ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション
ジャンル データアクションRPG
対応機種 ゲームボーイアドバンス
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1~2人
メディア 64Mbitロムカセット
バックアップフラッシュメモリ
内部時計電池搭載
発売日 2004年8月6日
対象年齢 CERO:全年齢対象
売上本数 日本の旗 約8万本
テンプレートを表示

ロックマンエグゼ4.5 リアルオペレーション』(ROCKMAN EXE 4.5 REAL OPERATION)は、2004年8月6日カプコンから発売されたゲームボーイアドバンス専用ソフトである。ジャンルはデータアクションRPG。通常のソフトのみの製品と、バトルチップゲートが同梱されたものとが発売されている。ロックマンエグゼ4に収録されているオペレーションバトルモードにさらに要素を盛り込んだ作品となっている。

システム[編集]

主人公は熱斗ではなく、一人のネットバトラーであるプレイヤー自身である。毎週土日に開催されるトーナメントに参加して、No1ネットバトラーを目指す。ゲーム内の時間は現実時間と同様に進行する。使えるナビはゲームを進めていくことで増えてゆき、最終的にロックマンを含めて総勢13体のナビが使える。さらに、別売りの本作専用のナビのデータが入ったナビチップをバトルチップゲートに差すことで出現するナビが全部で8体存在し、これを1回差せば次回から差さなくても選べるようになる。最終的に全部で21体のナビが選べる。なお、本作専用のナビチップは4で使うことは出来ない。

バトルは全てオペレーションバトルで行われる。プレイヤーが指定できるのは攻撃するタイミングと敵との間合いのみで、ナビはそれに応じて自動的に行動する。そこに的確な指示を与えてウィルスをデリートしてゆく。バトルチップゲートを使うことで、アニメのようにバトルチップを転送できる。バトルチップゲートが無くてもゲームは出来るが、あった方が進めやすい。

備考[編集]

ナビ画面にて初代ロックマンシリーズにも登場する名前のネットナビは、初代ロックマンで使われていたその名前のキャラクターのテーマBGMが使われている。例えばウィンドマンのナビ画面のBGMはロックマン6のウィンドマンステージのBGMとなっている。

外部リンク[編集]