森上亜希子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
森上亜希子
Akiko Morigami 2007 Australian Open womens doubles R1.jpg
森上亜希子のバックハンド・ストローク
基本情報
ラテン文字名 Akiko Morigami
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・大阪市生野区
生年月日 1980年1月12日(34歳)
身長 167cm
体重 56kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2009年
ツアー通算 2勝
シングルス 1勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 346勝338敗
シングルス 286勝243敗
ダブルス 60勝95敗
生涯獲得賞金 $1,177,175
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2003・04・07・08)
全仏 3回戦(2005)
全英 3回戦(2003)
全米 2回戦(2004)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 1回戦(2004・07・08)
全仏 3回戦(2007)
全英 2回戦(2005・07)
全米 3回戦(2006・07)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 41位(2005年8月15日)
ダブルス 59位(2007年7月30日)

森上 亜希子(もりがみ あきこ、1980年1月12日 - )は、大阪市生野区出身の元女子プロテニス選手。身長167cm、体重56kg、右利き。フォアハンド・ストローク、バックハンド・ストロークとも両手打ち。シングルス自己最高ランキングは41位(2005年8月15日付)。ミキハウス所属。

現役時代[編集]

7歳からテニスを始め、青山裕司に師事。1997年ウィンブルドンジュニア女子シングルス部門でベスト4に入り、1998年1月12日、18歳の誕生日にプロ転向。2003年全豪オープン4大大会に初出場を果たし、同年のウィンブルドンで3回戦に進出。初めての4大大会3回戦では、森上は第8シードのジェニファー・カプリアティに 4-6, 4-6 で敗れた。2月のメンフィス大会で小畑沙織と組みダブルスで優勝している。

2005年度の4大大会では全仏オープンエレーナ・デメンチェワとの3回戦に進出したが、全米オープンの1回戦で途中棄権のアクシデントに見舞われた。しかし、2006年全仏オープン1回戦で大会第3シードのナディア・ペトロワを 6-2, 6-2 のストレートで破る金星を挙げた。

女子テニスツアー大会では、2005年7月第3週にアメリカシンシナティの大会で初めてのシングルス決勝戦に進出したが、ここではスイスパティ・シュナイダーに 4-6, 0-6 のストレートで敗れた。それから2年後、2007年5月第2週に行われたチェコの「プラハ・オープン」で第6シードとして出場し、決勝で第1シードのマリオン・バルトリフランス)を 6-1, 6-3 で破り、27歳にして念願のツアー初優勝を飾った。直後の全仏オープンでは、1回戦でタチアナ・ガルビンイタリア)に 7-6, 6-4 のストレートで敗れた。

2008年3月から膝の故障が悪化する。しばらくは強行出場していたものの、4月にはフェドカップ代表を辞退、昨年優勝のチェコ「プラハ・オープン」を直前で欠場した。全仏オープンには怪我をおして出場したものの、ウィンブルドンでは欠場を余儀なくされ、8月の北京五輪にも出場できなかった。

2009年11月12日、有明テニスの森公園で行われた全日本選手権出場を最後に現役生活に別れを告げた。

現役引退後[編集]

現役引退後はテニス関連の中継解説者、イベント・講演会などで活動中。

2010年、「街道てくてく旅」(NHK・BS2NHK・BShi)に出演、熊野街道を踏破した(同年5~6月は大阪八軒家浜から和歌山熊野本宮大社まで、同年9~10月は和歌山・田辺市から三重伊勢神宮まで)。

2010年12月15日、「スタジオパークからこんにちは」(NHK総合)にゲスト出演。

2011年4月24日に結婚したことを公式ブログで発表した。11月10日に3330gの男児を出産した。

WTAツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 3回 (1勝2敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–2)
ティア IV & V (1–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2005年7月24日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード スイスの旗 パティ・シュナイダー 4–6, 0–6
優勝 1. 2007年5月7日 チェコの旗 プラハ クレー フランスの旗 マリオン・バルトリ 6–1, 6–3
準優勝 2. 2007年7月22日 アメリカ合衆国の旗 シンシナティ ハード ロシアの旗 アンナ・チャクベタゼ 1–6, 3–6

ダブルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 2003年2月23日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
日本の旗 小畑沙織 ロシアの旗 アリーナ・ジドコワ
オーストラリアの旗 ブリアン・スチュワート
6–1, 6–1
準優勝 1. 2007年2月25日 アメリカ合衆国の旗 メンフィス ハード
(室内)
スロバキアの旗 ヤルミラ・ガイドソバ オーストラリアの旗 ニコル・プラット
オーストラリアの旗 ブリアン・スチュワート
5–7, 6–4, [5–10]

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 通算成績
全豪オープン LQ 2R 2R 1R 1R 2R 2R A 4–6
全仏オープン LQ 1R 1R 3R 2R 1R 1R A 3–6
ウィンブルドン LQ 3R 1R 1R 2R 3R A 1R 5–6
全米オープン LQ 1R 2R 1R 1R 1R A A 1–5

外部リンク[編集]