バトルネットワーク ロックマンエグゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルネットワーク ロックマンエグゼ
ジャンル データアクションRPG
対応機種 ゲームボーイアドバンス[GBA]
Wii Uバーチャルコンソール[VC]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1~2人
メディア [GBA]64Mbitロムカセット
バッテリーバックアップ搭載
発売日 [GBA]2001年3月21日
[Wii U・VC]2014年7月9日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
売上本数 日本の旗 約21万本
その他 ニンテンドーDSでプレイする際には、
外部リンクにあるページを参照の事。
テンプレートを表示

バトルネットワーク ロックマンエグゼ』は、2001年3月21日カプコンから発売されたゲームボーイアドバンス専用のデータアクションRPGである。

概要[編集]

ロックマンエグゼシリーズの第一作目で、ゲームボーイアドバンス本体と同日に発売された。この作品で、ロックマンの持つ秘密が明らかにされる。電脳世界と現実世界を交互に冒険し、電脳世界では出現するウィルスと戦う世界観である。本作のリメイクとして『ロックマン エグゼ オペレート シューティングスター』がニンテンドーDSより発売されている。

ストーリー[編集]

評価
ゲームレビュー
評価者 点数
All Game
3 out of 5 stars[1]

西暦200X年。IT産業が急激に発達し、「PET」と呼ばれる携帯端末を全ての人が所有していた。 その中にいるのが擬似人格型プログラム「ネットナビ」である。 人々は彼らネットナビを介して、日常のあらゆる行為をネットワーク上で行うことができ、生活は数年前とは比べ物にならないほど便利になっていた。

しかし、その一方でネット犯罪が深刻化し、各地のネットワークでウィルス・ネットテロ対策が社会問題化していた。 中でも悪質なのはWWW(ワールドスリー)と呼ばれるネット犯罪集団である。データを全て消去したり、機器を暴走させたりして、多くの人が被害を受けている。彼らにはネット犯罪者を取り締まるオフィシャルネットバトラーも手を焼いていた。

デンサンシティ、秋原町。そこにはウィルスバスティングの得意な小学5年の少年、光熱斗がいた。彼のナビの名はロックマン。2人は大きな事件に巻き込まれてゆくことになる。


登場キャラクター[編集]

メインキャラクター[編集]

光熱斗(ひかり ねっと)
主人公。小学5年生。勉強は苦手だが、ウィルスバスティングの腕前はピカイチ。N(ネットワーク)12年6月10日生のB型。
ロックマン
熱斗が父親から貰ったネットナビ。潜在能力は未知数。
桜井メイル(さくらい メイル)
熱斗の幼馴染。危険に飛び込んでゆく熱斗をいつも心配している。ピアノが得意。
ロール
メイルのネットナビ。電脳世界で道が無い所でも移動できる。ネットナビでありながら、戦闘はあまり得意でない。
伊集院炎山(いじゅういん えんざん)
小学生ながら政府公認のオフィシャルネットバトラー。日夜ネット犯罪の解決に当たっている。
ブルース
炎山のナビで、バトルチップを自己で携帯出来るオフィシャルナビの一人。ソードが武器。その実力の高さから、犯罪者たちにも恐れられている。エレキマンが倒された後ロックマンを邪魔者扱いして襲いかかるが敗れた。その際ロックマンと熱斗の友達関係に心を打たれた。
光祐一朗(ひかり ゆういちろう)
熱斗のパパ。ネットナビの生みの親であり、ロックマンを作ったのも彼である。
光はる香(ひかり はるか)
熱斗のママ。熱斗たちがいない間も家をしっかり守っている。料理上手。
大山デカオ(おおやま デカオ)
熱斗のクラスのガキ大将。オペレーションの腕前は熱斗にかなわない。
ガッツマン
デカオのナビ。力が強い。
綾小路やいと(あやのこうじ やいと)
大企業の社長令嬢。飛び級して熱斗達と同じクラスに在籍中。
グライド
やいとのナビ。やいとの世話を任されている執事のようなナビ。
大園まり子
熱斗のクラスの美人教師。ゆり子という双子[2]がいる。
サロマ
自然保護活動の一環として、自然食弁当を科学省前にて販売している少女。
ウッドマン
サロマのナビ。主力攻撃は地中から生やして敵に襲わせる「ウッディタワー」。
マサ
科学省前にて魚を売っている魚屋。ネットバトルは得意。
シャークマン
マサのナビ。電脳エリアを潜水しての奇襲戦法が得意。
氷川清二
水道局の主任。WWWに息子を誘拐・脅迫され、浄水処理プログラムを改竄・汚水を流すプログラムに変換する。
アイスマン
氷川のナビ。電脳界の水分を任意に操作し、氷を自由に作り出す。WWWに脅迫されて水道局を混乱させるが氷川の息子が無事だと知らされ水道局を元に戻した。
黒井みゆき
デンサンシティにて骨董品屋を営む。骨董品のみならずナビの魂も計れるとか。
スカルマン
みゆきのナビ。体のパーツを飛ばして攻撃してくる不気味なナビ。人格プログラムはほとんどプログラムされていない。

WWW(ワールドスリー)[編集]

Dr.ワイリー
WWW総帥インターネット社会を激しく憎んでおり、目的の為ならいかなる手段も厭わない。最後は本部の爆発に巻き込まれたが『3』で生存していたことが判明した。
火野ケンイチ
通称ヒノケン。WWWの一員で、家庭の電子レンジの放火犯。
ファイアマン
ヒノケンのナビ。名の通りを自在に操る。ロックマンにデリートされたが、『1』と『2』の間の番外作品『トランスミッション』、『4』では復活している。
日暮闇太郎 (ひぐれ やみたろう)
バトルチップマニア。「~でマス」が口癖。レアチップに目が眩んで熱斗たちをWWWの一員になるように洗脳しようとする。その後は改心してチップショップ「ヒグレヤ」を経営。
ナンバーマン
日暮のナビ。数字コードの作成・解析に長け、スーパーコンピュータ並の演算処理が出来る。ロックマンにデリートされたがエンディング映像では生存しているため、バックアップによるものだと思われる。
色綾まどい
WWWのAランクオペレータ。団体の資金稼ぎの為、デンサンシティの交通管理プログラムをジャックし、修復プログラムを高値で売りさばこうとする。
カラードマン
まどいのナビ。かなりのドSで狡賢くロールを暴行している際苦しんでる顔を可愛いと言う等かなり腹黒い。常に笑っている。ロックマンにデリートされたが『トランスミッション』では復活しており、WWWの悪事に懲りている。
ストーンマン
WWWに創られた、オペレータがいない自律型ナビ。を降らせて敵を攻撃する。「ゴゴゴ」としか喋れないが、ロックマンは自動翻訳システムにより彼が何を言っているのか理解出来る。岩でメトロラインを塞いでいたところをロックマンにデリートされた。
ボンバーマン
ストーンマンと同じくWWW所属の自律型ナビ。WWWサーバーの警備をしている。ストーンマンと同様、言語プログラムが不完全なため、喋りに訛りが入っている。爆弾地雷を駆使して侵入者を排除する。最期はWWWのネットワークを道連れに自爆した。
エレキ伯爵
本名はジャック・エレキテル。WWWの一員。暗闇の中でも輝くパーツを付着したスーツを着ている。2で登場するガウス・マグネッツの生き別れの弟。発電所を乗っ取り空気を減らし大量殺人未遂を行うが熱斗に阻止された。
エレキマン
エレキ伯爵のナビ。科学省の空調管理システムと発電所を占拠する。ロックマンにデリートされたが『トランスミッション』、『6』で復活している。
マハ・ジャラマ
WWWのSランクオペレータにしてワイリーの片腕。プログラミングとヨガの達人。
マジックマン
マハ・ジャラマのナビ。召喚するウィルスとの連携戦法を執る。開発当時は「ウィザードマン」という名前だったが、文字数の制限の都合でマジックマンに変更された、という逸話がある。ロックマンに敗れた際ビットデータによりロックマンを戦闘不能に追い込むがブルースにデリートされた。
ドリームウィルス
最終ボス。WWWの「ネットワーク支配計画」の為に製作された究極のウィルス。世界に例を見ない、属性を持たないバリア「ドリームオーラ」を自己生成してその身に纏う。ロックマンにデリートされた。

その他[編集]

ファラオマン
超古代文明のみが持つ事を許されるといわれているネットナビ。インターネットの深部「ウラインターネット」に潜んでいる。
シャドーマン
ウラインターネットに姿を現す忍者のようなネットナビ。
フォルテ
ウラインターネットの最深部に潜んでいるネットナビ。

CMソング[編集]

ロックマンと熱斗の台詞があるが、声優はアニメ版『ロックマンエグゼ』とは異なり、松岡由貴が起用されている。アニメの放送は本作の発売日から約1年後に当たる2002年3月4日からである。

脚注[編集]

  1. ^ Mega Man Battle Network”. All Game (2001年10月30日). 2012年8月21日18:09閲覧。
  2. ^ 『ロックマンエグゼのひみつ』P.123より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]