ニコル・バイディソバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコル・バイディソバ
Nicole Vaidisova medibank international 2006 02.jpg
ニコル・バイディソバ
基本情報
ラテン文字名 Nicole Vaidišová
国籍 チェコの旗 チェコ
出身地 ドイツ・ニュルンベルク
生年月日 1989年4月23日(24歳)
身長 183cm
体重 63kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
引退年 2010年
ツアー通算 6勝
シングルス 6勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 203勝124敗
シングルス 190勝93敗
ダブルス 13勝31敗
生涯獲得賞金 US$2,740,268
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(2007)
全仏 ベスト4(2006)
全英 ベスト8(2007・08)
全米 4回戦(2005)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2008)
全仏 1回戦(2006)
全英 2回戦(2006・07)
全米 1回戦(2005)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 7位(2007年5月14日)
ダブルス 128位(2006年10月2日)

ニコル・バイディソバNicole Vaidišová, 1989年4月23日 - )は、チェコの女子プロテニス選手。両親の仕事の関係で、ドイツニュルンベルクに生まれる。WTAツアーでシングルス6勝を挙げている(ダブルス優勝はない)。身長183cm、体重63kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。長身とルックスを兼ね備え、プレースタイルもよく似ていることから“シャラポワ2世”と呼ばれることがある。

来歴[編集]

バイディソバは母親の手ほどきで6歳からテニスを始め、2004年に15歳で女子テニス国別対抗戦・フェドカップチェコ代表選手となった。同年の全米オープン4大大会にデビューした時、予選3試合を勝ち上がって本戦に進出したが、本戦1回戦で第1シードのジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れた。2005年度の4大大会成績は、全豪オープンが3回戦、全仏オープンが2回戦、ウィンブルドンが3回戦、2度目の全米オープンが4回戦進出となる。2005年のフェドカップ「ワールドグループ第2部」(最上位の「ワールドグループ」8ヶ国の下位に位置する、次の8ヶ国のグループ) では、4月23日・24日の1回戦でチェコ日本が対戦し、チェコが「3勝2敗」で日本を破った。4月23日に16歳の誕生日を迎えたばかりのバイディソバは、フェド杯デビューでいきなりシングルスに起用された中村藍子を 6-3, 6-1 で破ったが、エースの森上亜希子には 3-6, 2-6 で敗れている。10月には「韓国オープン」と日本の「ジャパン・オープン」で2週連続優勝を遂げた。このジャパン・オープンの決勝では、対戦相手のタチアナ・ゴロビンフランス)が第2セットの途中で棄権してしまった。

2006年度の4大大会で、ニコル・バイディソバは全豪オープン全仏オープンの2大会連続でアメリ・モレスモと4回戦で当たった。全豪オープンでは 1-6, 1-6 で完敗したが、全仏オープンでは地元フランスの大会で初の第1シードとなったモレスモを 6-7, 6-1, 6-2 で破り、地元声援の壁を打ち破った。続く準々決勝でもビーナス・ウィリアムズに勝ったが、初めての準決勝では2004年全米オープン優勝者のスベトラーナ・クズネツォワに 7-5, 6-7, 2-6 で逆転負けした。全仏オープン後の4大大会成績は、ウィンブルドンでは4回戦で李娜中国)に 6-4, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、全米オープンは3回戦でエレナ・ヤンコビッチセルビア)に敗れた。

2007年全豪オープンで、バイディソバは第10シードから自身2度目の4大大会準決勝に勝ち進んだが、過去にこの大会で2003年2005年と2度の優勝経験を持つセリーナ・ウィリアムズに 6-7, 4-6 で敗れた。この年はウィンブルドンで初のベスト8進出がある。バイディソバは4回戦で大会前年優勝者のアメリ・モレスモを破ったが、続く準々決勝でアナ・イバノビッチセルビア)に 6-4, 2-6, 5-7 で逆転負けした。2008年はウィンブルドンで2年連続のベスト8に入ったが、準々決勝で鄭潔中国)に 2-6, 7-5, 1-6 で敗れ、(2年前の4回戦と同じように)中国人選手に道を阻まれた。

2010年3月、ランキングが100位以下に落ちて低迷していたバイディソバは、ラデク・ステパネクとの結婚と20歳の若さでの引退を発表した。2010年7月に挙式した。しかし2013年に離婚している。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 7回 (6勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (3–1)
ティア IV & V (3–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2004年8月15日 カナダの旗 バンクーバー ハード アメリカ合衆国の旗 ローラ・グランビル 2–6, 6–4, 6–2
優勝 2. 2004年10月17日 ウズベキスタンの旗 タシケント ハード フランスの旗 ビルジニ・ラザノ 5–7, 6–3, 6–2
準優勝 1. 2005年5月23日 トルコの旗 イスタンブール クレー アメリカ合衆国の旗 ビーナス・ウィリアムズ 3–6, 2–6
優勝 3. 2005年10月2日 韓国の旗 ソウル ハード セルビア・モンテネグロの旗 エレナ・ヤンコビッチ 7–5, 6–3
優勝 4. 2005年10月9日 日本の旗 東京 ハード フランスの旗 タチアナ・ゴロビン 7–6(4), 3–2 途中棄権
優勝 5. 2005年10月16日 タイの旗 バンコク ハード ロシアの旗 ナディア・ペトロワ 6–1, 6–7(5), 7–5
優勝 6. 2006年8月27日 フランスの旗 ストラスブール クレー 中華人民共和国の旗 彭帥 7–6(7), 6–3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン A 3R 4R SF 4R 1R 13–5
全仏オープン LQ 2R SF QF 1R 1R 10–5
ウィンブルドン LQ 3R 4R QF QF 1R 13–5
全米オープン 1R 4R 3R 3R 2R LQ 8–5

スポンサーシップ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ テニス界の新星ニコル・バイティソバ リーボックブランドパートナーへ , リーボック、2005年1月27日のリリース

外部リンク[編集]