筐体リリースをきっかけに液晶搭載の汎用筐体が各メーカーより本格的に販売されるようになった

2007年3月にはPlayStation 3にも移殖された。実写と見紛うばかりのリアルなグラフィックは健在。ラファエル・ナダルは「これ以上リアルなテニスゲームは見たことない」と絶賛した。オリジナル選手を作成し、育成しながら世界ランク1位を目指す「ワールドツアー」モードはもちろん、7種類のカジュアルなミニゲームでワイワイ楽しめる「パーティーモード」も用意されている。PS3専用コントローラーSIXAXISの傾きセンサーにも対応しており、ボタンを使わずに操作することも可能。

日本国外ではXbox 360PlayStation Portable、Windows版も出ている。

登場選手[編集]

登場選手はアーケード版で12人であったが、コンシューマ版では女性選手中心に追加され男性13人、女性7人となった。なお、プレイスタイルはアーケード版にてICカード使用した時のみ変更が可能。

以下の選手はコンシューマ版での追加選手

隠しキャラ[編集]

ゲーム内において条件を満たすと隠しキャラが登場する。能力は非常に高く通常キャラとは比較にならない程である。アーケード版では使用不可能、コンシューマ版では条件を満たすと使用可能となる。

  • KING - All Around
  • DUKE - Serve and Volley[3]

パワースマッシュ ライブマッチ![編集]

パワースマッシュ ライブマッチ!
ジャンル テニスゲーム
対応機種 PlayStation 3
発売元 セガ
人数 1~4人
メディア BD-ROM
発売日 2010年3月25日
対象年齢 A(全年齢)
その他 PlayStation Network対応
オンライン4人対戦可能
ボイスチャット対応
テンプレートを表示

パワースマッシュ ライブマッチ』はPlayStation 3用のパワースマッシュシリーズ第2弾。2010年3月25日発売。前作『パワースマッシュ3』から3年ぶりの発売となる本作は収録選手のデータが更新されただけでなく、オンライン対戦にも対応している。

ミニゲームは種類が増え、全部で12種類に。こちらもオンラインに対応しており、最大4人同時プレイが可能。

1人プレイ用のワールドツアーも健在。本作ではアイテムが800種類以上に増加し、カスタマイズの幅が増えた。また、オンラインワールドツアーモードが追加。自分が育てている選手を他のプレイヤーが育てた選手と対戦させることも可能に。オンラインランキングにも対応している。

登場選手[編集]

男子

女子

レジェンド

パワースマッシュ4[編集]

パワースマッシュ4
ジャンル テニスゲーム
対応機種 PlayStation 3(PS3)
Xbox 360
PlayStation Vita(PSV)
アーケード(RINGEDGE
発売元 セガ
人数 1~4人
メディア BD-ROM(PS3)、DVD-ROM(360)、
PlayStation Vitaカード(PSV)
発売日 2011年6月30日(PS3・360)
2011年12月17日(PSV)
2011年後期(AC)
対象年齢 A(全年齢)
デバイス PlayStation Move3D表示対応(PS3)
Kinect対応(360)
その他 PlayStation Network対応(PS3・PSV)
Xbox LIVE対応(360)
オンライン4人対戦可能
テンプレートを表示

パワースマッシュ4』は2011年6月30日発売のパワースマッシュシリーズ10周年記念作品。対応プラットフォームはPlayStation 3Xbox 360。PS3専用モーションコントローラーの「PlayStation Move」とXbox 360専用モーションコントローラー「Kinect」に対応しており、それぞれのモーションコントローラー専用のモードも搭載されている。また、PS3では3D表示にも対応するなど画期的な新要素を搭載している。

PlayStation Vita版も発表され、2011年12月17日に本体と同時発売[4]。タッチ操作・ジャイロセンサー・カメラなどを利用したプレイが可能。またPS3版では2010年のデータであったが、PS Vitaは2011年データと最新データを使用している。

日本以外の地域においては、従来のナンバリング作品と同様にアーケード版が存在する。使用基板はRINGEDGEが使用され、通常の筐体の他に、プレイヤーがそれぞれのコントロールパネルでプレイできるデラックス筐体が存在する。

登場選手[編集]

ラファエレ・ナダルやロジャー・フェデラー、アンディ・マレーはもちろん、歴史を代表するレジェンド選手、シリーズ初登場となるフアン・マルティン・デル・ポトロ、フェルナンド・ゴンサレス、ローラ・ロブソン他、プレイヤー7名も新たに参戦。

男子

女子

レジェンド

以下は、「パワースマッシュ」シリーズ10周年を記念して生み出されたオリジナルキャラクター

  • セロン・テニエル-Atomic Forehand
  • ビッキー・バーニー-Fantasic Backhand

スペシャルキャラクター

アーケードモードのシングルス戦で登場してきたキングやデュークを倒すことで、プレイヤー選択画面のキングとデュークがアンロックされる。

  • キング-Strong Backhand
  • デューク-Varied Shots

脚注[編集]

  1. ^ パワスマ3はネットワークに対応していないので、世界ランキングはゲームが定めた基準で決定されるのでプレイヤーの技量を示す目安といった役割が強い。
  2. ^ ゲーム内及び取扱説明書には1986年1月9日生まれと表記されているが、これは誤植であり実際の生年月日は1986年9月1日である。
  3. ^ アーケード版ではAll Aroundとなっている。
  4. ^ セガ、PS Vita用『パワースマッシュ4』を本体と同時発売 - 他4タイトル開発、マイコミジャーナル、2011年6月7日

外部リンク[編集]