ロックマンエグゼ バトルチップスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックマンエグゼ バトルチップスタジアム
ジャンル アーケードゲーム
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1~2人
テンプレートを表示

ロックマンエグゼ バトルチップスタジアム』は、カプコンから導入されたアーケードゲーム機である。2006年3月に稼動開始。主にゲームセンターなどに設置されていたが、現在は稼動終了している。

概要[編集]

硬貨投入後、モードを選択し、使用するネットナビを選択する(持参したナビデータチップを差し込むことも可能)。その後、バトルチップが機械から出されるので、バトルチップを最大で3枚まで差し込むことができる。

するとカスタム画面に、5枚のバトルチップ(自らが差し込んだものを含む)が表示される。その中から最大で3枚のバトルチップを選択し、ルーレットを止め、戦闘が開始される。

バトルチップ[編集]

バトルチップは200以上の種類が存在するため、コンプリートすることは容易ではない。加えて、株式会社タカラ株式会社トミーの合併により生産されなかったバトルチップが存在するため、コンプリートすることは不可能である。なお、2008年12月現在で生産されていないことが確認されているバトルチップは、「ジャンゴ」、「ジャンゴV2」、「ジャンゴV3」、「ファルザー」である。

また、ナビデータチップはリンクPET-EXにて、最高でレベル99まで育てることができる。大抵のナビデータチップはレベル1からの開始となるが、大会限定のナビデータチップ(「限定リンクPET-EXブルースDXエディション」、「限定リンクPET-EXフォルテバージョン」に同梱されているナビデータチップを除く)はレベル20からの開始となっている。

その他にも、「獣化フォルテ」「ダークブルース」は第3弾から使用が可能になった。第1、2弾で使用した場合は、「獣化フォルテ」は「フォルテ」、「ダークブルース」は「ブルース」となる。

登場する敵[編集]

バトルを繰り返すことにより、「ダークロックマン」「ダークブルース」「ブルース」「獣化フォルテ」「フォルテ」「カーネル」などが登場するようになる。